破れ新九郎

破れ新九郎』(やぶれしんくろう)は、テレビ朝日系列で1978年10月3日から1979年3月27日まで放送された、萬屋錦之介主演のテレビ時代劇。全25話。同じく錦之介主演の『破れ傘刀舟悪人狩り』『破れ奉行』とあわせて「破れシリーズ」と呼ばれている[1]

目次

概要編集

時代設定は江戸時代の天保初年。主人公は、動物専門の医者・叶新九郎。江戸は内藤新宿にある「えんま長屋」に、引っ越してきて「生き物一切医療仕り候 金魚、小鳥より牛、馬まで 但し人間お断り」という看板を掲げ住む。

正義感の持ち主であり、関係した事柄(事件)などに関連する悪人共を、長屋の住人と共に退治していく。

第1話「砂塵の町に来た男」の番組冒頭では、ドラマでの設定場所、時代設定での「天保初年」との比較で、現代の(撮影当時の)新宿の風景(ヘリコプターでの新宿の高層ビル群の空撮、新宿駅山手線ホーム、歩行者天国歌舞伎町一番街、靖国通りの車の通行風景など)が流された(これらの映像は吉岡晋也[注釈 1]のナレーションでも解説された)。

第2話「えん魔がくれた千両箱」では時代劇(特にひばり映画を含む)、および任侠映画の巨匠沢島忠が、親友である錦之介の依頼によって監督している。

主人公の新九郎の悪を成敗する時の決め台詞は特にないが、オープニングでは毎回必ず「てめえら、寝てる場合じゃねぇんだ!」と言っていた(本編では第14話で刀舟そのままに「てめえら人間じゃねえや!叩っ斬ってやる!」と言っている)。

ゲストに、大友柳太朗[注釈 2]中村嘉葎雄[注釈 3]西郷輝彦加藤嘉石橋蓮司橋爪功波乃久里子長谷川明男など豪華な顔ぶれが出演している。

また、前々作「破れ傘刀舟悪人狩り」にレギュラーで出演していた江波杏子(第16話)や真夏竜(第17話)も、前々作とは異なった役でゲスト出演していた。

登場人物編集

叶新九郎[注釈 4] - 萬屋錦之介
「えんま長屋」に住む動物医者(第1話で他所から来て住む事となる)。白いメッシュに藍色の着物とパンタロンをはき、ルーペ付きのネックレスをかけている。動物医者でありながら、ねずみが大の苦手。人間は原則として診ないが、例外もある(第1話、第2話、第7話など)。
元は侍で剣術や関節技の使い手であり、吉兵衛、十吾、主水らと共に悪を成敗する。「破れ傘刀舟」同様、医者ながら土足で悪党の屋敷に乗り込み、相当身分の高い者まで成敗する。閻魔長屋の住民からは「破れの先生」と呼ばれている。最終回で老中を花火で爆殺した後、誰にも別れを告げずに長屋に出した看板の裏に「あばよ」と書いて動物たちを連れて旅立っていった。
吉兵衛 - 田中邦衛
「えんま長屋」に住む大工。「喧嘩が飯より好き」と言い、「やってやろうじゃねえか!」が口癖。隣に引越してきた初対面の新九郎に喧嘩を挑むが敗れ、以降は新九郎の手助けをするようになる。大工なだけに力持ちで鑿(のみ)を使って敵の急所を刺すのを得意としている。家賃を長く滞納しており、長屋の大家 おきん と 差配の治助からよく家賃の催促をされている。新九郎と同じくねずみが苦手。
おきん - 岸田今日子
「えんま長屋」の大家。「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」が口癖。
宗方十吾 - 岡本富士太
問屋場に勤めている元同心。「えんま長屋」に母親と二人で暮らしており、父親も同心だったが盗賊に殺されてしまう。真面目で正義感が強く、悪党退治する際は新九郎らと行動を共にする。短剣を2本持って戦う。
治助 - せんだみつお
「えんま長屋」に住んでおり、この長屋の差配。幼なじみの吉兵衛には子供の頃からいじめられており、今も同じ。悪党退治の手伝いをしたりする。損な役回りが多く、高所恐怖症にも関わらず、第2話では火事の半鐘鳴らしをさせられてしまう。
三田主水 - 若林豪
「えんま長屋」に住む、元公儀天文方の浪人。その実力は高く、大名家からも天気の予報を尋ねにくる。下駄をとばして天気を占っている様に見せて稼いでいるが、実際は風向や空気の湿気、雲の動きなどから天候を予測している。これが悪党退治に一役買うこともある(第7話など)が、調子の悪い時はしばらく当たらない場合がある。剣術の使い手で逆手で斬ることが多い。新九郎と同じくねずみとおよしが苦手。
うわばみのおよし - 春川ますみ(第22話を除く)
「えんま長屋」の隣にある「玉屋」(遊廓)の女郎。刺青をしており、「うわばみ」のあだ名のとおり大酒飲みで気が強く、新九郎の手助けをすることもある。
竹之助 - 池上季実子(第13話を除く)
亀屋(蕎麦屋)の出前持ちで男装をしている。第6話で、呉服問屋の娘で本名は「おさと」であることが明らかとなった。最終回でようやく娘姿になっていた。
桜井正吾 - 中村光輝
同心。宗方十吾の親友。セミレギュラーであるが、レギュラー陣に比べ出演時間が短いため、OPクレジットではゲスト枠として登場する。
八兵衛 - 嵐寛寿郎(第22話を除く)
問屋場の頭。人呼んで「内藤新宿の眠り狼」。新九郎らの斬り合いの裁きを、「只今、取調中」、「10年早い」、「証拠不十分」などと言って役人を一蹴する。惚けているように見えるが、慧眼の持ち主である。

