知駒中継局

知駒中継局(しりこまちゅうけいきょく)は北海道中頓別町上駒の知駒岳(標高:約532m)にある中継局である。

目次

概要編集

  • HBCSTVはアナログ放送では「中頓別中継局」の名称だったが、デジタル放送では「知駒中継局」となっている。[1][2]
  • 稚内テレビ中継局礼文中継局枝幸中継局などあわせて10局近くの中継局へ伝送する重要な役割を果たしている(なお、枝幸中継局のHTB・UHBのアナログ放送は紋別中継局を受信していたが、デジタル放送ではHTB・UHBでも知駒中継局の受信となっている)。
  • 受信元の中継局はNHK・HBC(ともにアナログ)のみ音威子府中継局であって、その他は名寄テレビ中継局

施設概要編集

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

 
知駒中継局
リモコン
キーID
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 HBC
北海道放送
41 100W 1.75kW 水平偏波 北海道 約10,800世帯 2009年
11月20日
2 NHK
旭川教育
46 1.5kW 全国 2009年
1月27日
3 NHK
旭川総合
48 1.6kW 道北圏
上川留萌
宗谷・北空知
5 STV
札幌テレビ放送
36 1.75kW 北海道 2009年
11月20日
6 HTB
北海道テレビ放送
39
7 TVh
テレビ北海道
17→38[3] 2.1kW 2014年
10月10日[4]
8 UHB
北海道文化放送
34 1.75kW 2009年
11月20日
  • 当初の割当では、一部物理チャンネルは札幌(手稲山)デジタル局と同一の予定だったが、ダクト性フェージングと呼ばれる気象現象に基づく電波の異常伝搬現象によって、札幌デジタル局の電波が知駒デジタル局の放送エリアに対して混信をまれに発生させるおそれがあることが判明したことから、混信を回避するため周波数が2008年6月に変更された。[1]
    • 変更された物理チャンネル
      • NHK総合テレビ 15→48
      • NHK教育テレビ 13→46
      • 民放各局 14、19→39、41
  • NHK旭川放送局は、2008年12月10日予備免許交付、12月16日から試験電波発射、2009年1月27日に本免許交付され、同日から本放送を開始した。
  • 民放は、TVhを除く4局が2009年6月2日予備免許交付、10月30日から試験電波発射、11月20日に本免許交付され、同日から本放送を開始した。またTVhは2014年8月25日予備免許交付、8月29日から試験電波発射、10月10日に本免許交付され、同日本放送を開始した。

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
2 NHK
旭川教育
映像250W/
音声63W
映像1.85kW/
音声460W
水平偏波 全国 - 1963年
12月1日
7 STV
札幌テレビ放送
映像2.9kW/
音声720W
北海道 1965年
11月25日
9 NHK
旭川総合
映像2.7kW/
音声690W
道北圏
(上川・留萌・
宗谷・北空知)
1962年
11月1日
11 HBC
北海道放送
映像2.8kW/
音声710W
北海道 1965年
9月21日
38 HTB
北海道テレビ放送
映像1kW/
音声250W
映像18.5kW/
音声4.7kW
-
40 UHB
北海道文化放送
32
(割当のみ)
TVh
テレビ北海道
(開局せず)
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。
  • TVhはチャンネルの割り当て(アナログ32ch)がなされていたものの、デジタル放送移行によるアナログ中継局建設凍結のため、アナログ中継局は未開局のまま放送終了となった(32chはSTVデジタルテレビの名寄稚内両中継局で使用している)。
  • デジタル放送については宗谷方面への電波中継の基幹局となる和寒中継局2012年10月30日に、名寄中継局も2012年12月27日にそれぞれ開局したことに加え、中頓別町と周辺町村の金銭支援次第が得られる見込みが立ったことから、上述の通り2014年10月10日に開局した。なお、留萌北部羽幌中継局を受信できる場合があり、中でも遠別町ではVHFアンテナ1本・UHFアンテナ2本で知駒(VHF・UHF)・羽幌(UHF)の両中継局にアンテナを向けている世帯が多く見られる。
  • TVhのデジタルテレビのチャンネルについては、礼文中継局のNHK旭川教育のチャンネルに2014年9月29日付で転用されたため、割り当てが17chから38chに変更となった。

