メインメニューを開く

東漢長 阿利麻(やまとのあや の なが の ありま)は、飛鳥時代貴族

 
東漢長阿利麻
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
主君 斉明天皇
氏族 東漢長
テンプレートを表示

目次

記録編集

同族として、『日本書紀』巻第二十四の、皇極天皇3年11月(644年)に蘇我氏のために大丹穂山(おおにおのやま)に桙削寺(ほこぬきのてら)を建てた長直がいる[1]

阿利麻の名前は『書紀』巻第二十六に引用された『伊吉博徳書』のみに現れる。

斉明天皇5年(659年)に遣唐大使坂合部石布(さかいべ の いわしき)、遣唐副使津守吉祥(つもり の きさ)と共に渡唐した。7月3日に出向し、江南路をとって航行している。8月11日に博多湾を出て、9月13日に百済の南の島に到着した。阿利麻は石布の船に乗船したのだが、9月15日、その船は逆風で遭難し、大使の石布自身は漂着した島の民によって殺されてしまった。残された阿利麻は大使の同族とみられる坂合部連稲積(さかいべ の むらじ いなつみ)らと共に島人の船を奪い、逃亡して括州(現在の浙江省麗水)に到着し、の州県の役人によって洛陽まで送り届けて貰った。ただし、大使・副使ではなかったため、無事長安・洛陽に到着した吉祥らとは異なり、唐の皇帝とは謁見できていない(少なくともそのような記述は見られない)[2]

その後、吉祥一行は唐と百済との戦役のため、長安に留め置かれて幽閉されている。阿利麻らも同様の運命を辿ったらしく、彼らが再会したのは、斉明天皇6年10月19日(660年)のことであった。その後、11月1日に捕虜となった百済の義慈王や王族13人、貴族ら37人を目撃している[3]。国家の滅亡がどのような事態を及ぼすのか、身にしみて実感したのではないか、と倉本一宏は述べている。

恐らく、吉祥一行と共に帰国の途についたものと推定される。

東漢氏は天武天皇11年5月に「」(あたい)から「」に改姓され[4]、さらに八色の姓により、秦氏など11の「連」姓氏族と共に「忌寸を与えられている[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』皇極天皇3年11月条
  2. ^ 『日本書紀』斉明天皇5年7月3日条、『伊吉博徳書』
  3. ^ 『日本書紀』斉明天皇6年7月16日条、『伊吉博徳書』
  4. ^ 『日本書紀』天武天皇11年5月12日条
  5. ^ 『日本書紀』天武天皇14年6月20日条

参考文献編集

関連項目編集