メインメニューを開く

1999年のJリーグ

Jリーグ > 1999年のJリーグ

この項目では、1999年シーズンの日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)について述べる。

1999年のJリーグ
J1
期間 1999年3月6日 - 11月27日
年間優勝 ジュビロ磐田
1st 優勝 ジュビロ磐田
2nd 優勝 清水エスパルス
降格 浦和レッドダイヤモンズ
ベルマーレ平塚
J2
期間 1999年3月14日 - 11月21日
昇格 川崎フロンターレ
FC東京
J2昇格 水戸ホーリーホック
ヤマザキナビスコカップ
1998
2000

目次

概要編集

JリーグがJリーグ ディビジョン1(J1)とJリーグ ディビジョン2(J2)2部制となって行われる初めてのシーズンであり、成績による「入れ替え」が初めて導入されたシーズンでもある。入れ替えは自動昇降格枠が2枠設定され、J1の年間順位の下位2チームとJ2の上位2チームが自動入れ替えとされた。

J1編集

前年のJリーグ18チームから、横浜マリノスと合併した横浜フリューゲルス横浜F・マリノスとして参加)、ならびにJ1参入決定戦の結果によりJ2参入となったコンサドーレ札幌を除いた16チームにより争われた。

前年同様2ステージ制を導入し、優勝は前後期の優勝チーム同士によるチャンピオンシップにより決定した。

J1年間総合順位編集

上位2チームはJリーグチャンピオンシップの結果により順位が確定する。2位までは各ステージの優勝チームとなるため、年間勝ち点の順位と一致しないケースが生じる(磐田は年間勝ち点では6番目に相当する)。

チーム 延勝 延敗 出場権または降格
1 ジュビロ磐田 30 14 3 1 3 9 52 42 +10 49 チャンピオンシップに出場
2 清水エスパルス 30 20 2 1 1 6 56 36 +20 65
3 柏レイソル 30 17 3 1 1 8 49 36 +13 58
4 名古屋グランパスエイト 30 16 2 2 3 7 62 46 +16 54
5 横浜F・マリノス 30 14 4 3 1 8 61 35 +26 53
6 セレッソ大阪 30 15 4 0 1 10 64 45 +19 53
7 ヴェルディ川崎 30 13 4 2 2 9 43 43 0 49
8 サンフレッチェ広島 30 15 1 1 2 11 54 43 +11 48
9 鹿島アントラーズ 30 11 3 1 4 11 53 37 +16 40
10 ヴィッセル神戸 30 9 3 4 2 12 38 45 −7 37
11 ガンバ大阪 30 9 2 1 2 16 36 46 −10 32
12 京都パープルサンガ 30 9 2 0 4 15 38 58 −20 31
13 ジェフユナイテッド市原 30 6 4 2 4 14 41 56 −15 28
14 アビスパ福岡 30 7 3 1 1 18 41 59 −18 28
15 浦和レッズ 30 7 1 5 7 10 39 58 −19 28 J2へ降格
16 ベルマーレ平塚 30 4 0 1 3 22 30 72 −42 13

Jリーグチャンピオンシップ編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
清水エスパルス 3 - 3
(PK2 - 4)
ジュビロ磐田 1 - 2v 2v - 1

J2編集

J2初年度となった今シーズンは、J1参入決定戦でJ1参入を果たせなかったコンサドーレ札幌と川崎フロンターレ1998年のJFLからJ2参入を希望した8チームの計10チームにより争われた。

J1と異なり通年制(4回戦総当たり)で行われ、上位2クラブがJ1へ自動昇格することになった。

J2順位表編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 川崎フロンターレ 73 25 3 8 69 34 +35 J1自動昇格
2 FC東京 64 21 3 12 51 35 +16
3 大分トリニータ 63 21 3 12 62 42 +20
4 アルビレックス新潟 58 20 2 14 46 40 +6
5 コンサドーレ札幌 55 17 6 13 54 35 +19
6 大宮アルディージャ 51 18 1 17 47 44 +3
7 モンテディオ山形 48 15 4 17 47 53 -6
8 サガン鳥栖 37 12 2 22 52 64 -12
9 ベガルタ仙台 31 10 4 22 30 58 -28
10 ヴァンフォーレ甲府 18 5 4 27 32 85 -53

入れ替え編集

J1→J2編集

J1リーグ年間総合15位の浦和レッドダイヤモンズ、同16位のベルマーレ平塚がJ2へ自動降格した。

J2→J1編集

J2リーグ優勝の川崎フロンターレ、同2位のFC東京がJ1へ自動昇格した。

表彰編集

記録編集

  • J1リーグ通算6,000ゴール
鈴木秀人(ジュビロ磐田 1999年11月7日 - 2ndステージ第12節vsサンフレッチェ広島・ジュビロ磐田スタジアム
  • J2リーグ初ゴール
岡元勇人(FC東京 1999年3月14日 - 第1節vsサガン鳥栖・国立西が丘サッカー場
  • J1リーグ連勝記録、連続無敗記録
16連勝、16試合(鹿島アントラーズ、延長Vゴール勝ち3試合含む、1998年2ndステージ第5節vsアビスパ福岡 - 1999年1stステージ第3節vsサンフレッチェ広島)

その他編集

  • 第1回日本フットボールリーグの成績により、Jリーグ正会員加盟を申請した水戸ホーリーホック(リーグ戦3位)が2000年度からのJ2入会を認められた。(本来はJFLで原則2位以内がJ2昇格の成績上の条件であるが、1位の横浜FCがJFL準会員であったため、正会員で2位の成績を考慮したものである)

関連項目編集