FMラジオ放送編集

周波数 放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
89.1MHz NHK
旭川FM
1kW 6.6kW 水平偏波 道北圏
(上川・留萌・
宗谷・北空知)
- 1969年3月1日
1965年12月23日

その他編集

放送エリア編集

当中継局の標高が532mと比較的高くテレビ・FMとも送信出力・ERPが高い。高性能アンテナや受信機などによって多少異なるが、基本的には

上川管内中川町の一部の地区・音威子府村の一部も当中継局を直接受信しているが、音威子府村の一部では名寄中継局でもカバーしている。(北海道総合通信局の発表によると、音威子府村や留萌北部の遠別町は正式な知駒中継局の地デジ放送のカバーエリアではない)
  • 遠別町では直接受信できても電界強度が低く、音威子府村や中川町でも放送波を直接受信できる世帯が少ないことから、全戸を光ファイバー網を通じて共聴施設からの電波を視聴できるように工事が行われ、難視聴を解消した。
  • FMラジオでは上記のほか稚内市中心部、留萌中部小平町北部、上川管内北部および紋別市以北のオホーツク管内沿岸北部の一部でも受信できる地域がある(テレビ放送も受信できないことはないが、受信感度が劣化する場合もある。和寒町など旭川市に近い地域では一部チャンネルが出力の強い旭川送信所和寒中継局と重複するため、FMのみとなる)。

地上デジタル放送編集

  • 上述の通り2014年10月10日に開局したTVhを除き、2009年(NHKは1月27日、民放は11月20日)に開局した(当初はNHK旭川放送局のみ2008年開局の予定だった)。

施設編集

  • NHKはデジタルテレビ・FMラジオ共通で単独使用。
当初はアナログテレビ中継局として開局し、その後、FM放送設備・デジタル放送設備も追加で設置された。
送信アンテナ・鉄塔はFMラジオ(局舎の上。かつてはアナログテレビも送信)とデジタルテレビ(UHF 旭川送信所のデジタル放送と同じく円柱型)の2つに分かれている
かつては1976年から2011年7月24日までHTB・UHB共同のアナログテレビ中継局もNHKの施設に相乗りして送信を行なっていた(鉄塔・送信アンテナは新規建設)が、次項にあるとおり、HTB・UHBのデジタル放送については民放全局共同で新設した局舎から送信されるためデジタル完全移行後、再びNHK単独の施設となった。
NHK局舎にあったロゴマークは、HTBが旧ロゴが青色なのにもかかわらず赤色(デジタル局舎は現行のロゴ)。NHKが旧ロゴ、UHBが1983年発表時の「uhb」となっていた(デジタル局舎も現行のロゴ)。また、局舎入口の表札の和文ロゴはHTB・UHB共に旧ロゴである。
  • 民放各局のデジタル放送は共同使用
局舎はデジタル化の際に新規建設。自立式鉄塔・UHF送信アンテナはこれまでNHKの中継局舎からHTB・UHBアナログテレビの送信に使用されていたものをそのまま使用している。
  • アナログ放送設備のみ設置されていたHBCとSTVはそれぞれ単独となっていた(ともに2011年7月24日で運用を終えた)。
ロゴマークはHBCは旧ロゴ(デジタル局舎は現行のロゴ)、STVは開局時の正式ロゴ(デジタル局舎は2000年以降のロゴ)となっている。

その他編集

  • アナログテレビジョン放送は、民放各局については音声多重放送非実施(NHK旭川放送局は実施)。アナログデータ放送・字幕放送はNHK・民放とも実施していたが、特殊な機器を使わないと楽しめなかった。
  • デジタルテレビジョン放送は、音声多重放送・データ放送・字幕放送を一般のテレビでも楽しめる。

脚注・参考資料編集

関連項目編集