棚田伸

日本のサッカー選手

棚田 伸(たなだ しん、1969年7月25日 - )は、広島県広島市安佐北区口田(高陽町)出身の元プロサッカー選手。ポジションはMF(ミッドフィールダー)。1994年の柏レイソルJリーグ昇格をもたらした名選手である。

棚田 伸 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タナダ シン
ラテン文字 TANADA Shin
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-07-25) 1969年7月25日(48歳)
出身地 広島県広島市
身長 165cm
体重 58kg
選手情報
ポジション MF
利き足 左足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

広島県立工業出身。2学年後輩に桑原裕義梶山洋一がいる。1年からレギュラーに据えられ、テクニックのあるレフティーとして広島のマラドーナと呼ばれた[誰によって?]。1985年高校総体ベスト4、1987年高校選手権では準決勝まで勝ち進んだ室蘭大谷高校に初戦、PK戦で敗れた。この時唯一外したのが棚田である。順天堂大学を経て1992年日立製作所サッカー部(現・柏レイソル)入団。

小柄ながらキレのあるドリブルと鋭い得点感覚、高い技術を持ち、入団後すぐにポジションをつかむと、チームの主軸へと成長、10番を背負った。1992、1993年と2年連続ジャパンフットボールリーグ(JFL)ベスト11。1993年JFL新人王。1994年Jリーグ昇格に貢献し、1995年 Jリーグ初年度には、44試合に出場し16得点とチーム得点王の活躍。しかし年末の天皇杯で左膝十字靭帯断裂という大怪我を負い、約1年間のリハビリ生活を送る。

翌1996年大怪我からの復帰。だがかつてのキレを取り戻すには至らず、スーパーサブ的な起用法で使われ、出場すれば何かやってくれる選手として人気があったが、出番は減少。1998年から岡田武史が監督をしていたコンサドーレ札幌でプレー。下位に沈むチームで奮闘したが翌1999年に引退した。

現在は東京都稲城市でサッカースクール他を運営する「プログレッソ」の代表を務めている。

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1992 日立 旧JFL1部 16 2 -
1993 18 3 6 0 1 0 25 3
1994 旧JFL 17 2 0 0 0 0 17 2
1995 - J 44 16 - 1 0 45 16
1996 - 2 0 0 0 2 0 4 0
1997 14 18 2 5 1 2 0 25 3
1998 8 5 0 0 0 - 5 0
札幌 8 3 0 0 3 1 11 4
1999 27 J2 32 1 2 0 1 0 35 1
通算 日本 J1 77 21 5 1 8 1 90 23
日本 J2 32 1 2 0 1 0 35 1
日本 旧JFL 51 7 6 0
総通算 160 29 13 1

その他の公式戦

個人タイトル編集

  • JFLベストイレブン(1992、1993年)
  • JFL新人王(1993年)

関連項目編集

外部リンク編集