春風亭一朝

日本の落語家

春風亭 一朝(しゅんぷうてい いっちょう、1950年12月10日 - )は、東京都足立区出身の落語家落語協会所属。本名∶浮ヶ谷 克美出囃子は『菖蒲浴衣』。

春風亭しゅんぷうてい 一朝いっちょう
.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}春風亭(しゅんぷうてい) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}一朝(いっちょう)
春風亭一朝定紋「沢瀉」
本名 うき 克美かつみ
別名 鳳聲 克美 (歌舞伎笛方)
生年月日 (1950-12-10) 1950年12月10日(70歳)
出身地 日本の旗 日本東京都足立区
師匠 五代目春風亭柳朝
弟子 六代目春風亭柳朝
春風亭一之輔
春風亭三朝
春風亭一左
春風亭一蔵
春風亭朝之助
春風一刀
春風亭一花
春風亭一猿
春風亭朝枝
名跡 1. 春風亭朝太郎
(1970年 - 1973年)
2. 春風亭一朝
(1973年 - )
出囃子 菖蒲浴衣
活動期間 1970年 -
所属 落語協会
受賞歴
第4回国立演芸場花形新人大賞(1984年)
文化庁芸術祭優秀賞受賞(1986年)
第30回浅草芸能大賞奨励賞(2013年)
備考
落語協会理事付役員(2001年 - 2006年)
落語協会理事(2006年 - 2010年)

経歴編集

東京都立化学工業高等学校卒業後1968年3月、五代目春風亭柳朝に入門。1970年4月に前座になる。前座名・朝太郎

1973年9月に三遊亭勝馬柳家せん八と共に二ツ目昇進、一朝に改名。大師匠彦六が、若い頃に稽古をつけて貰っていた「三遊一朝」の名を貰っている。1980年3月、弟弟子春風亭小朝が一朝よりも先に真打昇進する。

1982年12月に初代古今亭志ん五七代目三遊亭圓好四代目吉原朝馬、春風亭一朝、三代目三遊亭小金馬柳家せん八六代目古今亭志ん橋立川談生立川左談次六代目立川ぜん馬で真打昇進。この頃師匠柳朝が脳梗塞に倒れる。

1984年 第4回国立演芸場花形新人大賞、1986年 文化庁芸術祭優秀賞を受賞。

1991年2月7日、師匠柳朝死去。 2007年3月、総領弟子朝之助が六代目春風亭柳朝を襲名し、真打昇進する。2012年3月 二番弟子一之輔が21人抜きの大抜擢で真打昇進する。

2013年 第30回浅草芸能大賞奨励賞受賞。2020年3月 第70回芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)受賞[1]

芸歴編集

役職編集

  • 2001年10月∶理事付役員就任。
  • 2006年6月∶落語協会理事就任。
  • 2010年∶理事職を退任。

人物編集

イッチョウ懸命(一生懸命の“一生”と“一朝”をかけたもの)…(大半はこの後に「頑張ります」などが続く)」がキャッチフレーズ。

五代目春風亭柳朝の総領弟子。師匠柳朝と同じく江戸前噺家である。またNHK大河ドラマ龍馬伝』の江戸ことば指導も行なった。

柳朝の師匠八代目林家正蔵にとって最初の孫弟子である。実際に、最初に入門を願い出た先は彦六の門であり、当時は林家あとむ林家九蔵の2人が前座の身でこれ以上は面倒が見切れないということから、総領弟子柳朝に頼み、柳朝も快く引き受けたというエピソードがある。

趣味とするは、歌舞伎や落語での囃子を担当する程の名手。妻は歌舞伎役者五代目片岡市蔵の娘である。

柳家小袁治林家ぎん平三遊亭小金馬林家とんでん平柳家福治と共に勉強会「あやめ寄席」メンバーだった。

メディア編集

CD編集

出演編集

  • 御法度落語 おなじはなし寄席!(2021年2月20日、BS朝日)「あたま山

一門弟子編集

真打編集

二ツ目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集