50度線

樺太に存在した日本とロシア帝国(ソビエト連邦)の国境線

50度線(ごじゅうどせん)とは、北緯50度を通る緯線。本稿では特に、日露戦争後の1905年から1945年までの40年間の間、北緯50度線上にあって樺太を南北に分けていた日露(日ソ)の国境線について記述する。

北緯50度線の国境を警備する警察官
樺太の50度線

太平洋戦争大東亜戦争)末期から終戦直後にかけて、南樺太に侵攻したソビエト連邦が樺太(サハリン)全島を占領実効支配した後、サンフランシスコ講和条約日本が南樺太を放棄したことにより、日露両国の国境としては消滅した。ソ連が崩壊して以降は、ソ連を継承するロシア連邦が引き続き樺太全島を実効支配している。日本政府が、北緯50度線をロシア領(北緯50度以北)と帰属未定地(北緯50度以南)の境界とみなしていることから、日本国内で発行される地図も北緯50度に境界線が引かれ、日本ともロシアとも異なる色で色分けされている。現在の日本政府は樺太南部の領有権を主張しているわけではなく、ロシアの施政に異議を唱える立場にもないと説明している[1]一方で、「ソ連は、サンフランシスコ平和条約には署名しておらず、同条約上の権利を主張することはできません。」[2]とし、ロシアによる統治を承認していない。

位置情報編集

国境標石編集

  • 日露戦争後の1905年ポーツマス条約で樺太の北緯50度以南を日本領有することとなり、翌1906年から1908年に掛けて、参謀本部陸地測量部の陸地測量師矢島守一を日本側の測量責任者とし、天文測量による日露両国の国境画定作業が行なわれ、東のオホーツク海沿岸から西の間宮海峡までの、おおよそ130kmの間に4基の天測境界標、17ヶ所に平均6kmごとに中間標石、19ヶ所に木標が建てられた。
  • 標石の大きさは高さ64、正面幅30~50、側面幅18~30cm程度で将棋の駒のような形になっている。標石の一面には菊花紋章(菊の紋章)と「大日本帝国」、「境界」の文字、他面にはロシア帝国双頭鷲紋章とキリル文字でロシア(РОССІЯ[3])、1906、グラニーツァ(ГРАНИЦА 国境)の文字、側面には「天第一~四號 明治三十九年」、反対側面もアストロ(АСТР 天測)の刻字がある。

なお標石の頂部にある「模造」の文字は、東京都新宿区明治神宮外苑絵画館前に保存されているレプリカ[4]のみで、樺太に設置されていた標石には「模造」の文字はない。

国境標石の所在地と現状編集

天測境界標
中間標石

中間標石のレプリカ1基が、小樽市水天宮境内に設置されている[6]

国境紛争編集

国境は北緯50度線と人為的なものであったが、国境紛争も起きていた。国境に関する観念は島国の日本側よりも大陸国であるロシア(ソ連)側の方が敏感であった。

脚注編集

  1. ^ 外務省 (2003年5月). “北方領土問題に関するQ&A(関連質問)”. 2013年11月30日閲覧。
  2. ^ 北方領土問題の経緯(領土問題の発生まで)” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2022年10月3日閲覧。
  3. ^ ИでなくІを使用するのは1918年まで使われたロシア語旧正書法の綴り。
  4. ^ a b 明治神宮外苑|名所紹介(史跡・名木)”. 明治神宮外苑. 2022年3月27日閲覧。
  5. ^ “北緯50度 旧日露国境線 最後の4号標識発見”. 北海道新聞 (札幌市): pp. 1,18-19. (2013年10月13日) 
  6. ^ 経度天測標と旧樺太日露国境中間標石(水天宮境内)”. 一般社団法人 小樽観光協会. 2022年3月27日閲覧。

関連項目編集