東京劇場(とうきょうげきじょう)は、東京都中央区築地4-1-1に立地する、東銀座東劇ビル内の松竹マルチプレックスシアターズが所有している映画館である。通称は東劇(とうげき)、現在の定員は435人である。

東京劇場
Tokyo Gekijo
Shochiku (headquarters).jpg
東劇が入る東劇ビル
情報
通称 東劇
正式名称 東京劇場
完成 1975年
開館 1975年
収容人員 435人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTS
用途 映画上映
運営 松竹マルチプレックスシアターズ株式会社
所在地 104-0045
東京都中央区築地4-1-1
東劇ビル3階
位置 北緯35度40分4.1秒 東経139度46分6.8秒 / 北緯35.667806度 東経139.768556度 / 35.667806; 139.768556座標: 北緯35度40分4.1秒 東経139度46分6.8秒 / 北緯35.667806度 東経139.768556度 / 35.667806; 139.768556
アクセス 東京メトロ日比谷線都営浅草線東銀座駅(6番出口)から徒歩1分
公式サイト 東劇

本項では、現在の東劇ビル以前の建物(1930年 - 1974年)に存在した映画館、東京中央劇場(とうきょうちゅうおうげきじょう)および銀座ニュース劇場(ぎんざニュースげきじょう)、東劇バーレスクルーム等についても扱う。

目次

沿革編集

  • 1930年3月29日 - 開館
  • 1940年前後 - 5階・地階に映画館を併設
  • 1950年12月31日 - 映画館に業態変換
  • 1975年 - 改築・リニューアル再開館

改築前の東京劇場編集

 
改築前の東京劇場(1930年代)

概要編集

 
初代東京劇場のこけら落としに出演した十五代目市村羽左衛門(写真左)と六代目尾上梅幸 雪暮夜入谷畦道』(三千歳と直侍)より

東京劇場は1930年(昭和5年)3月に演劇場として開業。六代目 尾上菊五郎十五代目 市村羽左衛門六代目 尾上梅幸の3大役者がこけら落とし興行を飾った[1]。築地に一際目立つ重厚な建物で知られ、歌舞伎軽演劇が上演されていた。歌舞伎座東京大空襲で焼亡し、1951年(昭和26年)に再建されるまでは、東京の歌舞伎の中心だった。

第二次世界大戦を目前とした1940年(昭和15年)前後に、同劇場地階にニュース専門の映画館「銀座ニュース劇場」、同5階に映画館「東京中央劇場」を開館する[2][3]

終戦から5年後の1950年(昭和25年)12月31日、東劇は演劇場から映画館に転身している[1]。地階のニュース専門館は、戦後「東劇地下映画劇場」に改称したのち[4]、1955年(昭和30年)12月27日には大映系統の封切館「築地大映」として改めて開館している[5]。同時期に5階には「東劇バーレスクルーム」が開かれ、ジプシーローズの出世舞台となった[6]。1974年(昭和49年)、両館はリニューアルを前提に閉館した。

データ編集

  • 所在地 : 東京府東京市京橋区築地4丁目14番地[2][3]
  • 設計:大林組(木村得三郎)、施工:大林組
  • 観客人員数 :
    • 東京劇場 : 1,711名(1957年末[5]
    • 東京中央劇場(5階) : 211名(1942年[2])、279名(1943年[3]
    • 銀座ニュース劇場(地階) : 291名(1942年[2] / 1943年[3]
      • 築地大映(地階) : 903名(1957年末[5]

高層ビル以降編集

1975年(昭和50年)高層ビルに改築され、現在では同ビルには松竹の本社が入っている。

1970年代においては渋谷東急等とチェーンを組む洋画封切館だったが、その後は独自で小規模のチェーンを構成する映画のチェーンマスターになったり、有楽町地域の松竹東急系のムーブオーバー(続映)や拡大ロードショーに利用されていた。2008年(平成20年)7月に新宿ピカデリーが再オープンして以降は、シネマ歌舞伎METライブビューイングなどの松竹配給のODS(Other Digital Staff)[7]作品のメイン館となることが多い。

2011年(平成23年)3月1日、松竹は映画興行部門をシネマコンプレックス「MOVIX」を運営する松竹マルチプレックスシアターズに継承したため、同社の経営・運営に切り替わった。ただし、MOVIX系のシネコンと同様のサービスは行っていない。

主な上映作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 松竹の歴史:会社案内 - 企業情報 松竹株式会社
  2. ^ a b c d 年鑑[1942], p.10-28.
  3. ^ a b c d 年鑑[1943], p.449.
  4. ^ 東京航空写真地図 第1集国立国会図書館、2013年8月11日閲覧。
  5. ^ a b c 中央区[1986], p.13.
  6. ^ 『松竹百年史』に上演記録。
  7. ^ a b c d 違いのわかる映画館 Vol.20:東劇 - レッツエンジョイ東京(2012年6月)

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

  • 松竹株式会社
  • 東劇 - 松竹マルチプレックスシアターズによる劇場案内
  • 東劇 - 「港町キネマ通り」サイト内(2001年3月取材のもの)