メインメニューを開く

正眼短期大学(しょうげんたんきだいがく、英語: Shogen Junior College)は、岐阜県美濃加茂市伊深町876-10に本部を置く日本私立大学である。1955年に設置された。

正眼短期大学
本部棟(2007年)
本部棟(2007年)
大学設置/創立 1955年
学校種別 私立
設置者 学校法人正眼短期大学
本部所在地 岐阜県美濃加茂市伊深町876-10
学部 禅・人間学科
ウェブサイト 正眼短期大学公式サイト
テンプレートを表示

目次

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 正眼短期大学における建学の精神は「行学一体」となっている。これは「行動と学ぶ事は表裏一体であり、共に影響しあいながら、人格を形成していく」ことを意味する。

教育および研究編集

  • 正眼短期大学は禅の精神を基に、特に社会人学生の受け入れを積極的に進め、茶道尺八陶芸など仏教文化の習得に力を注いでいる。「国際禅学」と「日本文化」の各コースがあったが、今は「禅・人間学科」のみである。「禅と食文化」と称した科目では、精進料理実習が取り入れられている。

学風および特色編集

  • 正眼短期大学は臨済宗妙心寺派正眼寺が設立した、による人格教育を行う短期大学である。
  • 一学年の定員は25名と日本最小の短大で、男子学生が多い。
  • 学生募集は4月のみならず10月にも行われており、また働きながら学べるよう長期履修制度を取り入れるなど全国の短大でも稀にみるものがある。そのため、社会人学生や高齢者など多彩な学生が在籍している。
  • 外国人留学生を受け入れている。

沿革編集

  • 1955年 正眼短期大学開学。宗教科を置く。梶浦逸外が初代学長に就任。
  • 1958年 学生数:38 1[1]
  • 1969年 柴野恭堂が2代目学長に就任。
  • 1978年 谷耕月が3代目学長に就任。
  • 1980年 山田光成が2代目理事長に就任。
  • 1987年 千宗室が3代目理事長に就任。
  • 1994年 山川宗玄が4代目学長に就任。
  • 1999年 学生数:37 5[2]
  • 2001年 宗教科を禅・人間学科に改組。

基礎データ編集

所在地編集

  • 岐阜県美濃加茂市伊深町876-10

交通アクセス編集

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 禅・人間学科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし
取得資格について編集

附属機関編集

  • 正眼寺
  • 図書館
  • ボランティア・センター

学生生活編集

学園祭編集

  • 正眼短期大学の学園祭は例年、11月に行われている。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

施設編集

キャンパス編集

  • 本部棟(事務室・研究室・講堂)
  • 新館(座禅堂・一般教室・茶道教室)
  • 旧校舎(ボランティアセンター・食堂)
  • 図書館

編集

  • 正眼短期大学には「松隠寮」・「洗心寮」と呼ばれる男子寮と「梅熟寮」と呼ばれる女子寮がある。

対外関係編集

地方自治体との協定編集

  • 美濃加茂市(地域連携協定、災害時における学校施設の活用に関する協定)

他大学等との協定編集

日本編集

アメリカ編集

中国編集

関係校編集

専修学校編集

  • あじさい看護福祉専門学校(教育連携協定)

高等学校編集

  • 美濃加茂高等学校(高大連携協定)

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

参考文献編集

出典および脚注編集

  1. ^ 昭和34年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)22頁より。
  2. ^ 2000年度版『総覧』72頁より。
  3. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

関連項目編集

公式サイト編集