メインメニューを開く

東海クイーンカップ(とうかいクイーンカップ)は、愛知県競馬組合名古屋競馬場で施行する地方競馬重賞競走(SPI)である。正式名称は「豊明市長賞 東海クイーンカップ」。

東海クイーンカップ
開催国 日本の旗 日本
主催者 愛知県競馬組合
競馬場 名古屋競馬場
創設 1992年2月14日
2018年の情報
距離 ダート1800m
格付け SPI
賞金 1着賞金400万円
出走条件 サラブレッド系3歳牝馬オープン・全国地方交流
負担重量 定量(54kg
出典 [1]
テンプレートを表示

副賞は、豊明市長賞、愛知県競馬組合管理者賞、開催執務委員長賞[2]

概要編集

1992年に名古屋競馬場のサラブレッド系4歳(現3歳)牝馬の東海(笠松・愛知)所属馬限定の定量の重賞競走「中京スポーツ賞 東海クイーンカップ」として創設で2月(1996年のみは1月)に開催。1997年からは東海地区重賞格付け制度施行によりSPII(スーパープレステージツー)に格付けされ、この年から中央競馬桜花賞のステップ競走の北陸・東海地区のブロック代表馬として優勝馬はチューリップ賞4歳牝馬特別(現・フィリーズレビュー)アネモネステークスのいずれかの競走に出走可能となり、更にこのいずれかの競走でチューリップ賞と4歳牝馬特別では上位3着までにアネモネステークスでは上位2着までに入賞すると桜花賞へ出走可能となった。

2000年から2002年の間は施行されなかったが2003年からは施行を再開され、施行時期を冬から夏に変更、並びに中央競馬のGIステップ競走を桜花賞から秋華賞に変更、中央競馬の秋華賞のステップ競走の北陸・東海・近畿地区(2007年からは中国地区を含む)のブロック代表馬として優勝馬はローズステークス紫苑ステークスのどちらかの競走に出走可能となる。更にこのどちらかの競走でローズステークスでは上位3着までに、紫苑ステークスでは上位2着までに入賞すると秋華賞へ出走可能となった。

2012年からはGRANDAME-JAPAN・3歳シーズンに指定となり、更にSPIIからSPIに格上げされたが施行時期が夏から春に変更された事に伴い秋華賞へのステップ競走は笠松競馬場で行われる重賞競走「クイーンカップ」に引き継がれる形となる。

2013年HITスタリオンシリーズ競走に指定され、トビーズコーナーの種付け権が副賞として送られた[3]2014年は対象から外れている[4]

出走条件は、創設当初は東海所属馬、1997年からは北陸・東海地区、2003年からは北陸・東海・近畿地区、2007年からは北陸・東海・近畿・中国地区、2012年からは全国地方交流となっている。

条件・賞金(2018年)編集

出走条件
サラブレッド系3歳牝馬、全国地方交流であり、他地区所属の出走枠は5頭以下と定められている[1]
負担重量
定量
賞金
1着400万円、2着100万円、3着48万円、4着32万円、5着20万円、着外4万円[1]

歴史編集

  • 1992年 - 名古屋競馬場のダート1600mのサラブレッド系4歳(現3歳)牝馬の東海所属馬限定の定量(54kg)の重賞競走「中京スポーツ賞 東海クイーンカップ」として創設。
  • 1997年
    • 東海地区重賞格付け制度施行によりSPIIに格付け。
    • この年から北陸・東海地区交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系4歳(現3歳)牝馬の北陸・東海所属馬」に変更。
    • 桜花賞へのステップ競走に指定され、優勝馬に桜花賞トライアルへの出走権が付与される様になる。
    • 負担重量を54kgから53kgに変更。
  • 2000年-2002年 - この間は休止。
  • 2003年
    • 馬齢表示の国際基準への変更及びこの年から北陸・東海・近畿地区交流競走として施行。それらに伴い、「サラブレッド系4歳牝馬の北陸・東海所属馬」から「サラブレッド系3歳牝馬の北陸・東海・近畿所属馬」に変更。
    • 施行時期を冬から夏に変更。
    • 中央競馬のGIステップ競走を桜花賞から秋華賞に変更。1着馬のみ、秋華賞トライアルへの出走権が付与されるようになる。
    • 負担斤量を53kgから54kgに戻す。
  • 2007年 - この年から北陸・東海・近畿・中国地区交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系3歳牝馬の北陸・東海・近畿・中国所属馬」に変更。
  • 2012年
    • この年から地方競馬全国交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系3歳牝馬の地方所属馬」に変更。
    • GRANDAME-JAPAN・3歳シーズンに指定。
    • 施行時期を夏から春に変更。それに伴い、秋華賞へのステップ競走から除外。
    • SPIに格上げ。
  • 2013年 - HITスタリオンシリーズ競走に指定。
  • 2018年 - 施行距離をダート1800mに変更。

