メインメニューを開く

本多 錦吉郎(ほんだ きんきちろう、嘉永3年12月2日1851年1月3日) - 大正10年(1921年5月26日)は、明治初期からの洋画家。画家としては寡作であったが、多くの著書を書き、画塾で後進を育てた。趣味で始めた造園もプロ級だった。号は契山。

目次

経歴編集

青山隠田(現・東京都渋谷区神宮前)にあった広島藩江戸屋敷で、本多房太郎の長男に生まれた。8歳の時父が没し、15歳と言うことにして家を継いだ。1863年(文久3年)(12歳)、広島へ下り、1865年の第二次長州征伐に従軍した。

広島藩校の洋学所(現・修道中学校・修道高等学校)で洋式兵学を修め[1]英国帰りの野村文夫に英語を学び、藩校の助教授になったが、1871年(明治4年)廃藩置県になって上京し、慶應義塾で一年英学を修め、翌年から工部省測量見習生になった。その時のお雇い教師ジョーンズ(R.O.R.Jones)が画才を認め、洋画家への道を勧めた。

1874年、川端玉章に入門し、英国帰りの国沢新九郎の『彰技堂』塾に転じた。川上冬崖の『聴香読画楼』・高橋由一の『天絵楼』の次に開いた洋画塾だった。翌年分舎の塾頭になり、1877年の国沢の没後、遺言により彰技堂を継いだ。弟子に、丸山晩霞小川芋銭・下村為山・鳩山春子松本民治、後に実業家となる村居銕次郎らがいた。

1878年、師事する野村文夫が戯画入風刺雑誌団団珍聞を創刊した時には、表紙絵を描いた。戯画も寄せたが、1880年、同誌に載せた風刺画で当局を怒らせてから、次第に遠ざかった。

彰技堂では、故国沢新九郎が持ち帰った英書を多数翻訳して講義した[2]。その訳稿『画学類纂』9冊を、1890年9月から翌年2月にかけて自費出版した。

1883年(明治16年)末から1901年まで、陸軍士官学校陸軍幼年学校の図画の教官を続けた。1886年には、文部省の依頼で『小学画手本』14冊を編んだ。

1887年(明治20年)、フェノロサらが日本美術保護の東京美術学校を設立した時は、洋画振興の明治美術会小山正太郎浅井忠らと作った。

日本庭園の造園を好み、『図解庭造法』(1890年)などを著した。ジョサイア・コンドルは1893年、これを参考に"Landscape gardening in Japan"(日本庭園の眺め)を出版し[3]、『図解庭造法』の1907年の改訂版に序文を寄せた。更に茶道も趣味にして、『茶室構造法 茶道要訣 上下』(1893年)などを出版した。

1895年(明治28年)(46歳)、彰技堂を閉じた。

1897年(明治30年)から1918年(大正7年)までに、八幡公園(佐世保市)(1915年)・龍頭山公園釜山)・西公園(福岡市)、清流公園(北九州市)など、41の庭園を設計した。

1902年、小沢圭次郎ロンドンの日英同盟記念博覧会に出展した日本風林泉の、鳥瞰図・詳細平面図を描いた。

1908年(51歳)、赤坂で物故洋画家の追悼祭を催し、『洋風美術家小伝 追弔記念』を編んで配った[4]

1921年(大正10年)、東京で没した。70歳。品川の東海寺世尊殿裏に墓碑がある。1933年に小川芋銭ら門下生が泉岳寺に建てた顕彰碑は現在寺の改修計画の為、解体され檀家墓地内にて一時保管されており、再建碑を待っている。

主な絵画作品編集

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
田家夜業図 1877年 第1回内国勧業博覧会褒状
中禅寺湖夜景 油彩・キャンバス 1面 39.0x60.0 神奈川県立近代美術館 1880年頃
富士[要曖昧さ回避] 1881年 第2回内国勧業博覧会
筑波 1881年 第2回内国勧業博覧会
上野公園の夏 1885年
羽衣天女 油彩・キャンバス 1面 兵庫県立美術館 1890年 第3回内国勧業博覧会褒状
観梅図(藤原俊成女観梅ノ図) 53.7x44.2 東京国立博物館 1892年 前賢故実』の藤原俊成女の図様に倣っている
富士 水彩・紙 23.5x33.0 東京国立博物館
鎌倉小坪村風景 水彩・紙 1面 24.6x35.2 金沢文庫 1896年(推定) 画面左下に「(20)鎌倉小坪海岸」、右下に「K.Honda」のサイン 村居銕次郎寄贈
相州鎌倉由比濱 水彩・紙 1面 24.0x34.2 神奈川県立近代美術館 1896年 画面右下に「相州鎌倉由比濱/K.Honda/明治廿九年八月写」、左下に「(22).」のサイン
景色 府中市美術館 1898年 明治美術会十周年記念展出品
三保海岸富士 1902年
静物 油彩・キャンバス 1面 37.1x49.6 東京都現代美術館 制作年不詳 右下に「K.Honda」のサイン
豊穣への道 個人 制作年不詳

