東浅井郡

日本の滋賀県にあった郡
日本 > 近畿地方 > 滋賀県 > 東浅井郡

東浅井郡(ひがしあざいぐん)は、滋賀県にあった

滋賀県東浅井郡の位置(黄:明治期 薄黄:後に他郡に編入された区域 水色:後に他郡から編入した区域)
伊吹山地から望む東浅井郡周辺と琵琶湖

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 長浜市の一部(細江町、曽根町、大井町、宮部町、大路町、三田町、野村町、佐野町、今荘町以北かつ湖北町各町、下山田町、小谷上山田町、谷口町、高山町以南)
  • 米原市の一部(甲津原・曲谷・甲賀・吉槻・上板並・下板並)

歴史編集

郡の中心は北国街道に沿う速水(現・長浜市湖北町速水)であったが、北陸本線虎姫駅の開業後は虎姫(現・長浜市五村付近)に移った。

郡発足までの沿革編集

幕末の知行
知行 村数 村名
幕府領 幕府領(大津代官所 31村 当目村、大門村、乗倉村、木尾村、別所村、南浜村[2]、【甲津原村、曲谷村、甲賀村、吉槻村、高山村、寺師村、西村、●田村(現・長浜市太田町)、中村、野瀬村、郷野村、鍛冶屋村、徳山村、小野寺村、北ノ郷村、小室村、上野村、野田村、力丸村、黒部村、谷口村、北野村、竜安寺村竜岸寺村、池奥村】
幕府領(彦根藩預地 21村 飯山村、大依村、八島村、中野村、細江村、猫口村、猫沢村、田中村、川原村、種路村、難波村、上八木村、益田村、●早崎村、今西村、○尾上村、田村(現・長浜市虎姫町田)、【西主計村、野村、三田村、須賀谷村】
旗本領 8村 ○留目村、錦織村、稲葉村、延勝寺村、酢村、【上板並村、下板並村、南池村】
幕府領(大津・彦根) 1村 市場村
幕府領(大津)・旗本領 2村 【南郷村、湯次村】
藩領 近江彦根藩 16村 今村、郡上村、●尊勝寺村、二俣村、丁野村、山脇村、八日市村、●伊部村、馬渡村、【東野村、東主計村、大路村、内保村、上山田村、尊野村、下山田村】
大和郡山藩 8村 唐国村、津里村、小倉村、香花寺村、弓削村、新居村、野寺村、【今庄村】
山城淀藩 6村 瓜生村、田川村、山之前村、河毛村、速水村、【●平塚村】
三河吉田藩 5村 五村、小今村、落合村、南速水村、【高畑村】
出羽山形藩 2村 岡谷村、醍醐村
近江膳所藩[3] 2村 高田村、安養寺村
淀藩・山形藩 1村 大寺村
幕府領・藩領 幕府領(大津)・郡山藩 4村 五坪村、川道村[4]、大浜村[5]、【法楽寺村】
幕府領(彦根)・郡山藩 1村 【佐野村】
幕府領(大津)・郡山藩・膳所藩 1村 ○青名村
幕府領(彦根)・淀藩 1村 賀村
幕府領(大津)・吉田藩・膳所藩 1村 海老江村[6]
幕府領(大津)・山形藩 2村 月ヶ瀬村、八木浜村[7]
幕府領(大津)・旗本領・郡山藩・山形藩 1村 ●下八木村
幕府領(大津)・旗本領・淀藩 1村 曽根村
幕府領(大津)・旗本領・山形藩 1村 十九村
旗本領・彦根藩 1村 【北池村】
旗本領・彦根藩・吉田藩 1村 大井村
旗本領・郡山藩 2村 宮部村、小観音寺村
旗本領・山形藩 2村 大安寺村、富田村
旗本領・淀藩・山形藩・近江山上藩 1村 三川村

郡発足以降の沿革編集

  • 明治12年(1879年5月16日 - 郡区町村編制法の滋賀県での施行により、浅井郡のうち126村の区域に行政区画としての東浅井郡が発足。当初は郡役所が速水村に設置されたが、その後、「坂田東浅井郡役所」が坂田郡長浜町に設置され、同郡とともに管轄。
  • 明治15年(1882年) - 竜岸寺村が北野村に合併。(125村)
 
