メインメニューを開く

杉田馨子

日本の政治家、衆議院議員(1期)

杉田 馨子(すぎた けいこ、1908年(明治41年)3月 – 没年不明)は日本の政治家、衆議院議員(1期)。

来歴編集

1930年日本女子大学高等学部英文科卒。萬朝報の記者だった杉田省吾と結婚。その後北京中央広播電台放送科に勤務する[1]1946年第22回衆議院議員総選挙茨城県から立候補不可となった夫に代わって日本自由党公認で立候補して当選した。同年暮れに夫が死去。 翌年の総選挙茨城3区から立候補したが落選。落選後は易学に凝ったり、群馬県四万温泉で旅館を経営した[1]。晩年は老人ホームで余生を過ごした。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』328頁

参考文献編集