スタッフ編集

サブタイトルリスト編集

サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 砂塵の町に来た男 池田一朗 渡邊祐介 殿山泰司金田龍之介石橋蓮司須賀不二男柳谷寛
谷村昌彦森下哲夫花原照子
2 えん魔がくれた千両箱 沢島忠 加藤嘉小松方正土屋嘉男瞳順子中村光輝田中浩
3 ねずみ小僧獄門首 田中徳三 中村嘉葎雄御木本伸介高城淳一住吉正博東啓子
森川公也
4 ここは地獄の一丁目 笠原和夫 大洲斉 長谷川明男山本麟一大関優子黒部進和崎俊哉
中山昭二井澤明子新海百合子大東梁佶安田隆
5 哀愁 女の十字路 津田幸於 鹿島章弘 赤座美代子小林昭二戸上城太郎山本豊三小川露里
可知靖之岩城力也日野道夫、鈴木康博、中村弥生
6 地獄の白州は快刀乱麻! 池田一朗 村山三男 名古屋章田武謙三須藤健佐々木すみ江川上夏代
鈴木和夫竹内亨
7 通り雨ならお命頂戴 笠原和夫 勝部演之速水亮早川絵美伊沢一郎中田博久
早川雄三大木正司、鈴木和夫
8 天保大地震 池田一朗 田中徳三 睦五郎江幡高志伊達三郎柴田侊彦中島ゆたか
木村元千波丈太郎今出川西紀
9 新九郎西伊豆へ走る!(前編) 笠原和夫 村山三男 大友柳太朗亀石征一郎石田信之竹井みどり草薙幸二郎
北原義郎小鹿番中村信二郎大和田進戸部夕子
橋本仙三
10 新九郎西伊豆へ走る!(後編)
11 大台風!御用金強奪 池田一朗 鹿島章弘 和崎俊哉、田中浩、潮万太郎、伊沢一郎、岩城力也
12 血風!帰らざる街道 笠原和夫 吉川一義 西郷輝彦平泉成藤岡重慶五味龍太郎江崎英子
吉田豊明中庸介秋元羊介堀田真三仙波和之

田原千之右冬木敬二、岩城力也

13 激闘!えんま長屋の合戦 石内猛
池田一朗
田中徳三 石橋蓮司、倉地雄平外山高士薗千雅子
14 罠!死美人は知っていた… 大野靖子 渡邊祐介 小島三児蟹江敬三清水紘治小栗一也梅津栄
15 盗人宿の女 津田幸於 大洲斉 田中春男水島道太郎亀井光代佐竹明夫金井由美
高桐真渡邊高光沖田駿一
16 流浪の女 おゆう 下飯坂菊馬 村山三男 江波杏子天津敏佐々木剛山岡徹也、薗千雅子
17 必殺!無双一本槍 池田一朗 鹿島章弘 大友柳太朗、真夏竜井原千寿子高野真二、森川公也
藤山浩二田原千之右金子研三折尾哲郎
18 血涙 地獄の子連れ狼 津田幸於 松島稔 長谷川明男、須賀不二男、人見明宮口二郎、新海百合子
薗千雅子、秋元羊介、山崎純資鈴木政晴
19 無惨、狙われた百姓妻 池田一朗 吉川一義 細川俊夫山本昌平林ゆたか、早川絵美、剣持伴紀山本清
古今亭志ん三明石潮相沢治夫福山象三阿藤海
20 殴り込み!破れ軍団 下飯坂菊馬 田中徳三 睦五郎、伊吹吾郎木村元中村美代子、薗千雅子
大川義幸伊丹加寿代、田原千之右
21 殺しの報酬は殺し 土橋成男 吉川一義 滝田裕介木村四郎橋本功嵯峨善兵宮部昭夫
大西多摩恵矢野宣、山本清、村上博伊東辰夫
22 曲芸女太夫騒動記 下飯坂菊馬 大洲斉 富田仲次郎石山雄大千波丈太郎波乃久里子長谷川弘
岡本茉利、折尾哲郎、加藤茂雄
23 流転!夕陽の父子唄 津田幸於 佐野厚子内田昌宏、中田博久、中山昭二、佐藤たくみ
早川雄三、根岸一正川崎高義市村昌治
24 六十二万石の鯉騒動 下飯坂菊馬 内出好吉 加賀邦男増田順司、湯沢勉、大東梁佶、大和撫子、木村有希
25 大爆破!夜空に消えた新九郎 池田一朗 鹿島章弘 田口計橋爪功三遊亭遊三小林伊津子、大東梁佶
川口節子荘司肇

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 当時のテレビ朝日アナウンサー。主に「ANNニュースレーダー」等の報道・情報番組やスポーツ中継の実況を担当していた。
  2. ^ 前作「破れ奉行」で嶋屋宇兵衛役で出演(第5話より最終話まで)。
  3. ^ 新九郎役の錦之介の実弟で、奇しくも前々作の「破れ傘刀舟悪人狩り」第110話「天保ねずみ小僧異聞」の時とほぼ同じ役で出演している。
  4. ^ OPのテロップでは「破れ新九郎」と表記。

出典編集