メインメニューを開く

植木 光教(うえき みつのり、1927年3月24日2009年6月6日)は、日本政治家位階正三位勲等勲一等

植木 光教
うえき みつのり
生年月日 1927年3月24日
出生地 京都府京都市
没年月日 (2009-06-06) 2009年6月6日(82歳没)
死没地 東京都
出身校 東京帝国大学法学部政治学科卒業
前職 日本放送協会職員
政治家秘書
現職 日本教育研究会会長
自由民主党
京都府支部連合会顧問
所属政党 自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
法学士(東京大学・1950年
公式サイト 植木光教

内閣 三木内閣
在任期間 1974年12月9日 - 1976年9月15日

選挙区 京都府選挙区
当選回数 5回
在任期間 1963年12月10日 - 1989年7月9日
テンプレートを表示

参議院議員(5期)、総理府総務長官第24代)、沖縄開発庁長官第5代)などを歴任。

目次

来歴・人物編集

京都府生まれ。京都府立京都第一中学校を経て、第三高等学校にて学んだ。その後、東京帝国大学法学部に入学した。東京大学時代は学生運動に関わり、渡邉恒雄らとともに、共産党勢力を排除した新「新人会」の創設に加わった。またクリスチャンでもあったため、東大YMCA代表も務めた。

1950年に大学を卒業すると、日本放送協会に勤務した。その後、警視総監を経て政治家となった町村金五秘書を務めた。

1962年、35歳の誕生日直後に京都府知事選挙自由民主党公認で立候補するが、現職の蜷川虎三に敗れ落選。1963年参議院議員補欠選挙にて、京都府選挙区から自由民主党公認で立候補した。以後5回当選する。派閥宏池会池田勇人前尾繁三郎大平正芳鈴木善幸宮澤喜一派)に所属した。

1974年三木内閣にて総理府総務長官、および、沖縄開発庁長官として入閣。長官在任中には、植木の下で沖縄開発政務次官を務める立川談志こと松岡克由が沖縄国際海洋博覧会視察などで舌禍事件を起こし、わずか1か月強で政務次官を辞任するという騒動が起きた。その後、1976年内閣改造に伴い、総理府総務長官と沖縄開発庁長官を退任した。

1986年に自由民主党両院議員総会の会長に就任するなど、その後もさまざまな役職に就いた。1989年第15回参議院議員通常選挙に不出馬を表明し、62歳で引退。植木の地盤は京都府議会議員だった西田吉宏が継承した。

引退後は自民党京都府支部連合会顧問を務めた。また、日本教育研究会の会長理事長を務めた[1]1997年には、勲一等旭日大綬章を受章した。

2009年6月6日、心不全のため東京都で死去[2]享年82。叙正三位。同年6月24日参議院本会議にて植木に対する弔詞が朗読された[3]

政策編集

沖縄振興
三木政権では沖縄開発庁の長官として、沖縄県の振興策を推進した。長官在任中には「沖縄国際海洋博覧会」が開催されている。
1980年代には首里城の復元実現に尽力するなど、沖縄県に強い思い入れを持っており、「沖縄ファンクラブ」の会長を務めた。また、沖縄県の緑化運動を推進するために、「花と緑の植木光教基金」を設立した[4]
世界連邦運動
櫻内義雄の後任として世界連邦日本国会委員会の会長を務めた[5]。政界引退後も世界連邦運動協会の会長として活動した[6]。また、国際刑事裁判所問題日本ネットワークでは共同代表を務めた[7]

略歴編集

賞歴編集

  • 1993年 - 琉球新報賞。
  • 2002年 - 沖縄県特別感謝状。

栄典編集

  • 1997年 - 勲一等旭日大綬章。
  • 2009年 - 正三位。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「植木光教」『植木光教自由民主党京都府支部連合会]]。
  2. ^ 「植木光教氏死去――元総務長官」『植木光教氏死去 元総務長官:京都新聞京都新聞社2009年6月9日
  3. ^ 「第171回国会――本会議――第32号」『参議院会議録情報 第171回国会 本会議 第32号国立国会図書館2009年6月24日
  4. ^ 「元開発庁長官、植木光教さん死去――沖縄振興に心血」『元開発庁長官、植木光教さん死去 沖縄振興に心血 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース琉球新報社2009年6月10日
  5. ^ 「超党派の世界連邦日本国会委員会」『世界連邦運動協会 [世界連邦日本国会委員会]』世界連邦運動協会。
  6. ^ 「広島G8下院議長サミットに向け軍縮政策提言」『世界連邦日本推進協議会 第三回政策提言』世界連邦運動協会、2008年8月29日
  7. ^ 「国際刑事裁判所(ICC)設立条約の日本発効を祝う」『世界連邦運動協会 国際刑事裁判所』世界連邦運動協会、2007年10月1日

外部リンク編集

  • 植木光教 - 植木を紹介する自由民主党京都府支部連合会のウェブサイト