メインメニューを開く

斎藤 桃太郎(さいとう ももたろう、1853年9月15日嘉永6年8月13日[1]〉 - 1915年大正4年〉12月26日)は、日本宮内省官僚宮中顧問官東京府士族、旧幕士[1]

目次

人物編集

当初、外務二等属として働くが、1883年(明治16年)7月、宮内省御用掛に転じる。以後、式部官、左大臣秘書官、宮内書記官、宮内大臣秘書官、有栖川宮家令、東宮大夫、等を歴任する。この間、能久親王葬儀掛、島津忠義葬儀掛、東宮御婚儀御用掛なども務めた。1905年(明治38年)1月には、帝室会計審査局長官に就任し、同職在任中に、昌子内親王御婚儀御用掛、常宮御用掛、竹田宮御用掛、富美宮御用掛、朝香宮御用掛、宗秩寮審議官、大喪使事務官、有栖川宮家務監督などを兼勤する。1914年(大正3年)7月、長官を免官となり宮中顧問官に任じられたが、翌年の12月に薨去し正三位に叙された。

官歴編集

栄典編集

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

出版物編集

  • 斎藤桃太郎『英皇即位六十年祝典參列日誌』、1897年。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 宮内大臣正三位勲一等男爵波多野敬直外八十二名「斎藤桃太郎 履歴書」』 アジア歴史資料センター Ref.A10112795700 
  2. ^ 『官報』第148号「叙任及辞令」1883年12月24日。
  3. ^ 『官報』第382号「叙任及辞令」1884年10月4日。
  4. ^ 『官報』第383号「叙任及辞令」1884年10月6日。
  5. ^ 『官報』第507号「叙任及辞令」1885年3月13日。
  6. ^ 『官報』第777号「叙任及辞令」1886年2月6日。
  7. ^ 『官報』第778号「官庁事項」1886年2月8日。
  8. ^ 『官報』第983号「叙任及辞令」1886年10月8日。
  9. ^ 『官報』第1065号「叙任及辞令」1887年1月21日。
  10. ^ 『官報』第1275号「叙任及辞令」1887年9月27日。
  11. ^ 『官報』第1431号「叙任及辞令」1888年4月11日。
  12. ^ 『官報』第1486号「叙任及辞令」1888年6月14日。
  13. ^ 『官報』第1638号「叙任及辞令」1888年12月13日。
  14. ^ 『官報』第1662号「叙任及辞令」1889年1月16日。
  15. ^ 『官報』第1821号「叙任及辞令」1889年7月25日。
  16. ^ 『官報』第2065号「叙任及辞令」1890年5月21日。
  17. ^ 『官報』第2086号「叙任及辞令」1890年6月14日。
  18. ^ 『官報』第2195号「叙任及辞令」1890年10月22日。
  19. ^ 『官報』第2230号「叙任及辞令」1890年12月3日。
  20. ^ 『官報』第2349号「叙任及辞令」1891年5月2日。
  21. ^ 『官報』第2501号「叙任及辞令」1891年10月29日。
  22. ^ 『官報』第3708号「叙任及辞令」1895年11月06日。
  23. ^ 『官報』第3751号「叙任及辞令」1895年12月27日。
  24. ^ 『官報』第4133号「叙任及辞令」1897年4月16日。
  25. ^ 『官報』第4140号「叙任及辞令」1897年4月24日。
  26. ^ 『官報』第4273号「叙任及辞令」1897年9月28日。
  27. ^ 『官報』号外「辞令」1897年12月28日。
  28. ^ 『官報』第4379号「叙任及辞令」1898年2月9日。
  29. ^ 『官報』第4634号「叙任及辞令」1898年12月9日。
  30. ^ 『官報』第4981号「叙任及辞令」1900年2月12日。
  31. ^ 『官報』第5063号「叙任及辞令」1900年5月22日。
  32. ^ 『官報』第5064号「叙任及辞令」1900年5月23日。
  33. ^ 『官報』第5524号「叙任及辞令」1901年11月30日。
  34. ^ 『官報』第5627号「叙任及辞令」1902年4月11日。
  35. ^ 『官報』第5659号「叙任及辞令」1902年5月19日。
  36. ^ 『官報』第5700号「叙任及辞令」1902年7月5日。
  37. ^ 『官報』第5787号「叙任及辞令」1902年10月16日。
  38. ^ 『官報』第6031号「叙任及辞令」1903年8月8日。
  39. ^ 『官報』第6079号「叙任及辞令」1903年10月5日。
