メインメニューを開く

柳家 小袁治(やなぎや こえんじ、1948年(昭和23年)10月12日 - )は、東京都千代田区外神田[1]出身の落語家落語協会所属。本名は関根誠。東京都立三田高等学校卒業。出囃子は『おはん』。

柳家 小袁治やなぎや こえんじ
本名 関根 誠
生年月日 (1948-10-12) 1948年10月12日(71歳)
出身地 日本の旗 日本東京都千代田区
師匠 5代目柳家小さん
名跡 1. 柳家マコト(1967年 - 1972年)
2. 柳家さん治(1972年 - 1981年)
3. 柳家小袁治(1981年 - )
出囃子 おはん
活動期間 1967年 -
所属 落語協会
公式サイト 公式サイト

略歴編集

  • 1967年(昭和42年)2月3日 - 5代目柳家小さんに入門。前座名はマコト。
  • 1972年(昭和47年)11月 - さん治で、二つ目に昇進。
  • 1981年(昭和56年)9月 - 小袁治で、真打昇進。

人物編集

師弟関係等編集

  • 10代目柳家小三治に弟子入り志願するも、小三治がまだ二つ目(当時さん冶)で弟子が取れないため、その師匠の5代目柳家小さんに入門した。
  • 二つ目で小三治の前名のさん冶を襲名した。
  • 師匠に破門された兄弟子の立川談志とも、懇意にしていた。実家の電器屋の顧客だったという。「金を払ってもらった記憶はないけどね。」
  • 真打昇進は、林家九蔵(現:三遊亭好楽)、柳家さん八及び土橋亭里う馬の四人での同時昇進。

活動編集

  • 出前寄席という、お客のところへ自ら出張する落語会を受け付けている。地元・堀切でも落語会を開くなど、活発に活動している。
  • 宮城県仙台市山形県真室川町(妻の出身地)、福島県南相馬市など、南東北には頻繁に通っており、年一回は東北ツアーと銘打ち、落語会を開催。顔付けからポスター作成まで自らこなしている。
  • 東京と仙台にそれぞれ後援会がある。  
  • 金明竹」は東北弁で演じるのを得意とする。
  • ブログtwitterをはじめ、この年代の噺家としてはITに明るいこともあり、落語協会のホームページ委員を務めている。

その他編集

  • 野球巨人の大ファン。
  • 好きで、ポン酢作りが趣味。
  • 小三治が主催するゴルフコンペの終身幹事。
  • 親の介護経験についての講演も行っている。

脚注編集

  1. ^ 現在の秋葉原電気街で、実家の面影は全くない。

外部リンク編集