メインメニューを開く

村山改造内閣(むらやまかいぞうないかく)は、衆議院議員村山富市が第81代内閣総理大臣に任命され、1995年(平成7年)8月8日から1996年(平成8年)1月11日まで続いた日本の内閣である。 前の村山内閣改造内閣である。

村山改造内閣
Murayama Government 19950808.jpg
1995年(平成7年)8月8日
国務大臣任命式後の記念撮影
内閣総理大臣 第81代 村山富市
成立年月日 1995年(平成7年)8月8日
終了年月日 1996年(平成8年)1月11日
与党・支持基盤 自由民主党
日本社会党
新党さきがけ
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

目次

人事編集

村山内閣時の閣僚21人のうち16人が交代する大規模改造であったが、河野副総理兼外相をはじめ、武村大蔵相・橋本通産大臣など政権の主要閣僚が留任した。また、民間からは宮崎勇を経済企画庁長官として入閣した。

国務大臣編集

職名 氏名 出身等 特命事項 備考
内閣総理大臣 村山富市   衆議院
日本社会党
日本社会党委員長
副総理 河野洋平   衆議院
自由民主党
内閣総理大臣臨時代理
:〜1995年10月2日
自由民主党総裁
橋本龍太郎   衆議院
自由民主党
内閣総理大臣臨時代理
:1995年10月2日〜
自由民主党総裁
法務大臣 田沢智治   参議院
自由民主党
1995年10月9日辞任
宮沢弘   参議院
自由民主党
1995年10月9日就任
大蔵大臣 武村正義   衆議院
新党さきがけ
新党さきがけ代表
文部大臣 島村宜伸   衆議院
自由民主党
国立国会図書館連絡調整委員会委員
厚生大臣 森井忠良   衆議院
日本社会党
年金問題担当
農林水産大臣 野呂田芳成   衆議院
自由民主党
通商産業大臣 橋本龍太郎   衆議院
自由民主党
運輸大臣 平沼赳夫   衆議院
自由民主党
新東京国際空港担当
郵政大臣 井上一成   衆議院
日本社会党
労働大臣 青木薪次   参議院
日本社会党
建設大臣 森喜朗   衆議院
自由民主党
自治大臣
国家公安委員会委員長
深谷隆司   衆議院
自由民主党
内閣官房長官 野坂浩賢   衆議院
日本社会党
女性問題担当
総務庁長官 江藤隆美   衆議院
自由民主党
辞任
村山富市   衆議院
日本社会党
代理
中山正暉   衆議院
自由民主党
北海道開発庁長官
沖縄開発庁長官
高木正明   参議院
自由民主党
防衛庁長官 衛藤征士郎   衆議院
自由民主党
経済企画庁長官 宮崎勇   民間人 総合交通対策担当
科学技術庁長官 浦野烋興   衆議院
自由民主党
原子力委員会委員長
環境庁長官 大島理森   衆議院
自由民主党
地球環境問題担当
国土庁長官 池端清一   衆議院
日本社会党
研究学園都市担当
阪神・淡路大震災復興対策担当

内閣官房副長官・内閣法制局長官編集

園田博之(新党さきがけ)
  • 内閣官房副長官
古川貞二郎(事務)
大出峻郎

政務次官編集

前内閣の政務次官が1995年(平成7年)8月10日に退任し、同日付で新たな政務次官を任命した。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集