メインメニューを開く

木村 哲也(きむら てつや、1972年11月16日 - )は、日本中央競馬会(JRA)・美浦トレーニングセンターに所属する調教師神奈川県出身[1]

木村哲也
Tetsuya Kimura JRA IMG 1488-1 20181118.jpg
第35回マイルチャンピオンシップ表彰式
(2018年11月18日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1972-11-16) 1972年11月16日(46歳)
所属団体 JRA
初免許年 2011年
経歴
所属 美浦T.C.
テンプレートを表示

来歴編集

2000年にJRA競馬学校厩務員課程に入学。同年、美浦・佐藤征助厩舎の厩務員となる。以降、高橋裕厩舎の調教助手勢司和浩厩舎の調教助手と厩務員、中川公成厩舎の調教助手を経て[2]2010年12月に調教師試験に合格した[1]

2011年6月に秋山雅一調教師の勇退に伴い厩舎を開業[3]。同年8月13日の新潟8レースでレッドプラネットが1着となり、JRA初勝利を挙げた[4]

2015年3月のフラワーカップ(GIII)をアルビアーノで制し、重賞初制覇を飾った[5]。同年に飛躍的に成績を伸ばし前年の倍以上となる31勝を挙げると、翌2016年は37勝を挙げ、全国リーディングで9位に入った[6]

2018年マイルチャンピオンシップステルヴィオで制し、開業以来通算16度目の挑戦で待望のGI初制覇を果たし、ノーザンファーム代表の吉田勝己から検量室前で祝福を受けて人目もはばからず号泣した[7]。同年は自己最多の48勝(全国7位)を記録し、JRA賞最高勝率調教師(.215)、JRA賞優秀技術調教師をダブル受賞した[8]

厩舎の特徴編集

管理馬はノーザンファーム関係馬の割合が高く、外厩であるノーザンファーム天栄の関係者とは頻繁に連絡を取り合って調整を行っている[9]

ノーザンファームとの関係が密接なため、外国人騎手を多く起用することで知られ、クリストフ・ルメール騎手を始め、短期免許で来日したウィリアム・ビュイックフランク・ブロンデルらの身元引受調教師にも買って出ている。

調教師成績編集

概要編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2011年7月10日 3回中山8日2R 3歳未勝利 スターリーベイ 16頭 13 14着
初勝利 2011年8月13日 4回新潟1日8R 3歳上500万下 レッドプラネット 13頭 2 1着
重賞初出走 2011年10月1日 2回札幌7日11R 札幌2歳S クールスター 13頭 12 9着
重賞初勝利 2015年3月21日 2回中山7日11R フラワーC アルビアーノ 16頭 1 1着
GI初出走 2013年11月10日 5回京都4日11R エリザベス女王杯 トーセンアルニカ 18頭 13 4着
GI初勝利 2018年11月18日 5回京都6日11R マイルチャンピオンシップ ステルヴィオ 18頭 5 1着

年度別成績編集

主な管理馬編集

脚注編集

  1. ^ a b 小野次郎ら7人が23年度調教師試験に合格. スポーツニッポン(2010年12月10日付). 2018年7月22日閲覧
  2. ^ JRAホームページ「調教師名鑑」(2018年7月22日閲覧)
  3. ^ 秋山雅一調教師が勇退、木村哲也調教師が開業へ. 競馬ブック(2011年4月29日付). 2018年7月22日閲覧
  4. ^ 木村哲也調教師 JRA初勝利 [News]. ラジオNIKKEI(2011年8月13日付). 2018年7月22日閲覧
  5. ^ 【フラワーC】アルビアーノ逃走3連勝で重賞初制覇. サンケイスポーツ(2015年3月22日付). 2018年7月22日閲覧
  6. ^ 木村哲也の年度別成績|競馬データベース. netkeiba.com. 2018年7月22日閲覧
  7. ^ 【マイルCS】木村調教師16回目のJRA・G1挑戦で悲願「重かった扉が開きました」. スポーツ報知(2018年11月18日付). 2019年1月13日閲覧
  8. ^ 「2018年度JRA賞」調教師および騎手部門・受賞者が決定. JRA(2019年1月4日付). 2019年1月13日閲覧
  9. ^ 2018年08月12日 関屋記念 G3. 競走馬のふるさと案内所. 2019年1月13日閲覧

関連項目編集