メインメニューを開く

村越繁(むらこししげる)は、日本脚本家

村越繁
プロフィール
本名 村越繁
出身地 東京都[1]
主な作品
アニメ シドニアの騎士牙狼-GARO- -炎の刻印-DAYSゾンビランドサガ
テンプレートを表示

経歴・人物編集

東京都出身。大学在学中に映画製作に興味を持ったことをきっかけに、映画美学校の脚本コースに入学。村井さだゆきを講師としたクラスで2年間学んだ[1]

その後、2014年に師である村井がシリーズ構成を務める『シドニアの騎士』でアニメの脚本家としてデビュー。その後も、『牙狼 -紅蓮ノ月-』や『賭ケグルイ』などの作品の脚本に参加している。

デビュー作の『シドニアの騎士』および、その続編『シドニアの騎士 第九惑星戦役』などの一部の例外を除いて、MAPPAがアニメーション制作を手がける作品に参加することが多い。

2018年、MAPPAがエイベックス・ピクチャーズおよびCygames共同企画により制作するオリジナルテレビアニメ作品『ゾンビランドサガ』にて、初のシリーズ構成を担当[2]。抜擢理由としてMAPPA社長であり本作のプロデューサーでもある大塚学は「コメディベースにしたいという話にしていたものの、お声がけしたシナリオライターが、いずれもジョージ・A・ロメロをリスペクトするあまり、重い(シリアス一本な)内容のシナリオを提出してくる中、村越ならシリーズ構成は初めてであるがギャグもコメディも得意だからイケる」と考えたから、と語っている[2]

評価編集

ゾンビランドサガに脚本参加していたますもとたくやは、「(会う前に読んでいた村越の脚本から)もっと尖った、やばい感じの人だというイメージを抱いており、実際に会うとすごく気さくでやさしい方であったため、逆に狂気を覚えた」と称している[3]

主な作品編集

脚注編集