栃木兄弟誘拐殺人事件

栃木兄弟誘拐事件(とちぎきょうだいゆうかいじけん)は、2004年9月11日栃木県小山市で兄弟(4歳と3歳)が誘拐され後日、遺体で発見された事件。被害者家族が同居していた家の家主の男が逮捕された。

事件の経過編集

編集

[ヘルプ]
  1. ^ 本来、小山市は宇都宮地方裁判所栃木支部(栃木市)の管轄で、本事件のように合議事件は栃木支部でも取り扱っているが、実際には宇都宮地方裁判所本庁(宇都宮市)で行われた。

参考文献編集

  • 『殺人現場を歩く2』2、ミリオン出版、2006年7月21日。ISBN 4813020429

類似事件編集