メインメニューを開く

概要編集

西ヶ原(現・東京都北区)にあった農商務省林野整理局樹木試験所(1878年明治11年)設立)から、目黒川支流の羅漢寺川谷戸南側の北斜面の現在の地に植樹を移し、1900年(明治33年)6月に「目黒試験苗圃」を設置した。当時の広さは約45,000坪であった。

1905年(明治38年)に林野庁林業試験所」、1910年(明治43年)に「林業試験場」と名称を変えた。また、この試験場の周辺に明治から大正にかけて多くの研究所が置かれた。戦後にかけても、北里研究所目黒支所、津村研究所、石炭綜合研究所、国立予防衛生研究所など、18の研究所が置かれていたことが見える[1]

試験場は1978年昭和53年)につくば市に移転(現・独立行政法人森林総合研究所)し、跡地は東京都に払い下げられて公園として整備、1989年平成元年)6月1日に「都立林試の森公園」として開園した。開園面積は120,762平米(約36,000)である。

園内編集

アクセス編集

注釈編集

  1. ^ 目黒区史、1953年(昭和28年)発行。

関連項目編集

外部リンク編集