栗生澤淳一

バレーボール選手

栗生澤 淳一(くりうざわ じゅんいち、1965年2月25日 - )は、日本の元男子バレーボール選手、バレーボール指導者。岩手県大船渡市出身。元バレーボール日本男子代表代表。

栗生澤 淳一
Junichi Kuriuzawa
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1965-02-25) 1965年2月25日(58歳)
出身地 岩手県大船渡市
ラテン文字 Junichi Kuriuzawa
身長 191cm[1]
体重 75kg[2]
血液型 A型[2]
選手情報
所属 JTサンダーズ
愛称 ジュンイチ[2]
役職 部長
ポジション センター[1]
指高 240cm[2]
スパイク 346cm[2]
テンプレートを表示

現福井工業大学バレーボール部監督[3]

来歴 編集

大船渡高、中央大学を経て、1987年日本たばこ産業(JT)広島支店に入社、日本たばこバレー部に入部。主力センターとして活躍した。[1][4]

その活躍から全日本代表に選抜される。1992年バルセロナオリンピック出場、アジア選手権には3度出場し、1989年準優勝1991年優勝1993年3位に貢献した。[1][4]

1994年から始まったVリーグにもJTサンダーズの一員として引き続き参加。1998年現役を引退[1]

直後から母校中央大学バレー部監督に就任し6年間務めた[4]。 2006年5月、オレーク・アントロポフの下、JTサンダーズのコーチに就任した[4]。翌2007年、リーグ開幕前にアントロポフが体調不良により帰国したため監督代行を務め[5]同年の天皇杯で優勝した[6]。2008年6月にコーチを勇退[7]

その後はJTサンダーズ副部長を務め[7]、2010年からは部長に昇格した。2013年、低迷していたチームを改革するためヴェセリン・ヴコヴィッチを監督に招聘し越川優を補強、これが実りJTを立て直し、2014/15シーズンにはクラブ史上初のリーグ優勝となった[8]。これを評価され2013/14シーズンにVプレミアリーグ優秀GM賞を受賞している。

エピソード 編集

  • 選手時代の偉業を記念して、地元大船渡に「栗生澤杯大船渡ポートサイドバレーボール大会」という高校年代の大会が開催されている。

略歴 編集

球歴 編集

出典 編集

  1. ^ a b c d e f チームトピックス”. JT公式(Internet Archive). 2010年9月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e 月刊バレーボール1989年1月号臨時増刊 '89チームの顔 53ページ
  3. ^ 新メンバーの紹介【ウェルネス&スポーツサイエンスセンター】 | ウェルネス&スポーツサイエンスセンター”. 福井工業大学. 2024年2月11日閲覧。
  4. ^ a b c d 新コーチに栗生澤淳一が就任”. JT公式 (2006年5月). 2010年9月17日閲覧。
  5. ^ “JT最終戦飾り6位 バレープレミアL男子”. 中国新聞. (2008年3月24日). http://www.chugoku-np.co.jp/sports/Sp200803240101.html 2010年9月17日閲覧。 
  6. ^ “全日本選手権レポート” (pdf). 日本バレーボール協会公式. (2008年1月6日). http://www.jva.or.jp/tournament/2007/alljapan/final/15110_1.pdf 2010年9月17日閲覧。 
  7. ^ a b 栗生澤コーチ、平野選手、臺選手が勇退”. JT公式 (2008年6月). 2010年9月17日閲覧。
  8. ^ 【男子バレー】JT創部84年目の初V。チームを変えた3人の男たち”. スポルティーバ (2015年4月6日). 2015年4月15日閲覧。
  9. ^ Vリーグ機構. “2013/14 V・プレミアリーグ 男子表彰選手”. 2014年4月14日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集