柳家 小満ん(やなぎや こまん)は、芸人名跡。当代は落語家で、3代目を名乗る。

代外編集

初代編集

いずれを初代とするか不明だが、飯泉真寿美の小満ん(後述)を2代目とし、以降代数を重ねる。

  • 柳家小まん(1856年3月 - 没年不詳) - 元芸者。1880年代前後から寄席に清元節で出演、1910年代初期まで確認できる。本名:金沢 まん。
  • 柳家小まん - 後の三遊亭桃生
  • 柳家小まん - 後の歌沢寅小満音曲師。本項にて記述。

歌沢寅小満編集

柳家 小まん(やなぎや こまん)、のちの歌沢 寅小満(うたざわ とらこま、1873年1月 - 没年不詳)は、音曲師。本名:梅村 わか。

歌沢うたさわ 寅小満とらこま
本名 梅村 わか
生年月日 1873年1月
没年月日 不詳年
師匠 2代目富士松ぎん蝶
2代目古今亭今輔
3代目柳家小さん
寅派
名跡 1.富士松小ぎん(不詳)
2.古今亭小今(不詳)
3.柳家枝女壽(? - 1895年)
4.柳家小春(1895年 - 1897年)
5.柳家小三代(1897年 - 1902年)
6.柳家小まん(1902年 - ?)
7.歌沢寅小満(不詳)
家族 古今亭今坂(父)

略歴・人物編集

古今亭今坂(梅村竹次郎)の娘。2代目富士松ぎん蝶の門で小ぎん。2代目古今亭今輔の門で小今を名乗る。のちに柳家枝女寿に改名。1895年3月に3代目柳家小さん門で柳家小春1897年頃に柳家小三代を名乗る。1902年に柳家小まんとなる。

大正期にうた沢寅派に入り、歌沢寅小満(歌澤寅小満)を名乗った。没年は昭和初期頃と推測される。

芸風編集

常盤津から清元まで幅広い芸風であった。

2代目編集

2代目 柳家やなぎや 小満こま
本名 飯泉 真寿美
生年月日 1892年9月2日
没年月日 (1972-06-29) 1972年6月29日(79歳没)
師匠 2代目三遊亭圓遊
4代目蝶花楼馬楽
名跡 1.三遊亭遊喬(不詳)
2.蝶花楼花蝶(? - 1934年)
3.2代目柳家小満ん(1934年 - ?)
活動内容 落語家
百面相
家族 4代目柳家小せん(子息)

2代目 柳家 小満ん(にだいめ やなぎや こまん、1892年9月2日 - 1972年6月29日)は、元落語家百面相の芸人。本名:飯泉 真寿美。

略歴・人物編集

最初は天狗連に属し、浜九里を名乗った。1910年代に2代目三遊亭圓遊に入門し、三遊亭遊喬の名を与えられる。それ以降十数年にわたり旅巡業を続けた。結婚し子供が生まれたため東京に戻り、4代目蝶花楼馬楽(のちの4代目柳家小さん)の門下に転じ、蝶花楼花蝶と改名。1934年昭和9年)11月に柳家小満んとなる。

目が悪く、ほとんど見えなかったというが、なぜか実在人物の特徴をつかんで真似るのが得意だった[1]。1955年ごろまで高座に出たが、目が一段と悪くなり引退した。

4代目柳家小せんは実子。

3代目編集

3代目 柳家やなぎや 小満こま
本名 栗原くりはら おさむ
生年月日 (1942-02-17) 1942年2月17日(79歳)
出身地 神奈川県横浜市
師匠 8代目桂文楽
5代目柳家小さん
弟子 柳家さん生
柳家一九
名跡 1. 桂小勇
(1961年 - 1975年)
2. 3代目柳家小満ん
(1975年 - )
出囃子 酔醒々
活動期間 1961年 -
所属 落語協会
受賞歴
1973年 NHK新人落語コンクール 最優秀賞

3代目 柳家 小満ん(やなぎや こまん、1942年2月17日 - )は、落語協会所属の落語家。本名:栗原くりはら おさむ出囃子は『酔猩々』。

略歴編集

神奈川県横浜市生まれ。横浜市立金沢高等学校卒業、東京農工大学繊維工学部中退。

1961年5月、8代目桂文楽に入門し桂小勇を名乗る。1965年3月、二ツ目に昇進。

1971年12月、師匠文楽の死去にともない、5代目柳家小さん一門に移籍。1975年9月、真打昇進で3代目小満ん襲名。

1969年に本牧亭で「桂小勇の会」としてスタートした独演会「柳家小満んの会」は、2019年11月に300回、満50年を迎えている[2]

文字で記録し、ワープロで出力した自身の落語を2015年から「てきすと」と名づけた書籍として自費出版し、一般に通信販売している[3]

受賞歴編集

得意な演目編集

著書編集

  • 落語とおんな 女性男議(サンケイ出版 1981年)
  • さんずいをつけて繰り出す(北越出版 1988年)
  • 信号待ちで気が変わり(北越出版 1992年)
  • わが師、桂文楽(平凡社 1996年)
  • 江戸東京落語散歩 噺の細道を歩く(河出書房新社 2009年)
  • 柳家小満ん『塩原多助一代記』を読み解く 落語で愉しむ江戸の暮らし(光文社知恵の森文庫 2013年)
  • 小満んのご馳走 酒・肴・人・噺(東京かわら版新書 2015年)

CD編集

弟子編集

外部リンク編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 立川談志『談志楽屋噺』(文春文庫、1990年)p.110
  2. ^ 横井洋司(写真) (2020-4-28). 佐藤友美. ed. 横井洋司の写真館拡大版  開催300回突破「柳家小満んの会」. 東京かわら版 5月号. p. 40 
  3. ^ 永井優子 (2018年1月28日). “落語家が話芸を活字で残す理由 柳家小満ん師匠すでに27巻をネット通販”. 産経ニュース. 産経デジタル. 2021年4月20日閲覧。

出典編集

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社ISBN 458212612X
  • 古今東西噺家紳士録