メインメニューを開く

松岡 英孝まつおか ひでたか1937年10月14日 - )は、大阪北陽高等学校野球部監督で、元朝日放送高校野球解説者高知県出身。

来歴編集

城東高等学校(現・高知高等学校)で1955年夏の甲子園大会に出場しベスト8。卒業後は近畿大学を経て1960年に北陽高等学校に赴任、同時に野球部監督に就任。「高校野球は技術より精神力。闘志と忍耐無き者は去れ。」をモットーに、1990年に勇退するまで夏4回、春6回、計10回甲子園出場を果たし、1970年春の甲子園大会ではチームを準優勝へ導く。

また「来る者は拒まず。」の方針で監督在任中は例年部員を200人以上抱えていたが、新1年生の顔写真をポケットアルバムに入れて顔と名前を覚えたり、選手一人一人と交換日記を行なうなどの細かい配慮のおかげか、不祥事らしい不祥事は起こさなかったそうである。

1992年の夏の甲子園松井秀喜5打席連続敬遠が起きた試合のテレビ解説を務めており、解説席で「ここは勝負して欲しいですね~」「いや~こんなのは初めてですね」「私、非常に残念です」「高校野球でこんなのは初めてですよ!」「涙出てきますね~」と悔しがっていた。

甲子園での成績編集

  • :出場6回・8勝5敗・準優勝1回(1970年)
  • :出場2回・3勝3敗
  • 通算:出場8回(+部長として1973年春夏1回ずつ)・11勝8敗・準優勝1回

関連項目編集