杉木喬

日本のアメリカ文学者、翻訳家 (1899-1968)

杉木 喬(すぎき たかし、1899年1月5日 - 1968年9月12日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家立教大学名誉教授[1]立教女学院短期大学元学長、日本アメリカ文学会元会長[2]

人物・経歴 編集

東京・赤坂新町出身[2]。1923年(大正12年)早稲田大学露文科卒業、1931年(昭和6年)立教大学文学部英文科卒業[2]立教大学高垣松雄に師事し[2]岡倉由三郎岡倉天心の実弟)にも学んだ[3]

巣鴨高商専門学校(現・千葉商科大学)教員を経て、1940年(昭和15年)立教大学講師、翌年助教授[2]

1942年(昭和17年)立教大学教授に就任。その後、同大学文学部英米文学科科長を務め、1956年(昭和31年)には、フルブライトリサーチスカラーとしてハーバード大学及びデューク大学で研究に従事した。米国滞在中のニューヨークでは、元立教大学教授でジャパン・ソサエティ理事を務めるダグラス・オーヴァトンとも交流し、偶然アメリカを訪問していたポール・ラッシュにも会った。オーヴァトンにはデューク大学教授のブライバンディ(政治学)の紹介状をもらい、親交を深めた。ブライバンディは1947年(昭和22年)に立教大学に来ており、総長であった佐々木順三にも会っている[4]

1964年(昭和39年)に定年となり立教女学院短期大学学長を務めた[2]。1963年(昭和38年)には日本アメリカ文学会会長に就任した[2]

著書 編集

  • 『ホヰットマン』(研究社出版、英米文学評伝叢書) 1937
  • 『アメリカ戯曲史』(研究社、英米文学語学講座) 1941
  • 『アメリカ文学試論』(大興社、今日のアメリカ文学) 1946

共編著 編集

翻訳 編集

キングスリ / ルイス・キャロル / ワイルド、同和春秋社(わたくしたちの世界名作童話全集4 イギリス篇) 1955

脚注 編集

  1. ^ 森林堂終縁店 『二〇世紀英米文学案内 6 』トマス・ウルフ付録(研究社) 2005-01-15
  2. ^ a b c d e f g 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」 『杉木 喬』 コトバンク
  3. ^ 内丸 公平「岡倉由三郎の英文学研究とその教育的背景」『桐朋学園大学紀要』第39巻、桐朋学園大学、2013年、65-85頁、ISSN 0385-5627 
  4. ^ 『立教大学新聞 第128号』 1956年(昭和31年)4月20日