福井工業大学

日本の私立大学

福井工業大学(ふくいこうぎょうだいがく、英語: Fukui University of Technology)は、福井県福井市学園3-6-1に本部を置く日本私立大学である。1950年創立、1965年大学設置。大学の略称はFUT。 1950年に創設された北陸電気学校を母体とする。

福井工業大学
FUTTOWER.JPG
F.U.Tタワー
大学設置 1965年
創立 1950年
学校種別 私立
設置者 学校法人金井学園
本部所在地 福井県福井市学園3-6-1
キャンパス 福井キャンパス(本部、福井市学園3丁目)
あわらキャンパス(福井県あわら市
学部 工学部
環境情報学部
スポーツ健康科学部
研究科 工学研究科
ウェブサイト https://www.fukui-ut.ac.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1949年4月 - 福井市豊島上町93番地に北陸電気学校(夜間)を創設。
  • 1950年4月 - 中学校卒業を入学資格とする2年制と夜間1年制の専科を有する北陸電気専門学校を創設。
  • 1952年
    • 4月 - 2年制を3年制とし、高等学校教科書による単位取得に改める。
    • 11月 - 福井市東明里町29番地に移転。
  • 1958年4月 - 北陸電気専門学校に建設科を増科。
  • 1959年
    • 2月 - 学校法人金井学園設立認可。
    • 4月 - 北陸電気専門学校は福井実業高等学校となる。
    • 11月 - 福井市東明里町20番地(現町名:学園3-6-1)に校舎新築移転落成。
  • 1965年4月 - 福井工業大学(工学部電気工学科、機械工学科)開学。
  • 1966年4月 - 建設工学科、教職課程設置。大学1号館落成。
  • 1967年4月 - 建設工学科を建築専攻、土木専攻に専攻分け。
  • 1972年4月 - 電気工学科を電気専攻、電子専攻に専攻分け。
  • 1973年
    • 3月 - 電子計算機室開設。
    • 4月 - 応用物理学科(環境安全専攻、原子力専攻)設置。大学2号館落成。
  • 1975年10月 - カナイ産業工学研究所創設。
  • 1977年 - 大学2号館増築落成。
  • 1978年4月 - カナイ産業工学研究所を福井工業大学産業工学研究所に改称。
  • 1979年4月 - 応用物理学科を環境安全工学科と改称。
  • 1982年4月 - 電気工学科の専攻を電気工学専攻、電子工学専攻と、建設工学科の専攻を建築学専攻と土木工学専攻と改称。
  • 1983年4月 - 機械工学科を機械工学専攻と電子機械専攻に専攻分け。
  • 1984年 - 芦原キャンパス(現在のあわらキャンパス)竣工。
  • 1985年4月 - 福井工業大学大学院工学研究科修士課程(機械工学専攻、建設工学専攻、環境安全工学専攻)設置。環境安全工学科を安全工学専攻と環境工学専攻に専攻分け。
  • 1986年4月 - 工学研究科修士課程に電気工学専攻設置。福井工業大学別科工学専修科(電気工学専攻、機械工学専攻、安全工学専攻、建築学専攻)設置。
  • 1987年4月 - 経営工学科設置。金井講堂、大学研究棟(5号館)落成。
  • 1988年
    • 4月 - 環境安全工学科を応用理化学科と改称、専攻は廃止。
    • 5月 - 金井学園電子計算機センター開設。
  • 1989年4月 - 大学院工学研究科の環境安全工学専攻を応用理化学専攻に改称。別科(工学専修科)に土木工学専攻、化学計測専攻、経営情報学専攻を開設。自動車整備実習棟(7号館)落成。
  • 1990年4月 - 大学院工学研究科博士課程(電気工学専攻、応用理化学専攻)設置。
