村生ミオ

日本の漫画家(1952−2022)

村生 ミオ(むらお ミオ、本名:村井 幹生(むらい みきお)[1]1952年4月28日[2] - 2022年4月16日[3])は、日本漫画家[1]。男性[1]徳島県徳島市出身[2]

むらお ミオ
村生 ミオ
本名 村井幹生[1]
生誕 (1952-04-28) 1952年4月28日
日本の旗 日本徳島県徳島市
死没 (2022-04-16) 2022年4月16日(69歳没)
日本の旗 日本東京都
職業 漫画家
活動期間 1972年 - 2022年
ジャンル ギャグ漫画
少年漫画
青年漫画
代表作胸さわぎの放課後[2]
微熱 MY LOVE[2]
『サークルゲーム』[2]
『バージン・ママ』[2]
『WOMEN』[2]
『SとM』[2]
受賞 第7回手塚賞(1974年)
テンプレートを表示

略歴

編集

遺作となった『奴隷先生』は作画担当の友野ヒロが原作も引き継いで執筆[6]、『闇に抱かれる女』は連載開始前に20話近くの原稿を描き溜めていた[7]

作品リスト

編集
  • ラッシュで失礼しま〜す(1979年 - 1980年、『月刊少年マガジン』、全1巻)講談社
  • ときめきのジン(1980年 - 1981年、『週刊少年キング』、全9巻)少年画報社
  • 胸さわぎの放課後(1980年 - 1983年、『週刊少年マガジン』、全16巻)講談社
  • 結婚ゲーム (1981年 - 1985年、『少年ビッグコミック』、全13巻)小学館
  • スニーカーすとりいと(1981年、『週刊少年マガジン』、全1巻)講談社
    • 続スニーカーすとりいと(1982年、『週刊少年マガジン』、全1巻)講談社
  • きまぐれマイロード(1982年、『月刊少年マガジン』、全2巻)講談社
  • モノクローム・レター(1982年 - 1983年、『ビッグコミックスピリッツ』、全2巻)小学館
  • ラブアタック5対1(1983年 - 1985年、『月刊少年マガジン』、全4巻)講談社
  • ちょっとSingle(1983年 - 1984年、『プレイコミック』、全2巻)秋田書店
  • 微熱 MY LOVE(1983年 - 1990年、『GORO』、全18巻)小学館
  • もしかしてKOIBITO(1984年 - 1986年、『週刊少年マガジン』、全10巻)講談社
  • 気ままにTry-あんぐる(1985年、『プレイコミック』、全2巻)秋田書店
  • マドンナは眠らない(1986年、『週刊少年マガジン』)講談社
  • 神の子(1986年 - 1987年、『少年ビッグコミック』、全3巻)小学館
  • 1000日の瞳(1987年、『週刊少年マガジン』、全2巻)講談社
  • あつあつポテト(1987年 - 1988年、『月刊少年マガジン』、全2巻)講談社
  • 1分16秒08(1989年、『ビッグスピリッツ』、全3巻)小学館
  • サークルゲーム(1990年 - 1999年、『ヤングチャンピオン』、全22巻)秋田書店
  • ハートフル(1991年、『漫画アクション』、全1巻)双葉社
  • バージン・ママ(1991年 - 1999年、『漫画アクション』、全20巻)双葉社
  • 赤いドレス(1992年、『アクションピザッツ』、全1巻)双葉社
  • キャッシュボーイ(1993年、『週刊漫画ゴラク』、全2巻)日本文芸社
  • 赤い糸(1993年 - 1994年、『グランドチャンピオン』、全3巻)秋田書店
  • Women -ウィメン-(1995年 - 2000年、『ビジネスジャンプ』、全11巻)集英社
  • セックスレス(1998年 - 1999年、『ビジネスジャンプ』、全3巻)集英社
  • BLOOD RAIN(1999年 - 2003年、『ヤングチャンピオン』、全9巻)秋田書店
  • 花は紅(2000年 - 2003年、『アクションピザッツ』、全7巻)双葉社
  • 男の時間(2001年 - 2004年、『ビジネスジャンプ』、全10巻)集英社
  • 夜が終わらない女(2003年、『ビジネスジャンプ増刊 BJ魂』、全1巻)集英社
  • Xenos(2003年 - 2005年、『ヤングチャンピオン』、全4巻)秋田書店
    • Xenos2 ルームシェア(2007年 - 2008年、『ヤングチャンピオン』、全4巻)秋田書店
    • Another Xenos 〜村生ミオ ミステリー作品集〜(2007年、『ヤングチャンピオン』、全1巻)秋田書店
  • 胸騒ぎのイヴ(2004年 - 2005年、『週刊漫画ゴラク』、全1巻)日本文芸社
  • うらこい。(2005年、『ビジネスジャンプ』、全2巻)集英社
  • 闇の囁き(2005年、『ビジネスジャンプ増刊 BJ魂』、全1巻)集英社
  • SとM(2005年 - 2012年、2018年 - 、『週刊漫画ゴラク』、全28巻+(第2部)29巻30巻)日本文芸社
    • SとM エクスタシー(2016年 - 2017年、『週刊漫画ゴラク』、全7巻)日本文芸社
  • 官能小説家(2005年 - 2006年、『ビジネスジャンプ』、全3巻)集英社
  • 恋愛活動(2006年、『ヤングチャンピオン』、全1巻)秋田書店
  • 現代美人妻図鑑(2007年、『ビジネスジャンプ』、全1巻)集英社
  • 火見子(2007年 - 2011年、『プレイコミック』、全8巻)秋田書店
  • 1夫5妻 〜僕がモテる理由〜(2011年 -2014年 『プレイコミック』、全4巻)秋田書店
  • 終のすみか(2012年 - 2015年、『週刊漫画ゴラク』、全10巻)日本文芸社
  • すえぜん(2013年、『週刊実話』、全1巻)日本ジャーナル出版
  • 秘あそび(2014年 - 2015年『週刊漫画TIMES』、全1巻)芳文社
  • 愛す男 ICEMAN(2015年、『週刊漫画ゴラク』、全2巻)日本文芸社
  • ボディートラップ(2017年 - 2021年、『週刊実話』)日本ジャーナル出版
  • 赤い恍惚〜エクスタシス〜(2020年、全1巻)日本文芸社
  • 黒い浪漫〜ロマンス〜(2020年、全1巻)日本文芸社
  • 闇に抱かれる女(2022年、『週刊実話』)日本ジャーナル出版 ※2022年5月12・19日合併号No.18 - 10月27日号No.40
原作
  • 恥じらう肌(2011年 - 2013年『週刊漫画TIMES』、全5巻)芳文社 - 作画:優斗
  • 甘い牙(2014年 - 2015年、『別冊週漫スペシャル』、全2巻)芳文社 - 作画:優斗
  • 恋愛カウンセラー マキの貞操ファイル(2014年 - 2021年、『週刊ポスト』、全7巻)小学館 - 作画:佐々木徹
  • 彼女の肌が忘れない(2016年、『週刊漫画TIMES』、全4巻)芳文社 - 作画:後藤圭介
  • フェイス〜背徳の囁き〜(2018年 - 2019年、『週刊漫画ゴラク』、全2巻)日本文芸社 - 作画:サカワキヒロ太
  • つぐなう肌(2018年 - 2021年、『週刊漫画TIMES』、全4巻)芳文社 - 作画:優斗
  • 奴隷先生(2021年 - 、『漫画ゴラクスペシャル』[8]、既刊4巻)日本文芸社 - 作画:友野ヒロ

