メインメニューを開く

村山 仁志(むらやま ひとし、1968年7月19日[1] - )は、NBC長崎放送アナウンサー、作家[1]

むらやま ひとし
村山 仁志 
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 長崎県長崎市[1]
生年月日 (1968-07-19) 1968年7月19日(50歳) [1]
最終学歴 日本大学芸術学部[2]
勤務局 NBC長崎放送
部署 アナウンス部
活動期間 1992年 -
ジャンル 情報・バラエテイ
配偶者 有り
公式サイト NBC 村山アナ紹介
出演番組・活動
現在あさかラ!
過去情報コンビニ 午後ゴGO!!』、『きかせられないラジオ』、『あっ!ぷる』、『ラジDONサタデー 奥様と村山のドラマチックな昼下がり

目次

経歴編集

長崎県長崎市出身[1]。身長174cm、血液型A型。児童文学作家の村山早紀は実姉[3]

日本大学芸術学部卒業[2]後、1992年入社。翌1993年佐賀放送局に配属、ラジオ番組を担当した。1999年長崎本社に戻った後も、2012年春までは主にラジオ番組を担当していた。

アナウンサー以外の活動編集

似顔絵を得意としており、『ラジDONサタデー』パートナーのごうまなみが出版したエッセイ「勇歩と私とラジオな人々」の表紙と挿絵は彼が描いたものである。また、佳山明生のベストアルバム「やすらぎ」のジャケットイラストも手がけた。脚本家・演出家としても活動しており、2006年秋に宝塚歌劇団宙組が上演した「Young Bloods!!」は日本大学在学中にミュージカル研究会に属し、そのときに書いた脚本を同級生の藤井大介が宝塚用に改作したものである。また、『満腹ワイド ラジDONぶり』冒頭の寸劇「お茶の間劇場」は、彼の書き下ろしの脚本である。2009年には、三井雷太(みついらいた)というペンネームで執筆した小説『パラダイスロスト』で第1回メガミノベル大賞金賞を受賞[4]し、小説家デビューした[5]電撃ホビーマガジン誌で2011年より2013年まで「きかラジコラム」を連載(28回で終了)。イラストは西村誠芳ら、きかせられないラジオに縁の深い作家陣らが担当した。2013年7月高浪慶太郎のユニット「プレイタイム・ロック」1stアルバム「Play Time」に作詞で参加。

著書編集

  • 2009年10月 「パラダイスロスト」(三井雷太名義)/学習研究社
  • 2014年7月 「午前0時のラジオ局」/PHP文芸文庫
  • 2015年1月 「夏服少女からの伝言 午前0時のラジオ局」/PHP文芸文庫
  • 2015年7月 「星空のオンエア 午前0時のラジオ局」/PHP文芸文庫
  • 2016年12月 「アゲイン~私と死神の300日~」/TO文庫
  • 2017年4月 「事件記者・星乃さやかの涙」/PHP文芸文庫

ラジオドラマ編集

人物・エピソード編集

永六輔森山周一郎琴欧洲ささきいさおなどの物まねを頻繁に披露している。2002年には林田繁和アナとトークライブ「トーキングセッション男子アナ天国」を企画、さらにこのトークショーがNBCアナウンサー総出演のイベント「アナアナ大作戦」に発展した。

村山アナはすべての舞台で企画・演出を手がけており、2011年まで毎年秋の名物行事であった。『想い出の花束』で披露する1980年代のアイドル・アーティスト、または1970年代から1980年代の子供向け番組に関するマニアックな薀蓄はほぼ村山アナの体験と記憶で蓄積したものである。日本発売の半年前に「恋のマイアヒ」をオンエアさせている。以前にはMBSTBSの共同制作されていた全国高校ラグビー大会の長崎代表校の試合を中心に2回戦まで担当していたことがある[7]

2011年に、JNN系列で優秀なアナウンサーに与えられるアノンシスト賞の「ラジオフリートーク部門最優秀賞」(『きかせられないラジオ』)受賞。2018年に、第55回ギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞受賞[8]

担当番組編集

NBCラジオ
過去の担当番組

「あっ!ぷる」以外は、いずれもラジオ番組である。

脚注編集

  1. ^ a b c d e アナウンサープロフィール 村山仁志”. NBC長崎放送. 2017年11月15日閲覧。
  2. ^ a b 著者紹介”. TOブックス. 2017年11月15日閲覧。
  3. ^ 『夏服少女からの伝言 午前0時のラジオ局』PHP文芸文庫刊、あとがき(p.333)より。ISBN 978-4-569-76297-5
  4. ^ 学研出版サイト 商品紹介”. 学研. 2017年11月15日閲覧。
  5. ^ 村山仁志 (2009年11月10日). “11/10: 実は、小説家デビューしました!”. 長崎放送. 2009年11月11日閲覧。
  6. ^ a b 青山二丁目劇場 2017年2月アーカイブス”. 文化放送. 2017年11月17日閲覧。 放送日時は文化放送で放送したときのもの。
  7. ^ その後、地上波はMBS単独制作、BS・CSなどはJ SPORTS制作となり、長崎県大会決勝戦のみの実況を行う。
  8. ^ <速報>第55 回ギャラクシー賞入賞作品決定 (PDF)”. 放送批評懇談会. 2018年6月22日閲覧。

外部リンク編集