  • 1992年 - 金井学園「正倉院」落成。
  • 1996年 - 金井学園温泉総合健康増進センター落成。
  • 1997年4月 - 福井工業大学技術システム研究館落成。
  • 1998年4月 - 応用理化学科を応用科学専攻と介護福祉工学専攻に専攻分け。
  • 1999年4月 - 経営工学科をマルチメディア工学専攻と経営デザイン工学専攻に専攻分離。福井工業大学芦原キャンパス体育館落成。
  • 2000年4月 - 機械工学科の専攻を廃止。
  • 2001年4月 - 宇宙通信工学科設置。電気工学科を電気電子工学科に改称し、専攻を廃止。建設工学科の土木工学専攻を地球環境工学専攻に改称。福井工業大学芦原キャンパス(現在のあわらキャンパス)に宇宙通信用パラボラアンテナ完成。
  • 2002年4月 - 応用理化学科の応用科学専攻を環境・生命未来工学専攻と改称。福井工業大学産業工学研究所を産学共同研究センターに改組。
  • 2003年4月 - 応用理化学科を環境・生命未来工学科と改称。SSL(Student Space Laboratory)開所しパラボラアンテナを活用した研究を開始[1]
  • 2004年
    • 4月 - 経営工学科を経営情報学科と改称。経営デザイン工学専攻を経営情報システム工学専攻と改称。高層教育研究施設「FUTタワー」落成。
    • 10月 - 学生生活センター開設。
  • 2005年4月 - 原子力技術応用工学科設置。FUTメカニックセンター開設。
  • 2006年4月 - 地球環境工学専攻を土木環境工学専攻と改称。学習支援センター開設。
  • 2007年 - 福井街角放送との連携によりサテライトスタジオ「FUTスクエア」開設。
  • 2008年4月 - 経営情報学科のマルチメディア工学専攻、経営情報システム工学専攻を廃止。
  • 2009年4月 - デザイン学科設置。建設工学科建築学専攻を建築学科に、建設工学科土木環境工学専攻を土木環境工学科にそれぞれ改組。電気電子工学科を電気電子情報工学科に、環境・生命未来工学科を環境生命化学科に、宇宙通信工学科を宇宙情報科学科にそれぞれ改称。
  • 2010年
    • 4月 - 宇宙情報科学科の学生募集停止。
    • 9月 - 福井工業大学カールマイヤーグランド落成。
  • 2011年
    • 4月 - 産業ビジネス学科設置。キャリアセンター開設。
    • 5月 - 図書館付属ラーニングコモンズ開設。
  • 2012年
    • 4月 - 土木環境工学科と建築学科を建築生活環境学科に改組。大学院工学研究科に応用理工学専攻(博士前期課程博士後期課程)、社会システム学専攻(博士前期課程、博士後期課程)設置。大学院工学研究科電気工学専攻(修士課程、博士後期課程)、応用理化学専攻(修士課程、博士後期課程)、機械工学専攻(修士課程)、建設工学専攻(修士課程)、情報学専攻(修士課程)の学生募集停止。
    • 10月 - インターナショナルセンター開設。
  • 2013年4月 - FUT福井城郭研究所開設。
  • 2014年4月 - クラブ活動支援センター開設。
  • 2015年4月 - 環境情報学部(環境・食品科学科、経営情報学科、デザイン学科)、スポーツ健康科学部(スポーツ健康科学科)設置。工学部の電気電子情報工学科を電気電子工学科に、建築生活環境学科を建築土木工学科に改称。工学部のデザイン学科、経営情報学科、産業ビジネス学科、環境生命化学科の学生募集停止。産学共同研究センターを地域連携研究推進センターに改称。
  • 2023年4月 - 環境情報学部経営情報学科を「経営情報学部」に移行すし、環境情報学部は環境学部に改称し、工学部、スポーツ健康科学部と合わせ、4学部8学科体制へと拡充する。[2][3]