歴代優勝馬編集

馬齢は2000年以前についても現表記を用いる。

コース種別を記載していない距離は、ダートコースを表す。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1992年2月14日 名古屋 1600m スノーボール 牝3 愛知 1:45.6 兒島真二 荒木市雄 三崎一夫
第2回 1993年2月17日 名古屋 1600m ツキハシレ 牝3 笠松 1:42.0 今井孝一 神部幸夫 水野俊一
第3回 1994年2月2日 名古屋 1600m スリーコース 牝3 愛知 1:44.0 長嶋和彦 地辺幸一 スズカ商事(株)
第4回 1995年2月1日 名古屋 1600m ジュウノメガミ 牝3 愛知 1:46.0 宇都英樹 斉藤弘光 (有)ワイテイ商事
第5回 1996年1月31日 名古屋 1600m ゴーテンジョウ 牝3 笠松 1:45.7 川原正一 山中敏彦 青山眞澄
第6回 1997年2月2日 名古屋 1600m ミリオンチャーム 牝3 笠松 1:46.2 安藤勝己 荒川友司 水野恵吉
第7回 1998年2月1日 名古屋 1600m スバルマドンナ 牝3 愛知 1:45.2 安部幸夫 本村光男 野田雅昭
第8回 1999年2月3日 名古屋 1600m トラベラー 牝3 金沢 1:45.2 殿田倫之 小原典夫 白井民平
第9回 2003年7月2日 名古屋 1600m ディアブロメガミ 牝3 愛知 1:42.4 安部幸夫 角田輝也 中村敏明
第10回 2004年7月2日 名古屋 1600m ジャガーローズ 牝3 兵庫 1:41.6 田中学 田中道夫 松岡幸男
第11回 2005年8月12日 名古屋 1600m ハツネドオゴ 牝3 兵庫 1:42.7 吉村智洋 橋本忠男 山口春夫
第12回 2006年8月9日 名古屋 1600m チヨノドラゴン 牝3 金沢 1:40.8 中川雅之 鈴木正也 岩崎僖澄
第13回 2007年8月8日 名古屋 1600m シンメイジョアー 牝3 愛知 1:44.4 丸野勝虎 竹地正樹 織田芳一
第14回 2008年8月8日 名古屋 1600m オグリオトメ 牝3 笠松 1:43.5 佐藤友則 山中輝久 小栗孝一
第15回 2009年8月12日 名古屋 1600m ダイナマイトボディ 牝3 愛知 1:41.0 倉地学 角田輝也 (有)畠山牧場
第16回 2010年8月13日 名古屋 1600m エレーヌ 牝3 笠松 1:42.2 筒井勇介 山中輝久 (有)ホースケア
第17回 2011年8月5日 名古屋 1600m ナナクサ 牝3 兵庫 1:42.6 木村健 平松徳彦 泉一郎
第18回 2012年5月1日 名古屋 1600m マーメイドジャンプ 牝3 笠松 1:42.0 東川公則 後藤保 山科統
第19回 2013年5月3日 名古屋 1600m ウォータープライド 牝3 笠松 1:43.0 児島真二 塚田隆男 山岡良一
第20回 2014年5月1日 名古屋 1600m トーコーニーケ 牝3 兵庫 1:43.3 川原正一 吉行龍穂 森田藤治
第21回 2015年4月21日 名古屋 1600m トーコーヴィーナス 牝3 兵庫 1:40.6 田中学 吉行龍穂 森田藤治
第22回 2016年4月19日 名古屋 1600m クラトイトイトイ 牝3 船橋 1:46.1 石崎駿 矢野義幸 倉見利弘
第23回 2017年4月18日 名古屋 1600m メモリーミラクル 牝3 愛知 1:46.7 友森翔太 塚田隆男 (株)シンザンクラブ
第24回 2018年4月17日 名古屋 1800m ウォーターループ 牝3 愛知 2:00.1 友森翔太 塚田隆男 山岡良一
第25回 2019年4月16日 名古屋 1800m ゴールドリング 牝3 愛知 1:58.8 友森翔太 塚田隆男 (有)崇富商業

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集