メインメニューを開く

村岡 晋一(むらおか しんいち、1952年 - )は、日本哲学研究者、翻訳家、中央大学教授。専門はドイツ観念論、ドイツ・ユダヤ思想

来歴編集

熊本県生まれ[1]。卒業大学不詳。1984年、中央大学大学院文学研究科博士後期課程中退。1987年、中央大学に所属していた木田元との共訳でマーティン・ジェイ『アドルノ』を出版。1995年秋田経済法科大学地域総合研究所研究員。1996年秋田桂城短期大学地域社会学科助教授。1998年、中央大学理工学部助教授。2004年、教授。

数多くのドイツ語や英語から日本語への翻訳を手がけており、細見和之小須田健と共訳したフランツ・ローゼンツヴァイク著『救済の星』で2009年度レッシング・ドイツ連邦共和国翻訳賞を受賞している[2]

宮台真司は、2009年の論壇回顧において「私の3点」のひとつに村岡の『対話の哲学』を挙げた[3]

著書編集

  • 『対話の哲学 ドイツ・ユダヤ思想の隠れた系譜』 講談社選書メチエ 2008
  • 『ドイツ観念論 カント・フィヒテ・シェリング・ヘーゲル』 講談社選書メチエ 2012

翻訳編集

出典・脚注編集

  1. ^ 健康な悟性と病的な悟性”. 紀伊国屋書店BookWeb. 2012年8月13日閲覧。
  2. ^ レッシング・ドイツ連邦共和国翻訳賞授賞式”. ドイツ大使館東京. 2012年8月13日閲覧。
  3. ^ “(回顧2009)論壇 55年体制から「歴史的転換」、求められる変革への構想力”. (2009年12月5日). p. 30  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧

参考編集