学部・学科編集

大学院編集

  • 工学研究科
    • 応用理工学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
      • 電気電子情報工学コース
      • 宇宙情報科学コース
      • 機械工学コース
      • 環境生命化学コース
      • 原子力技術応用工学コース
    • 社会システム学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
      • 土木環境工学コース
      • 建築学コース
      • 経営情報学コース
      • デザイン学コース

キャンパス編集

福井キャンパス編集

  • 福井県福井市学園三丁目6番1号
    • 地上16階建、高さ63.5mの「FUTタワー」[5]をはじめ、大学本部と各学部が所在するメインキャンパス。

あわらキャンパス編集

  • 福井県あわら市北潟213字21番地
    • スポーツ健康科学部のメインキャンパス。北潟湖畔に位置しており、キャンパス内にはパラボラアンテナが設置されている[1]2022年夏には大型のパラボラアンテナを設置し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所との共同研究を開始する予定となっている[1]。設置予定のパラボラアンテナは、地球から80万km離れた人工衛星と通信できる性能があり、JAXA以外では日本で唯一のものとなる[1]

その他編集

  • 福井工業大学カールマイヤーグラウンド[6]:福井県吉田郡永平寺町松岡上吉野72字平野山1番1
    • 野球場サッカー場などを有する総合グラウンド。グラウンド名は、ドイツ実業家カール・マイヤーが、福井県の地場産業に貢献し1983年に福井工業大学客員名誉教授の称号を授与したことが端緒となっている[7]

大学関係者と出身者編集

大学関係者編集

  • 理事長 金井兼
  • 学長 森島洋太郎

大学出身者編集

対外関係編集

地域・企業などとの連携編集

地方公共団体商工会議所

特記がないものはすべて福井県内。

  • 勝山市:産業、文化、学術などの分野における相互協力協定
  • あわら市:教育、文化、産業、学術、政策形成などの各分野における相互協力協定
  • 鯖江市・鯖江商工会議所:産業、学術、文化、教育などの分野における相互協力協定
  • 福井市:学術、まちづくり、産業、教育などの分野における相互協力協定
  • 敦賀市・敦賀商工会議所:産業、学術、文化、教育などの分野における相互協力協定
  • 坂井市:防災、教育、観光・産業、政策形成などの分野における相互協力協定
  • 越前市・武生商工会議所・越前市商工会議所:ひとづくり、ものづくり、まちづくりの分野においての地域連携協定
  • 若狭町:産業、観光、学術、文化、教育などの分野における相互協力協定(金井学園として締結)
  • 大野市:産業、学術、文化、教育、環境などの分野における相互協力協定
  • 池田町:文化、教育、学術、産業、環境などの分野における相互連携協定
民間企業など
  • 福井銀行:地域の産学連携推進における連携協力協定
  • サカイオーベックス:教育・研究、研究成果の事業化、人材交流、人材育成等の分野における包括的連携協力協定
  • アイビックス:教育・研究、研究成果の事業化、人材交流、人材育成等の分野における包括的連携協力協定
  • 福邦銀行:地域の産学連携推進における包括的連携協力協定
  • 日本原子力研究開発機構:研究施設、人材等の活用と教育の充実における連携協力協定
  • 大塚製薬(名古屋支店):スポーツの振興ならびに学生・生徒・教職員の健康増進に関する連携協力協定

他大学などとの関係編集

国内編集

国外編集

併設校・関連校編集

現在
各専門学校は学校法人新和学園の学校であったが、2021年に金井学園が存続法人となり運営統合。
過去

提供番組編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e “直径16.5メートルパラボラアンテナ 22年夏、あわらに設置”. 中日新聞Web. (2020年12月16日). オリジナルの2020年12月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201216010324/https://www.chunichi.co.jp/article/170944 2022年1月2日閲覧。 
  2. ^ 福井工業大学が環境情報学部を再編…経営情報学部新設、環境学部に改称 ICT分野の人材育成視野 | 学校・教育 | 福井のニュース” (日本語). 福井新聞D刊. 2022年6月24日閲覧。
  3. ^ 福井工業大学”. www.fukui-ut.ac.jp. 2022年6月24日閲覧。
  4. ^ “雨水が原料のサイダーを開発 販売可能な水質、福井工大がクリア”. 朝日新聞デジタル. (2021年11月16日). オリジナルの2021年11月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211116170052/https://www.asahi.com/articles/ASPCJ3QNMPCBPISC014.html 2022年1月2日閲覧。 
  5. ^ FUTタワー - 福井工業大学
  6. ^ “福井工大 投手力に磨き”. 読売新聞オンライン. (2021年6月6日). オリジナルの2021年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210605233252/https://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20210605-OYTNT50041/ 2022年1月2日閲覧。 
  7. ^ Campus of One Day - 学園施設紹介#02 FUTカールマイヤーグラウンド”. 金井学園 (2021年11月24日). 2022年1月2日閲覧。
  8. ^ “装甲車や戦闘機、リオ五輪メダリストも登場 福井で自衛隊パレード”. 産経ニュース. (2016年10月2日). https://www.sankei.com/article/20161002-RWQNRUYQORLPDB6SK6OBTKVROY/ 2022年1月2日閲覧。 
  9. ^ “見延和靖の日本、銀メダル以上確定 フェンシング男子エペ団体が決勝進出 東京五輪2020”. 福井新聞ONLINE. (2021年7月30日). オリジナルの2021年7月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210730062329/https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1368105 2022年1月2日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集