メインメニューを開く

梅小路京都西駅

日本の京都府京都市下京区にある西日本旅客鉄道の駅

梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)は、京都府京都市下京区観喜寺町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である[2]。駅番号はJR-E02

梅小路京都西駅
Umekoji-Kyotonishi Station, ekisha.jpg
駅舎
うめこうじきょうとにし
Umekōji-Kyōtonishi
JR-E01 京都 (1.7km)
(0.8km) 丹波口 JR-E03
所在地 京都市下京区観喜寺町3番地
駅番号 JR-E02
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 E 山陰本線嵯峨野線
キロ程 1.7km(京都起点)
電報略号 シヨ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2019年平成31年)3月16日
備考 直営駅
みどりの券売機プラス設置駅
京 京都市内[1]
テンプレートを表示

嵯峨野線」の愛称区間に含まれている。2019年3月16日に開業し、山陰本線では2008年3月15日の梶栗郷台地駅以来11年ぶりの新駅開業となった。

歴史編集

建設の経緯編集

近隣に所在する梅小路公園には梅小路蒸気機関車館2012年3月14日に開業した京都水族館があり、さらに、梅小路蒸気機関車館が拡張・改装されて2016年4月29日京都鉄道博物館となり観光客が大幅に増加したが、最寄り駅である京都駅から約1.7km離れていることからアクセスがしばしば議論の的となっていた。2014年5月、京都商工会議所は観光客の利便と地域経済振興を図るため京都駅 - 丹波口駅間への新駅設置を提案したほか、同年8月には京都市も検討を開始した。

2015年2月2日、京都市はJR西日本と新駅設置の合意書に署名し、新駅の総建設費約49億円のうち、JR西日本が19億円、京都市が15億円を負担し、残りの15億円は国の補助金でまかなうことを決定し[3][4]、事業化が決定した。

なお、1994年には全国都市緑化フェアの期間中、当駅から約600m京都方の京都貨物駅近くに臨時駅「緑化フェア梅小路駅」が設置されていた。

駅名の由来編集

京都市は2018年(平成30年)3月から4月にかけて新駅名を公募し、総計1,257件の応募があったが、そのうち「梅小路」が224件、「梅小路公園」が205件の応募があった[5]

これを受け検討がなされた結果、同年7月20日、JR西日本京都支社と京都市は共同で記者会見を行い、駅名を「梅小路京都西」とすると発表した[6]。当駅に隣接する梅小路公園は周辺地域を象徴する存在として地域住民に親しまれているほか、前述の公募では含まれるキーワード別の集計で「梅小路」の名称が応募最多数の836件で使用されていた。また、当地は京都駅の西側約1.7キロメートルに位置し、京都観光の新たなサブゲートとなることを見据えて「京都」「西」を付した名称となった。

なお、駅名決定までの仮駅名は「JR七条駅」であった[7]

年表編集

駅構造編集

高架駅で、ホームは相対式2面2線の構造を持つ。

嵯峨野線の駅では初めてホームドアを設置した。同駅設置工事にともなって廃止された短絡線に屋根を設け、横断歩道橋として活用することで七条通り北側への回遊性向上を狙うとしている[2]

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1 E 嵯峨野線 上り 京都方面
2 下り 嵯峨嵐山園部福知山方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

駅周辺編集

 
短絡線を再利用した歩道橋(南西側より、2019年3月撮影)

路線バス編集

京都市営バス京阪京都交通の「梅小路公園・JR梅小路京都西駅前停留所と、京都市営バスの「梅小路公園・京都鉄道博物館前」停留所が至近。このほか、京都市営バス・京阪京都交通・西日本ジェイアールバスの「七条大宮・京都水族館前」停留所も近い。

隣の駅編集

西日本旅客鉄道
E 嵯峨野線(山陰本線)
快速
通過
普通
京都駅 (JR-E01) - 梅小路京都西駅 (JR-E02) - 丹波口駅 (JR-E03)

脚注編集

  1. ^ 記者会見時に公開された駅名標に「京」の文字が表記されている。“JR西日本、京都鉄道博物館前の新駅名を「梅小路京都西」駅に決定。梅小路地域活性化や京都駅の機能分散を目指す”. トラベル Watch. (2018年7月20日). https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1134065.html 2018年9月1日閲覧。 
  2. ^ a b c “JR嵯峨野線 京都・丹波口間新駅 駅名決定について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2018年7月20日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2018/07/page_12734.html 2018年7月20日閲覧。 
  3. ^ “嵯峨野線都〜丹波口駅間 新駅設置に関する京都市との合意について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2015年2月2日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/02/page_6764.html 2015年3月11日閲覧。 
  4. ^ “京都-丹波口間に新駅”. 交通新聞: pp. 1. (2015年2月4日) 
  5. ^ JR嵯峨野線 京都・丹波口間新駅設置事業 駅名募集結果発表!”. 京都市. 2018年7月22日閲覧。
  6. ^ “JR嵯峨野線京都・丹波口間新駅の駅名が「梅小路京都西」に決定”. 鉄道新聞. (2018年7月20日). http://tetsudo-shimbun.com/headline/entry-1463.html 2018年7月22日閲覧。 
  7. ^ JR西日本グループ中期経営計画2017 進捗状況と今後の重点取り組み(アップデート) (PDF)”. 西日本旅客鉄道. p. 10 (2015年4月30日). 2018年7月22日閲覧。
  8. ^ a b “嵯峨野線 京都〜丹波口駅間新駅設置に関する事業基本計画の変更認可申請ならびに東海道線(梅小路〜丹波口間)の廃止届出書の提出について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2015年2月27日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/02/page_6878.html 2015年3月11日閲覧。 
  9. ^ “嵯峨野線 京都〜丹波口駅間 新駅デザインなど概要決定” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/08/page_9071.html 2016年8月15日閲覧。 
  10. ^ 嵯峨野線(山陰線)高架橋架替工事に伴う列車の運休および道路の通行止めについて - JR西日本
  11. ^ 嵯峨野線(山陰線)高架橋架替工事に伴う列車の運休について - JR西日本
  12. ^ 2019年春ダイヤ改正(3月16日【土曜日】)”. 西日本旅客鉄道 (2018年12月14日). 2018年12月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集