メインメニューを開く
根岸湾岸、横浜市民ヨットハーバー付近

根岸湾(ねぎしわん)は、東京湾西岸の、横浜市中区本牧岬付近から金沢区富岡付近の鴻ノ巣鼻にかけての半円形の海域[1]磯子湾と呼ばれることもある。幕末以降、ペリー艦隊の蒸気船ミシシッピにちなんで、おもに外国人のあいだでミシシッピ湾とも呼ばれた[2]

歴史編集

1978年発行の『磯子の史話』によると、「1885年(明治18年)に、一帯の村々が同業組合を作った際に、根岸村が活躍の中心になっていたので、根岸の地先の海ということから根岸湾と呼ぶようになった」との記述がある。1893年(明治26年)に海上保安庁が刊行した『東京湾海図』に根岸湾の表記が見られ、根岸湾の名称が使われるようになったのは明治以降とみられている[1]

地理編集

水深は浅く、元々の海岸沿いには高さ50m前後の切り立った海食崖がそびえている(屏風浦の語源)。湾に注ぐ河川は、堀割川大岡川分水路の2本の人工河川の他には禅馬川や杉田川などの小規模な川がある程度である。1933年時点で12ヶ所の海水浴場があり、海苔の養殖なども行われていたが、1960年代の埋立事業により、現在は自然の海岸線は残っていない。磯子区の丘陵地帯には湾岸の工場労働者の住宅供給を目的として汐見台団地が作られ、1963年に入居が始まった。

親水施設など編集

1965年には海水浴場の代替施設として横浜プールセンターがオープン。1968年3月にはそれまでは横浜港の山下公園近くにあった横浜市民ヨットハーバー(当時の名称は横浜市ヨットハーバー)が横浜港の港湾整備の影響でこの根岸湾に移ってきた。1983年5月1日、新磯子町の、半島状の埋立地の突端付近に「いそご海づり場」(磯子海づり施設)がオープン[3]2007年には雨水滞水池の屋上を活用した「磯子・海の見える公園」が開園した。

埋立編集

根岸湾の埋立事業は1870年から1873年にかけての堀割川河口の波止場、1889年の杉田付近の2,000坪の住宅用地造成以降が記録に残っており、1940年代以前に行われた埋立はいずれも小規模なものであったが1898年に華族の奥田直弘が出願した工業用地としての埋立計画は延長7.1km、幅60m - 3.0km、面積1,166ヘクタールと現在の埋立地より広大なものであった。その後住宅用地、国際観光基地など幾度かの計画変更があったが、1957年の国際港都建設総合基幹計画により、工業港湾・大規模臨海工業地帯としての埋立が正式に決定し、横浜市埋立事業局により施工された。

  • 第2期ロ地区 (竣工認可面積38万8千m2 現:磯子区新杉田町)
    • 工期 - 1961年7月 - 1964年12月
    • 工費 - 90億7千万円
    • 進出企業 - IHI

脚注編集

  1. ^ a b 『根岸湾の埋立て』p3
  2. ^ 伊藤久子「ペリー艦隊がつけた地名」『開港のひろば』第84号、横浜開港資料館、2004年4月28日、2015年5月26日閲覧。
  3. ^ 磯子区歴史年表(磯子区役所刊)

参考文献編集

  • 横浜市港湾局臨海開発部『横浜の埋め立て』、1992年3月31日。
  • 塙 惠弘『根岸湾の埋立て』新生出版、2008年10月25日。ISBN 978-4-86128-886-9

関連項目編集

外部リンク編集