メインメニューを開く

松平頼元

江戸時代初期の大名。額田藩初代藩主

松平 頼元(まつだいら よりもと)は、江戸時代前期の大名常陸国額田藩初代藩主。官位従四位下侍従刑部大輔

 
松平頼元
時代 江戸時代前期
生誕 寛永6年7月14日1629年9月1日
死没 元禄6年4月28日1693年6月1日
改名 児麿(幼名)→頼元
別名 通称:刑部
戒名 粛山
官位 従四位下侍従刑部大輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
常陸額田藩
氏族 水戸徳川家支流守山松平家
父母 父:徳川頼房、母:佐々木氏娘・勝
兄弟 頼重、通子、亀丸、万、棄、大姫
徳川光圀、菊、小良頼元頼隆
頼利頼雄頼泰頼以、利津、房時、布里、鈴木重義、犬、千、竹、梅、市、松、那阿
養兄弟:
正室:小笠原忠真娘・嘉禰
側室:辻氏
胤、頼貞、幸、本多忠国頼愛
小三郎、長、耶々、菊、元、伊夜
テンプレートを表示

生涯編集

寛永6年(1629年)7月14日、常陸水戸藩初代藩主・徳川頼房の四男として誕生。

寛文元年(1661年)、兄・光圀から額田領を与えられ、支藩の大名となった。和歌を好み、歌集「粛山集」を著している。また、一尾伊織に師事して茶道を学んだ。

元禄6年(1693年4月28日に死去した。享年65。家督は長男・頼貞が継いだ。

系譜編集