メインメニューを開く

枝幸中継局(えさしちゅうけいきょく)は北海道枝幸町歌登(旧歌登町域)辺毛内の偉茶忍山(いさしのぶやま)にある中継局である。ここでは枝幸中継局ではカバーできない問牧地区と目梨泊地区に設置されたミニサテライト局・枝幸問牧中継局と枝幸目梨泊中継局についても紹介する。

目次

枝幸テレビ・FM中継局編集

 
枝幸中継局
(NHK)
 
枝幸中継局
(HBCアナログ)
 
枝幸中継局
(STVアナログ)
 
枝幸中継局
(HTB・UHB)
デジタルではHBC・STVも包含

デジタルテレビジョン放送編集

リモコン
キーID
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 HBC
北海道放送
19 5W 67W 水平偏波 北海道 約3400世帯 2010年
12月1日
2 NHK
旭川教育
26 85W 全国
3 NHK
旭川総合
28 83W 道北圏
上川留萌
宗谷・北空知
5 STV
札幌テレビ放送
49 66W 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
51 64W
7 TVh
テレビ北海道
44 70W 2014年
11月27日
8 UHB
北海道文化放送
52 63W 2010年
12月1日

アナログテレビジョン放送編集

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
3 HTB
北海道テレビ放送
映像10W/
音声2.5W
映像43W/
音声10.5W
垂直偏波 北海道 不明 -
4 NHK
旭川総合
映像47W/
音声11.5W
道北圏
(上川・留萌・
宗谷・北空知)
6 STV
札幌テレビ放送
映像49W/
音声12W
北海道
10 HBC
北海道放送
映像48W/
音声12W
12 NHK
旭川教育
映像49W/
音声12W
全国
62 UHB
北海道文化放送
映像50W/
音声12.5W
映像1kW/
音声250W
水平偏波 北海道
60
(割当のみ)
TVh
テレビ北海道
(開局せず)
  • TVhのアナログ放送はチャンネルの割り当て(60ch)がなされていたものの、地上デジタル放送(地デジ)への移行が決まっていたため、中継局は開局されなかった。
  • 地デジは2014年11月27日に開局したTVhを除き、2010年12月1日に開局した(当初は2009年に開局予定だった)。枝幸中継局のエリア内である枝幸町南部では2009年1月に開局済の紋別中継局の地デジが受信できる可能性もある。枝幸中継局の地デジ開始の際は枝幸中継局・紋別中継局を両方受信している場合、NHK総合・教育に枝番が付けられる(NHKの放送局名が「旭川」と「北見」で別々にスキャンされるため。民放については道内一律同じ放送局名であるため枝番は付かず、電界強度の高いほうの中継局がスキャンされる)。
  • 当初、枝幸中継局の地デジは以下のチャンネル(周波数)が割り当てられていたが、一部チャンネルで網走送信所と混信(夏場におけるダクト現象により)する可能性が出てきたため周波数が変更されることになった(太字は変更された割り当てチャンネル)。
    • (変更前)16・18・20・22・24・26・28→(変更後)19・26・28・44495152
  • 地上アナログテレビの開局は、NHK総合、教育が1964年9月21日。

FMラジオ放送編集

周波数 放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
89.9MHz NHK
旭川FM
10W 18W 垂直偏波 道北圏
(上川・留萌・
宗谷・北空知)
- -

枝幸問牧中継局と枝幸目梨泊中継局編集

枝幸中継局の電波が受信しにくい両地区に設置されたミニサテライト局。地上デジタルは当初、NHK旭川放送局が開局、TVhを除く民放が自力建設困難となっていたが、2010年に有線放送えさしオプティカルステーション)によるサービスに移行した(当該地域だけでなく、中心市街地及び旧歌登町域を含めた枝幸町内全域でカバーする形式)。

枝幸問牧中継局編集

 
枝幸問牧中継局
チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
36 UHB
北海道文化放送
映像100mW/
音声25mW
映像440mW/
音声110mW
水平偏波 北海道 - -
38 HTB
北海道テレビ放送
40 STV
札幌テレビ放送
42 HBC
北海道放送
44 NHK
旭川総合
道北圏
(上川・留萌・
宗谷・北空知)
46 NHK
旭川教育
全国
(割当なし) TVh
テレビ北海道
(開局せず)

枝幸目梨泊中継局編集

 
枝幸目梨泊中継局
チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
49 NHK
旭川教育
映像100mW/
音声25mW
映像1.95W/
音声490mW
水平偏波 全国 - -
51 NHK
旭川総合
映像1.9W/
音声480mW
道北圏
(上川・留萌・
宗谷・北空知)
53 HBC
北海道放送
映像1.9W/
音声480mW
北海道
55 STV
札幌テレビ放送
57 HTB
北海道テレビ放送
59 UHB
北海道文化放送
(割当なし) TVh
テレビ北海道
(開局せず)
  • 地デジは有線放送でカバーされることになった。

その他編集

放送エリア編集

放送局の管轄編集

  • アナログ放送ではNHK・HBC・STVは旭川放送局の管轄(受信元の中継局は知駒中継局)でHTB・UHBは網走送信所の管轄(受信元の中継局は紋別中継局)の下にあったが、デジタル放送はNHK・民放各局とも旭川送信所の管轄(受信元の中継局は知駒中継局)に統一されている。

テレビ放送での紹介編集

  • NHK旭川放送局の道北・北空知地域向けに放送されるローカルニュースで冬場での枝幸中継局の設備保守および送受信アンテナの除雪の様子が紹介されたことがあった。

脚注・参考資料編集