さよならゲーム』(Bull Durham)は、1988年に公開されたアメリカ合衆国の映画作品。ロン・シェルトン監督。上映時間107分。アメリカ合衆国のマイナーリーグの球団ダーラム・ブルズが舞台。

さよならゲーム
Bull Durham
監督 ロン・シェルトン
脚本 ロン・シェルトン
製作 トム・マウント
マーク・バーグ
製作総指揮 デヴィッド・V・レスター
出演者 ケビン・コスナー
スーザン・サランドン
ティム・ロビンス
音楽 マイケル・コンヴァーティノ
撮影 ボビー・バーン
編集 ロバート・レイトン
アダム・ウェイス
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年6月15日
日本の旗 1988年9月23日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000 (概算)[1]
興行収入 $50,888,729[2]
テンプレートを表示

監督・脚本を担当したロン・シェルトンは、かつて野球選手としてマイナーリーグでプレーした経験がある。この映画でティム・ロビンスが演じているエビー・ラルーシュという若い投手のモデルとなったのは、シェルトンのチームメイトであったスティーブ・ダルコウスキーである[3]

ストーリー編集

冴えないマイナーリーグの中年キャッチャーのクラッシュは新人ピッチャーであるエビーの教育係として呼び出される。当初、エビーは腕はあるが、コントロールが出来ず、頭も弱いので上手く育成できなかった。そこへ野球信者である教師の女性アニーが来てクラッシュに思いをよせるが、クラッシュは表面上これを拒否する。そのうち関心はエビーへと移り、エビーはクラッシュのもとで成長していくなかで、クラッシュはアリーに自分の思いをどうしていくかの三角関係を中心に野球への熱い思いを描く。

スタッフ編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日 機内上映版
クラッシュ・デイヴィス ケビン・コスナー 津嘉山正種 若本規夫
アニー・サヴォイ スーザン・サランドン 小山茉美
エビー・カルヴィン・ラルーシュ ティム・ロビンス 安原義人
ジョー・リギンス トレイ・ウィルソン 富田耕生
サンディ・グライムス ヘンリー・G・サンダース 辻親八
ラリー・ホケット ロバート・ウール 田中亮一
マイリー ジェニー・ロバートソン 岡本麻弥
マックス・パトキン 本人 上田敏也

評価編集

レビュー・アグリゲーターRotten Tomatoesでは72件のレビューで支持率は97%、平均点は8.00/10となった[4]Metacriticでは16件のレビューを基に加重平均値が73/100となった[5]

受賞編集

脚注編集

外部リンク編集