松室致

松室 致(まつむろ いたす、嘉永5年1月2日1852年1月22日) - 昭和6年(1931年2月16日)は、日本の司法官僚政治家教育者検事総長司法大臣貴族院勅選議員枢密顧問官を歴任。法政大学学長1913年 - 1931年)。

松室致
Matsumuro Itasu.jpg
生年月日 (1852-01-22) 1852年1月22日
出生地 豊前国企救郡
没年月日 (1931-02-16) 1931年2月16日(満79歳没)
死没地 大日本帝国の旗 大日本帝国
出身校 司法省法学校

在任期間 1906年7月12日 - 1912年12月21日

在任期間 1912年12月21日 - 1913年2月20日
在任期間 1916年10月9日 - 1918年9月29日

貴族院議員
在任期間 1918年9月21日 - 1924年4月10日

在任期間 1924年4月5日 - 1931年2月16日
テンプレートを表示

目次

生涯編集

小倉藩松室晨吾の長男として生まれる。

司法省法学校に入学し、1884年に法律学士学位を得る(同期には梅謙次郎がいた)。判事検事の経歴を積み1906年検事総長に就任。検事総長在任中には、日糖疑獄から発覚した内外石油疑獄では、東京地方裁判所検事局検事正 小林芳郎らの抵抗も空しく、桂太郎総理の鶴の一声で、松室致検事総長、平沼騏一郎司法省刑事局長以下、本件捜査を見合わせることで終幕した。さらに、幸徳事件の捜査を指揮した。

1912年第3次桂内閣司法大臣となり、後任の検事総長となった平沼騏一郎と共に、「裁判所廃止及名称変更ニ関スル法律」「判事及検事ノ休職並判事ノ転所ニ関スル法律」を成立。229人の判事・検事を一挙に休・退職とし443人にのぼる異動を発令、司法界の粛清を行った。

1910年に法政大学総理の梅が急逝すると後任人事をめぐって混乱が起こるが、1913年に推されて学長に就任。専門学校令によって設立されていた大学を大学令に準拠した大学へ転換させることに奔走すると共に、教授陣の充実を図る。殊に文学部予科については野上豊一郎に、経済学部については高木友三郎に、それぞれ一任してリベラル色の濃い特色を形作ることになった。

その後寺内内閣でも司法相を務めた後、貴族院議員・枢密顧問官を歴任。田中義一内閣治安維持法死刑無期懲役が追加されようとした時には、かつての部下だった平沼やその系統に連なる原嘉道が改正推進に動く一方、枢密院で強硬に反対した。

1931年脳溢血[1]死去するまで、法政大学の学長を20年近く務め、松室が北軽井沢の広大な土地を大学関係者に分譲して1928年に開いた「法政大学村」は、後に「北軽井沢大学村」となって今に受け継がれている[2]

栄典編集

著書編集

  • 『仏国民法証拠法講義』中央法学会 1887 
  • 『仏国訴訟法講義』中央法学会 1888
  • 『仏国貸借法講義』中央法学会 1888
  • 『仏国民法保証法講義』中央法学会 1888
  • 『日本刑法. 総則之部』東京専門学校 1893
  • 『仏国民法賃貸法』和仏法律学校 1894
  • 『刑法』東京専門学校 1895
  • 『民法証拠編講義』和仏法律学校 1895
  • 『刑事訴訟法講義』木下哲三郎共著 明治法律学校 1898
  • 『改正刑事訴訟法論』有斐閣、1899
  • 『刑事訴訟法講義』和仏法律学校 1899
  • 『刑事訴訟法 漢文』法政大学 1907 

翻訳編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)26頁
  2. ^ 大学村の歩き方北軽井沢大学村「北軽井沢駅舎」北軽井沢観光協会
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 松室致』 アジア歴史資料センター Ref.A06051177600 
  4. ^ 『官報』第126号「叙任及辞令」1912年12月29日。
  5. ^ 『官報』第5243号「叙任及辞令」1900年12月21日。
  6. ^ 『官報』第6148号「叙任及辞令」1903年12月28日。
  7. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  9. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。


先代:
横田国臣
検事総長
1906年 - 1912年
次代:
平沼騏一郎
先代:
松田正久
尾崎行雄
司法大臣
第17代:1912年 - 1913年
第21代:1916年 - 1918年
次代:
松田正久
原敬
先代:
梅謙次郎
法政大学長
1913年 - 1931年
次代:
秋山雅之介