Jリーグ > 1999年のJリーグ

この項目では、1999年シーズンの日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)について述べる。

1999年のJリーグ
J1
期間 1999年3月6日 - 11月27日
年間優勝 ジュビロ磐田
1st 優勝 ジュビロ磐田
2nd 優勝 清水エスパルス
降格 浦和レッドダイヤモンズ
ベルマーレ平塚
J2
期間 1999年3月14日 - 11月21日
昇格 川崎フロンターレ
FC東京
J2昇格 水戸ホーリーホック
ヤマザキナビスコカップ
1998
2000

概要編集

JリーグがJリーグ ディビジョン1(J1)とJリーグ ディビジョン2(J2)2部制となって行われる初めてのシーズンであり、成績による「入れ替え」が初めて導入されたシーズンでもある。入れ替えは自動昇降格枠が2枠設定され、J1の年間順位の下位2チームとJ2の上位2チームが自動入れ替えとされた。

J1編集

前年のJリーグ18チームから、横浜マリノスと合併した横浜フリューゲルス横浜F・マリノスとして参加)、ならびにJ1参入決定戦の結果によりJ2参入となったコンサドーレ札幌を除いた16チームにより争われた。

前年同様2ステージ制を導入し、優勝は前後期の優勝チーム同士によるチャンピオンシップにより決定した。

J1年間総合順位編集

上位2チームの順位はJリーグチャンピオンシップの結果により確定する。

チーム 延勝 延敗 出場権または降格
1or2 清水エスパルス (A) 30 20 2 1 1 6 56 36 +20 65 チャンピオンシップに出場
1or2 ジュビロ磐田 (A) 30 14 3 1 3 9 52 42 +10 49
3 柏レイソル 30 17 3 1 1 8 49 36 +13 58
4 名古屋グランパスエイト 30 16 2 2 3 7 62 46 +16 54
5 横浜F・マリノス 30 14 4 3 1 8 61 35 +26 53
6 セレッソ大阪 30 15 4 0 1 10 64 45 +19 53
7 ヴェルディ川崎 30 13 4 2 2 9 43 43 0 49
8 サンフレッチェ広島 30 15 1 1 2 11 54 43 +11 48
9 鹿島アントラーズ 30 11 3 1 4 11 53 37 +16 40
10 ヴィッセル神戸 30 9 3 4 2 12 38 45 −7 37
11 ガンバ大阪 30 9 2 1 2 16 36 46 −10 32
12 京都パープルサンガ 30 9 2 0 4 15 38 58 −20 31
13 ジェフユナイテッド市原 30 6 4 2 4 14 41 56 −15 28
14 アビスパ福岡 30 7 3 1 1 18 41 59 −18 28
15 浦和レッズ 30 7 1 5 7 10 39 58 −19 28 J2へ降格
16 ベルマーレ平塚 30 4 0 1 3 22 30 72 −42 13

チャンピオンシップ編集


1999年12月4日
15:03
第1戦
ジュビロ磐田 2 – 1
(延長)
清水エスパルス
中山雅史   30分   98分 公式記録 澤登正朗   34分

1999年12月11日
19:33
第2戦
清水エスパルス 2 – 1
(延長)
ジュビロ磐田
澤登正朗   37分
ファビーニョ   99分
公式記録 服部年宏   34分
  PK戦  
澤登正朗  
サントス  
伊東輝悦  
ファビーニョ  
2 - 4   服部年宏
  藤田俊哉
  高原直泰
  鈴木秀人
日本平スタジアム
観客数: 20,309人
主審: 岡田正義

2試合とも同スコア・Vゴール勝ちとなったため優勝決定のためのPK戦が行われ、磐田GK尾崎勇史のPKストップもあり4-2でジュビロ磐田が2年ぶり2度目の優勝を飾った[1]

J2編集

J2初年度となった今シーズンは、J1参入決定戦でJ1参入を果たせなかったコンサドーレ札幌と川崎フロンターレ1998年のJFLからJ2参入を希望した8チームの計10チームにより争われた。

