メインメニューを開く
日本 > 中部地方 > 石川県 > 金沢市 > 杜の里
杜の里を通る山側環状(2009年4月)

杜の里(もりのさと)は、石川県金沢市の地域名。金沢大学大学門前町として知られる。

目次

概要編集

1985年に、金沢大学の宝町・鶴間キャンパスを除く全キャンパスが杜の里地区(当時は若松地区)に隣接する角間地区に総合移転することをきっかけに開発がすすめられた。 当時は、旧浅川村地区の里山の中の古い集落であり、現在のように山側環状も開通していなかった。 2004年土地区画整理事業の完了に伴う新住所が制定され、新たに「もりの里」という住所名が誕生した。「もりの里」地区は、1990年代から新しいアパートやマンションが立ち並んでおり、元々集落として発展してきた「若松・鈴見」地区は、古い一戸建てと新しいアパートが混在している。 また、隣接する田上地区は、2005年に山側環状が延伸されると同時に開発され、2015年に新たに「田上の里」「田上さくら」という住所が制定された。

学園都市という性格上、ゴーゴーカレーカレーのチャンピオンといった金沢カレーショップ、8番らーめんなどのラーメン店、レストランや大手ファストフード店といった飲食店が多数進出している。

「杜の里」という名前の通り、地区内には多くの街路樹が植えられており、主な道路の電線は全て地中化され、建築物も景観に配慮したものが多い。また、杜の里独自の建築物への制約が設けられている。その一例として、イオンもりの里ショッピングセンターには、他のイオン店舗のような屋上看板が設置されていないことが挙げられる。

春には浅野川の河川敷には桜が咲き、初夏には角間川にホタルが飛び交う姿が見られ、自然と調和をはかった街づくりがなされている。

町域編集

住居表示制度導入地域
  • 鈴見台(すずみだい)
住居表示制度未導入地域
  • 若松町(わかまつまち)
  • 上若松町(かみわかまつまち)
  • もりの里(もりのさと)
  • 鈴見町(すずみまち)
  • 角間新町(かくましんまち)
  • 田上(たがみ)
  • 田上町(たがみまち)
  • 田上の里(たがみのさと)
  • 田上さくら(たがみさくら)

主な施設編集

商業施設編集

 
イオンもりの里店(2012年7月)

飲食店編集

公共施設編集

  • 金沢刑務所
  • 金沢中警察署田上交番
  • 金沢市立杜の里小学校
  • 金沢市立田上小学校
  • 浅川市民センター
  • 浅川郵便局

交通編集

バス
  • 北陸鉄道
    • 48・53・91・94・96・98系統「若松橋」-「角間新町」バス停留所(旭町経由、金沢大学方面)
    • 92系統「鈴見台1丁目」-「田上1丁目」バス停留所(朝霧台方面)
    • 88・93・97・99系統「鈴見台1丁目」-「角間新町」バス停留所(鈴見台経由、金沢大学方面)
  • 加越能バス
    • 南砺〜金沢線「若松」バス停留所 ※金沢行は降車専用、南砺方面行は乗車専用

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集