1.東草野村 2.上草野村 3.下草野村 4.七尾村 5.湯田村 6.田根村 7.小谷村 8.虎姫村 9.速水村 10.朝日村 11.竹生村 12.大郷村(赤:長浜市 桃:米原市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・長浜市。(12村)
    • 東草野村 ← 甲津原村、曲谷村、甲賀村、吉槻村、上板並村、下板並村(現・米原市)
    • 上草野村 ← 郷野村、野瀬村、草野村、高山村、寺師村、西村、太田村、鍛冶屋村、岡谷村
    • 下草野村 ← 徳山村、醍醐村、小野寺村、東野村、北ノ郷村、飯山村、当目村、大門村、乗倉村、南郷村、西主計村、東主計村
    • 七尾村法楽寺村、南池村、北池村、佐野村、今庄村、野村、坂田郡相撲庭村
    • 湯田村 ← 三田村、大路村、内保村、湯次村、尊野村、平塚村、八島村、大依村、尊勝寺村、西野村、山之前村
    • 田根村 ← 木尾村、上野村、小室村、黒部村、竜安寺村、谷口村、北野村、力丸村、野田村、高畑村、池奥村、瓜生村、田川村、須賀谷村
    • 小谷村 ← 美濃山村、上山田村、下山田村、二俣村、丁野村、山脇村、河毛村、別所村、留目村、伊部村、郡上村
    • 虎姫村 ← 中野村、大寺村、三川村、宮部村、大井村、五村、酢村、田村、月ヶ瀬村、唐国村
    • 速水村 ← 小今村、賀村、馬渡村、大安寺村、南速水村、小倉村、高田村、速水村、青名村、八日市村、猫口村、沢村、今村
    • 朝日村 ← 大光寺村、五坪村、田中村、山本村、津里村、石川村、尾上村、東尾上村、今西村、延勝寺村、海老江村
    • 竹生村安養寺村、益田村、富田村、香花寺村、稲葉村、小観音寺村、弓削村、十九村、上八木村、下八木村、早崎村
    • 南福村 ← 錦織村、落合村、難波村、新居村、野寺村、八木浜村、大浜村、南浜村、川道村、曽根村、細江村
  • 明治23年(1890年3月15日 - 南福村が改称して大郷村となる。
  • 明治31年(1898年)4月1日 - 郡制を施行。郡役所が虎姫村に設置。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和15年(1940年12月10日 - 虎姫村が町制施行して虎姫町となる。(1町11村)
  • 昭和29年(1954年10月1日 - 湯田村・田根村・下草野村・七尾村が合併して浅井町が発足。(2町7村)
  • 昭和30年(1955年1月1日 - 小谷村・速水村が合併して湖北町が発足。(3町5村)
  • 昭和31年(1956年
    • 5月3日 - 上草野村が浅井町に編入。(3町4村)
    • 9月1日 - 東草野村が坂田郡春照村・伊吹村と合併し、改めて坂田郡伊吹村が発足。(3町3村)
    • 9月25日 - 大郷村・竹生村が合併してびわ村が発足。(3町2村)
    • 9月30日 - 湖北町・朝日村が合併し、改めて湖北町が発足。(3町1村)
  • 昭和46年(1971年)4月1日 - びわ村が町制施行してびわ町となる。(4町)
  • 平成18年(2006年2月13日 - 浅井町・びわ町が長浜市と合併し、改めて長浜市が発足、郡より離脱。(2町)
  • 平成22年(2010年)1月1日 - 虎姫町・湖北町が長浜市に編入。同日東浅井郡消滅。

変遷表編集

自治体の変遷
明治22年4月1日 明治22年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
虎姫村 昭和15年12月10日
町制
虎姫町 平成22年1月1日
長浜市に編入
長浜市
速水村 速水村 昭和30年1月1日
湖北町
昭和31年9月30日
湖北町
小谷村 小谷村
朝日村 朝日村 朝日村
湯田村 昭和29年10月1日
浅井町
浅井町 浅井町 平成18年2月13日
長浜市の一部
下草野村
七尾村
田根村
上草野村 上草野村 昭和31年5月3日
浅井町に編入
南福村 明治23年3月15日
改称 大郷村
昭和31年9月25日
びわ村
昭和46年4月1日
町制
竹生村 竹生村
東草野村 東草野村 昭和31年9月1日
坂田郡伊吹村の一部
昭和46年2月1日
町制
平成17年2月14日
米原市の一部
米原市

行政編集

東浅井郡長(第1次)→坂田・東浅井郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治12年(1879年5月16日 任期途中から坂田郡長も兼務
明治31年(1898年)3月31日 廃官
東浅井郡長(第2次)
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治31年(1898年)4月1日
大正15年(1926年6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  2. ^ 南浜村・南浜新田に分かれて記載。新田分は後に大津県の管轄となる。
  3. ^ 右記のほか「野寺村/新井村」が記載されているが、詳細不明。
  4. ^ 川道村(郡山藩)・川道新田(大津代官所)に分かれて記載。新田分は後に大津県の管轄となる。
  5. ^ 大浜村(郡山藩)・大浜新田(大津代官所)に分かれて記載。
  6. ^ 海老江村(吉田藩・膳所藩)・海老江新田(大津代官所)に分かれて記載。新田分は後に大津県の管轄となる。
  7. ^ 八木浜村(山形藩)・八木浜新田(大津代官所)に分かれて記載。

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 『角川日本地名大辞典』 25 滋賀県、角川書店、1979年4月1日。ISBN 404001250X 
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目編集

先代:
浅井郡
行政区の変遷
1879年 - 2010年
次代:
(消滅)