水沢東バイパス

水沢東バイパス(みずさわひがしバイパス)は、国道4号バイパス道路である。

一般国道

国道4号標識

水沢東バイパス
国道4号バイパス
路線延長 9.6 km
開通年 1996年 -
起点 岩手県奥州市水沢区真城字東大深沢
終点 岩手県奥州市水沢区佐倉河字十文字
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0343.svg国道343号
Japanese National Route Sign 0397.svg国道397号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

目次

概要編集

道路諸元編集

  • 起点:岩手県奥州市水沢区真城字東大深沢
  • 終点:岩手県奥州市水沢区佐倉河字十文字(金ヶ崎バイパス南口、県道270号西根佐倉河線と交わる立体交差点)
  • 延長:L=9.6km
  • 道路規格:第3種第1級
  • 道路幅員:暫定W=13.0m(完成W=25.0m)
  • 車線数:暫定2車線(完成4車線)
  • 車線幅員:W=3.5m
  • 設計速度:80km/h

概説編集

奥州市内を通る国道4号は交通混雑緩和のため1970年迄に水沢バイパスが整備されたが、この道路は片側1車線で規格が古く、増大する交通量や大型化する車両に対応しきれなくなっていた。加えて近年は付近に郊外型大型店が進出し沿道も都市化が進んだため、特に鐙田交差点や国道397号と交わる太日交差点を筆頭に渋滞が慢性化し、交通容量オーバーが顕著になっていた。そこで、これらの問題の解決を図りつつ、同時に当時構想段階にあった東北新幹線水沢江刺駅へのアクセス向上を目的として現道の側に新たに計画されたのが、水沢東バイパスである[1]

当該バイパスは1982年度に都市計画が決定され、3年後の1985年度より事業化。2005年までに終点側となる半分の約4.6kmが暫定2車線で開通し国道397号と接続された。県道玉里水沢線及び国道397号との交点以外は立体交差が基本であり、盛岡方に隣接する金ヶ崎バイパスと一体化する形で建設されている。 一方、未供用となっている半分の約5.0kmの供用見込時期について、管轄する国土交通省岩手河川国道事務所は“完成に向けた円滑な事業実施環境が整った段階で確定”としており、具体的な公表はなされていない[1]

国道事務所によれば全体事業費は371億円で2030年度時点の計画交通量は21,500台/日、費用便益分析の結果はB/C=1.2[1]。なお当該区間の実績交通量は、国土交通省道路局2005年度道路交通センサスによれば平日24時間交通量で16,108台(於:奥州市水沢区佐倉河字三反町)となっている。

交差する道路など編集

交差点名 交差方式 接続路線など 車線数
(供用/計画)
最高速度
(km/h)
国道4号 栗原一関方面へ直通)
国道4号 0/4 -
東北本線
国道343号{陸前高田・大東方面})
国道397号{東方向(大船渡・住田・千厩方面)}、{西方向(横手・湯沢方面)}
2/4
岩手県道251号玉里水沢線(大船渡・住田・遠野方面)
仙人跨道橋 岩手県道8号水沢米里線(大船渡・遠野・江刺方面)
十文字跨道橋 国道4号栗原一関方面)
岩手県道270号西根佐倉河線
国道4号 花巻北上方面へ直通

歴史編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集