J1と異なり通年制(4回戦総当たり)で行われ、上位2クラブがJ1へ自動昇格することになった。

J2順位表編集

チーム 延勝 出場権または降格
1 川崎フロンターレ (C) (P) 36 20 5 3 8 69 34 +35 73 J1 2000へ昇格 
2 FC東京 (P) 36 19 2 3 12 51 35 +16 64
3 大分トリニータ 36 18 3 3 12 62 42 +20 63
4 アルビレックス新潟 36 16 4 2 14 46 40 +6 58
5 コンサドーレ札幌 36 15 2 6 13 54 35 +19 55
6 大宮アルディージャ 36 14 4 1 17 47 44 +3 51
7 モンテディオ山形 36 14 1 4 17 47 53 −6 48
8 サガン鳥栖 36 11 1 2 22 52 64 −12 37
9 ベガルタ仙台 36 7 3 4 22 30 58 −28 31
10 ヴァンフォーレ甲府 36 4 1 4 27 32 85 −53 18

最終更新は1999年11月21日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

入れ替え編集

J1→J2編集

J1リーグ年間総合15位の浦和レッドダイヤモンズ、同16位のベルマーレ平塚がJ2へ自動降格した。

J2→J1編集

J2リーグ優勝の川崎フロンターレ、同2位のFC東京がJ1へ自動昇格した。

表彰編集

受賞者
最優秀選手賞   アレックス清水エスパルス
得点王   黄善洪セレッソ大阪
新人王   中澤佑二ヴェルディ川崎
最優秀監督賞   スティーブ・ペリマン清水エスパルス
優勝監督賞   桑原隆ジュビロ磐田
優秀主審賞   レスリー・モットラム
優秀副審賞   山口森久
功労選手賞 柱谷哲二
Join賞 浦和レッズ浦和市、レッズファン・サポーター

ベストイレブン編集

ポジション 選手名 受賞回数 所属クラブ
GK   真田雅則 清水エスパルス
DF   中澤佑二 ヴェルディ川崎
DF   斉藤俊秀 清水エスパルス
DF   森岡隆三 清水エスパルス
MF   中村俊輔 横浜F・マリノス
MF   アレックス 清水エスパルス
MF   伊東輝悦 清水エスパルス
MF   澤登正朗 清水エスパルス
MF   福西崇史 ジュビロ磐田
FW   ドラガン・ストイコビッチ 3 名古屋グランパスエイト
FW   黄善洪 セレッソ大阪

記録編集

J1リーグ通算6,000ゴール
鈴木秀人(ジュビロ磐田 1999年11月7日 - 2ndステージ第12節vsサンフレッチェ広島・ジュビロ磐田スタジアム[2]
J2リーグ初ゴール
岡元勇人(FC東京 1999年3月14日 - 第1節vsサガン鳥栖・国立西が丘サッカー場[3]
J1リーグ連勝記録、連続無敗記録
16連勝、16試合(鹿島アントラーズ、延長Vゴール勝ち3試合含む、1998年2ndステージ第5節vsアビスパ福岡 - 1999年1stステージ第3節vsサンフレッチェ広島)

その他編集

  • 第1回日本フットボールリーグの成績により、Jリーグ正会員加盟を申請した水戸ホーリーホック(リーグ戦3位)が2000年度からのJ2入会を認められた。(本来はJFLで原則2位以内がJ2昇格の成績上の条件であるが、1位の横浜FCがJFL準会員であったため、正会員で2位の成績を考慮したものである)

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Jリーグニュース vol.59”. 日本プロサッカーリーグ (1999年12月). 2004年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月8日閲覧。
  2. ^ “J1リーグ戦 通算8,500ゴール!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2003年5月18日), https://www.jleague.jp/release/article-00002339/ 2020年4月8日閲覧。 
  3. ^ “J2リーグ戦 通算3,000ゴール!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2003年8月30日), https://www.jleague.jp/release/article-00002347/ 2020年4月8日閲覧。