メインメニューを開く

木戸衛一

日本の政治学者

木戸 衛一(きど えいいち、1957年11月8日 - )は、日本の政治学者大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授。専門は現代ドイツ政治。ベルリン自由大学博士

人物編集

1981年東京外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒業、同大学修士課程を経て、1988年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。指導教官は油井大三郎[1]。2008年ベルリン自由大学博士

1988年一橋大学社会学部助手、1990年大阪大学教養部専任講師、1994年同助教授昇格、1999年大阪大学大学院国際公共政策研究科助教授、2000〜01年ライプツィヒ大学政治学科客員教授、2007年大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授。

現代ドイツ政治の研究を行う。また在日特権を許さない市民の会などに対してドイツ刑法民衆扇動罪のような歯止めが必要との主張をしている[2]

著作編集

脚注編集

  1. ^ 「1987年度博士課程単位修得論文・修士論文題目」一橋研究
  2. ^ 朝日新聞2010年03月17日 ルポ 新「保守」(下)