主な著作編集

初版編集

『→印』の後ろは重版・改版。『訳書』の末尾は原著名。

  • (編著)『洋画手引草』、本多錦吉郎発行(1879.1)
  • (訳書)『人像画法・鉛筆画報』、玉沽堂(1881.5)
  • 『小学画手本』14冊、榎本徹之助発行(1886.3)
  • (訳書)国沢新九郎校:『梯氏画学教授法』、文部省発行(1879.5)→ 木村巳之吉発行(1887.2){Thomas Turner Tate: "Drawing for School" (1869)}
  • (訳書)『画学類纂』9集、彰技堂(1890.9 - 1891.2)
  • 『図解庭造法』、団々社(1890.3)→ 増補第4版、團々社書店(1896)→ 増補第5版、団々社書店(1896.8)→ 訂正 六合館(1926)→ 訂正 改訂 林平書店(1935)
  • 『茶室構造法 茶道要訣 上下』、団々社(1893.10)
  • 田中大堅編・本多錦吉郎画:『新式用器画 高等小学生徒用』、加藤書房(1894.12)
  • 『水彩便覧』、彰技堂(1905.11)
  • 『日本名園図譜』、小柴英発行(1911.12)
  • 『洋風美術家小伝』、本多錦吉郎発行(1908.3)
  • 『茶室図録 間情席珍 上下』、六合館(1918)

近年の改版編集

  • 重村幹夫 『幕末から明治前期の油画技法材料に関する研究 - 油画媒剤を中心に-』参考資料8 「油繪導志留邊」と原著及び筆者による翻訳の一覧表 、博士論文(筑波大学)、2011
  • 重村幹夫 『幕末から明治前期の油画技法材料に関する研究 - 油画媒剤を中心に-』参考資料6 「油絵写景指南」、「油絵山水訣」と原書及び筆者による翻訳の一覧表 、博士論文(筑波大学)、2011
  • (訳書)佐伯泉現代語訳:『油絵山水訣』、大西俊郎発行(2009)(『画学類纂』(1890)中の一章){Alfred Clint:"A Guide to Oil Painting; Part II. Landscape from Nature", London, G. Rowney and co. (1855)}
  • 『図解庭造法』、マール社(2007.8)ISBN 9784837304333
  • 『人像画法』:「『明治文化全集. 第13巻』、日本評論社(1992.10)ISBN 9784535042537」に収録
  • 『日本名園図譜』、平凡社(1964)ISBN 9784582207019

脚注編集

  1. ^ 藩校洋学所はのちに四学(朱子学、皇学、洋学、医学)統合のうえ修道館となる(出典:大石学編『近世藩制・藩校大事典』)
  2. ^ 金子一夫,1999,「画塾彰技堂で使われた図画手本補遺」,『近代日本美術教育の研究―明治・大正時代―』,中央公論美術出版,pp. 133–139 金子一夫,1992,「画塾彰技堂における西洋画教育―岡忠精資料を中心に―」,『近代日本美術教育の研究―明治時代―』,中央公論美術出版,pp. 84–119 尾埼尚文,1977,「国澤新九郎・本多錦吉郎手沢の洋画技法書」『参考書誌研究』,15,pp. 17–34
  3. ^ http://www.archive.org/details/supplementtoland00condrich
  4. ^ 『洋風美術家小伝 追弔記念』

参考文献編集

論文
  • 重村幹夫『画塾彰技堂の講義録『画図中ノ明暗』と英語原書の比較について』、美術教育学研究 (48)2016年、pp. 217-224   
  • 重村幹夫『画塾彰技堂の講義録「布置経営」と画学類纂「絵事三要-布置法」との関係について‐英語原書を元にした比較による‐』、仁愛女子短期大学研究紀要 (46)、2014年、pp. 53-62   
  • 重村幹夫 『油画技法書「油繪山水訣」と「油繪楷梯」との関係について』、大学美術教育学会誌(44)、2012年、pp. 239-246   
  • 重村幹夫『画塾「彰技堂」の講義録「油繪写景指南」と英語原書の比較について』、芸術学研究 (14) 、2010年、pp.1-10    
  • 重村幹夫『画塾「彰技堂」の講義録「油繪写景指南」と「油繪山水訣」の関係について‐英語原書を元にした比較による‐』、大学美術教育学会誌 (42)、2010年、pp. 151-158  
  • 志賀秀孝 「本多錦吉郎の洋画制作状況」『研究紀要』第1号、府中市美術館開設準備室、1997年、pp.19-29
  • 宮永孝美術解剖学の移植者 本多錦吉郎PDF)」 『社会志林』 法政大学社会学部学会、2003年、pp.140-81
  • 橋秀文 「金沢文庫所蔵本多錦吉郎の水彩画《鎌倉小坪村海岸》について」『金沢文庫研究』第337号、2016年11月1日、pp.21-31、ISSN 0453-1949