林平馬

林 平馬(はやし へいま、1883年11月6日 - 1972年3月19日)は、日本政治家著作家

林 平馬
はやし へいま
Hayashi Heima.jpg
生年月日 (1883-11-06) 1883年11月6日
出生地 福島県耶麻郡駒形村[1]
没年月日 (1972-03-19) 1972年3月19日(88歳没)
出身校 日本大学
前職 小学校訓導
所属政党 立憲民政党
日本進歩党
協同民主党
国民協同党
民主党
改進党

選挙区 福島県第二区福島県第一区
当選回数 7

内閣 片山内閣
在任期間 1946年6月1日 - 1947年11月25日
テンプレートを表示

目次

人物編集

福島県耶麻郡塩川町(現・喜多方市)で生まれる。1907年日本体育会体操学校(現・日本体育大学)を卒業し小学校の訓導となる。その後日本大学法律科を卒業する。早くから政治家を志し、1928年第16回衆議院議員総選挙立憲民政党公認で旧福島2区から出馬し初当選[2]。その後通算7回当選。1932年第18回衆議院議員総選挙のみ旧福島1区から立候補し当選している[2]平沼内閣で鉄道参与官を務め、政党解消後は翼賛政治に反対し興亜議員同盟に所属。1942年翼賛選挙には非推薦候補として出馬したが落選した[3]

敗戦後、1946年第22回衆議院議員総選挙日本進歩党公認で立候補し当選、政界に返り咲いた。その後進歩党を離党して協同民主党の結党に参加。国民協同党を経て民主党に所属した。1947年片山内閣国務大臣として入閣したが同年11月25日公職追放され大臣を辞任。追放解除後の1952年第25回衆議院議員総選挙[4]1953年第26回衆議院議員総選挙改進党公認で立候補したが落選[5]1955年第27回衆議院議員総選挙には立候補せず政界から引退した。会津会会員

政治活動の傍ら修養団の理事を務めた。林養魚場の代表取締役・林慎平は平馬の孫である。

著作編集

  • 大國民讀本
  • 終戦運動秘録
  • 天皇制と輿論
  • 再軍備は是か非か

参考文献編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『衆議院要覧 昭和3年12乙』
  2. ^ a b 『歴代国会議員経歴要覧』、1192頁。
  3. ^ 第21回衆議院議員選挙 福島2区 - ザ選挙[リンク切れ] - 同上。
  4. ^ 第25回衆議院議員選挙 福島2区 - ザ選挙[リンク切れ] - 同上。
  5. ^ 第26回衆議院議員選挙 福島2区 - ザ選挙[リンク切れ] - 同上。