師匠

編集

アシスタント

編集

脚注

編集
  1. ^ a b c d e f 村生 ミオ(漫画家)”. マンガペディア. 2022年3月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i “村生ミオ”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/artist/4279 2022年3月21日閲覧。 
  3. ^ a b 漫画家村生ミオ氏死去 「胸さわぎの放課後」「結婚ゲーム」,朝日新聞,2022年4月21日
  4. ^ 官能娯楽作「SとM」はエロティックと恐怖のブレンドが絶妙!”. ムービーウォーカー (2010年2月19日). 2020年8月29日閲覧。
  5. ^ “「胸さわぎの放課後」漫画家の村生ミオ氏が病気のため都内病院で死去 69歳”. 日刊スポーツ. (2022年4月21日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202204210000933.html 2022年4月22日閲覧。 
  6. ^ 訃報 村生ミオ先生 ご逝去のお知らせ”. 日本文芸社 (2022年4月22日). 2023年6月7日閲覧。
  7. ^ 漫画家・村生ミオさん逝去…青年漫画誌に不滅の金字塔を打ち立て最期まで完走!”. 週刊実話web (2022年4月19日). 2023年6月7日閲覧。
  8. ^ “一夜の過ちの相手は教え子だった…高校教師の日常が狂い始める「奴隷先生」1巻”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年3月20日). https://natalie.mu/comic/news/470430 2022年3月21日閲覧。 

外部リンク

編集