ドラッグストア・ガール

ドラッグストア・ガール』(DRUGSTORE GIRL)は、日本の映画作品。2004年2月7日公開。

ドラッグストア・ガール
DRUGSTORE GIRL
監督 本木克英
脚本 宮藤官九郎
製作 小林栄太朗
気賀純夫
出演者 田中麗奈
柄本明
三宅裕司
伊武雅刀
六平直政
音楽 周防義和
主題歌 中嶋朋子「DRUGSTORE GIRL」
バグルズラジオ・スターの悲劇
撮影 花田三史
編集 川瀬功
配給 松竹
公開 日本の旗 2004年2月7日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

それまで多くの映画作品で活躍した女優・田中麗奈が、本作でコメディに初挑戦した。

目次

あらすじ編集

薬科大に通う女学生・大林恵子はある日、同棲中の彼氏が二股をかけていたことを知り、怒り心頭に発し家を飛び出して電車に飛び乗る。車内で泣き疲れてうたた寝しつつ、気づくとそこは、見知らぬ郊外の街・摩狭尾(まさお)。何気なしに近日開店の大型ドラッグストア「ハッスルドラッグ」に立ち寄り、薬剤師の小松兄弟に経緯をぶちまけてすっきりした恵子は、成り行きでその店でバイトを始めることになる。

一方で周囲の小売店は、ハッスルドラッグに客を奪われるのでは……と不安に怯えていた。薬屋、パン屋、酒屋の主人、寺の僧侶、ホームレスの5人が結託し、ハッスルドラッグ開店日に営業妨害を仕掛けることを計画。だがパン屋の沼田が恵子に一目惚れしてしまい、計画は頓挫。それどころかオヤジたちが揃いも揃って恵子に惚れ、あっという間にストアの常連客となる。

やがて恵子が大学のラクロス部に所属していることを知った彼らは、恵子に近づきたい一心で、ルールも知らぬまま、あり合わせの道具で見様見真似でラクロスの練習を始める。彼らの噂を聞きつけた恵子は、素人同然の彼らを見るに見かね、自らコーチを買って出る。オヤジたちは憧れの恵子と一緒にプレイできるのを大喜びするが、それも束の間。外見とは裏腹に体育会系丸出しの性格の恵子のコーチは、オヤジたちには過酷なスパルタだった。それでも彼らは、街に自生する竹でクロス(ラクロス用の道具)を自作し、ここに「まさおバンブーボーイズ」が誕生した! やがてクロスは街の人気商品として、スポーツと地場産業のコラボレーションとしてTVでも取り上げられるほどの話題となってゆく……。

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 女優の中嶋朋子とは別人。

外部リンク編集