  40. ^ 『官報』第6113号「辞令」1903年11月16日。
  41. ^ 『官報』第6153号「叙任及辞令」1904年1月8日。
  42. ^ 『官報』第6468号「叙任及辞令」1905年1月24日。
  43. ^ 『官報』第6975号「辞令」1906年9月27日。
  44. ^ 『官報』第7057号「叙任及辞令」1907年1月10日。
  45. ^ 『官報』第7067号「叙任及辞令」1907年1月22日。
  46. ^ 『官報』第7354号「叙任及辞令」1908年1月4日。
  47. ^ 『官報』第7447号「叙任及辞令」1908年4月27日。
  48. ^ 『官報』第7448号「叙任及辞令」1908年4月28日。
  49. ^ 『官報』第7451号「叙任及辞令」1908年5月1日。
  50. ^ 『官報』第7783号「叙任及辞令」1909年6月7日。
  51. ^ 『官報』第8027号「叙任及辞令」1910年3月30日。
  52. ^ 『官報』第8031号「叙任及辞令」1910年4月4日。
  53. ^ 『官報』第8160号「叙任及辞令」1910年9月1日。
  54. ^ 『官報』第8383号「叙任及辞令」1911年6月3日。
  55. ^ 『官報』第509号「叙任及辞令」1914年4月13日。
  56. ^ 『官報』第510号「叙任及辞令」1914年4月14日。
  57. ^ 『官報』第526号「叙任及辞令」1914年5月2日。
  58. ^ 『官報』第592号「叙任及辞令」1914年7月21日。
  59. ^ 『官報』第977号「叙任及辞令」1915年11月2日。
  60. ^ 『官報』第1027号「宮廷録事 - 勅使差遣」1916年1月7日。
  61. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  62. ^ 『官報』第2533号「叙任及辞令」1891年12月8日。
  63. ^ 『官報』第3758号「叙任及辞令」1896年1月11日。
  64. ^ 『官報』第3918号「叙任及辞令」1896年7月21日。
  65. ^ 『官報』第8442号「叙任及辞令」1911年8月11日。
  66. ^ 『官報』第1023号「叙任及辞令」1915年12月28日。
  67. ^ 『官報』第1937号「叙任及辞令」1889年12月11日。
  68. ^ 『官報』第3152号「叙任及辞令」1893年12月29日。
  69. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  70. ^ 『官報』第5696号「叙任及辞令」1902年7月1日。
  71. ^ 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年12月28日。
  72. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  73. ^ 『官報』第7606号・付録「辞令」1908年10月31日。
  74. ^ 『官報』第7451号「叙任及辞令」1908年5月1日。
  75. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  76. ^ 『官報』第1001号「叙任及辞令」1915年12月2日。
  77. ^ 外務三等書記生斎藤桃太郎伊太利国勲章佩用ノ件(国立公文書館)
  78. ^ 『官報』第38号「賞勲叙任」1883年8月14日。
  79. ^ 『官報』第570号「賞勲叙任」1885年5月28日。
  80. ^ 『官報』第1403号「叙任及辞令」1888年3月7日。
  81. ^ a b c d e f 『官報』第2054号「叙任及辞令」1890年5月8日。
  82. ^ 『官報』第2758号、1892年9月5日。
  83. ^ 『官報』第3338号「叙任及辞令」1894年8月14日。
  84. ^ 『官報』第4005号「叙任及辞令」1896年11月2日。
  85. ^ a b 『官報』第4263号、1897年9月15日。
  86. ^ 『官報』第5039号「叙任及辞令」1900年4月23日。
  87. ^ 『官報』第5207号「叙任及辞令」1900年11月8日。
  88. ^ 『官報』第5365号「叙任及辞令」1901年5月24日。
  89. ^ 『官報』第6433号「叙任及辞令」1904年12月8日。
  90. ^ a b c d e f 『官報』第6684号、1905年10月7日。

出典編集