メインメニューを開く

氷紋』(ひょうもん)は、渡辺淳一1972年に発表した小説。(旧)公明党機関紙公明新聞』(日曜版)の同年3月12日から12月24日まで連載された。同作を原作とし、1974年1986年に放送されたテレビドラマについても紹介する。

目次

あらすじ編集

1月の札幌。有己子は夫の敬之から、久坂利輔が母親の葬式のため札幌に来ていることを知る。夫には秘密にしていたが、有己子は7年前、敬之と結婚する直前に久坂と会い、1度だけ肉体関係を持っていたのである。その時のことが忘れられず、有己子はもう一度久坂に会いたいと思い、お悔やみを伝えたいという口実で札幌から発つ直前の久坂に再会する。再会した久坂は、突然札幌出発を翌日に延ばし、ホテルで有己子との性行為に及ぶ。

久坂との再会後、いつも久坂のことを考え、夫に秘密がバレることを心配していた有己子は、突然下腹部の激痛に倒れる。敬之はストレスに起因する結石だろうと判断し、嫌がる有己子を説得して自らが手術をすることを決める。手術後、有己子は敬之の後輩で何かと病院での面倒を見てくれる横堀から、久坂が札幌に戻っていることを知る。当然見舞いに来るだろうと有己子は考えていたが、久坂は現れなかった。一ヶ月後、有己子は退院することになり、久坂と再び会う。もう少し一緒にいたいという有己子に、久坂は敬之の元に帰ったほうがいいと突き放し、2人は別れた。

その後、喫茶店で偶然横堀と再会した有己子は、彼の口から、結石の手術の際、敬之は有己子には何も言わずに不妊の手術まで行なっていた事実を聞かされる。ショックを受けた有己子は夫に激しく言い寄る。敬之は、教授令嬢である有己子と結婚するのは地位のためであって、有己子に愛されなくても構わなかったが、久坂と有己子が近づくのは許せなかったと告げる。さらに敬之は、有己子がもはや妊娠できないことを久坂に知らしめるため、久坂に手術を見学させていたことも話した。敬之との夫婦生活が完全に破綻したことを悟った有己子は、娘を連れて実家へ帰ることを決め、物語は終わる。

主な登場人物編集

諸岡有己子(もろおか ゆきこ)
旧姓氏家。S大学医学部第一外科の教授を父に持ち、父が見込んだ医局員の敬之と結婚する。物語は有己子の視点で展開される。
諸岡敬之(もろおか たかゆき)
S大学医学部第一外科の助教授。有己子の夫。
久坂利輔(くさか としすけ)
敬之と同期だが、7年前大学病院を離れ、地方の町医者として働いている。大学を離れたのは、重度の障害児の手術を失敗し、死なせてしまったからだと言われている。
諸岡真紀(もろおか まき)
有己子と敬之の一人娘。
横堀
敬之の後輩。

テレビドラマ編集

1974年版編集

氷紋(1974)
ジャンル テレビドラマ
原作 渡辺淳一
脚本 高橋玄洋
演出 小田切成明
出演者 岩下志麻
津川雅彦
佐藤友美
山村聡
北大路欣也
オープニング 風車「旅路」
プロデューサー 森開逞次テレパック
香坂信之(よみうりテレビ)
制作 よみうりテレビ
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1974年10月3日 - 1975年1月2日
放送時間 木曜 21:00 - 21:55
放送枠 よみうりテレビ制作木曜9時枠連続ドラマ
放送分 55分
回数 14
テンプレートを表示

10月3日から1975年1月2日よみうりテレビ制作・日本テレビ系列で毎週木曜日21:00 - 21:55(JST)にて放送された。

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

  • 「旅路」「春を知らぬ季節に」

1986年版編集

氷紋(1986)
ジャンル テレビドラマ
原作 渡辺淳一
脚本 高橋玄洋
演出 川俣公明
出演者 高橋惠子
村井国夫
田村亮
山村聡 ほか
制作 TBS
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1986年11月3日 - 12月31日
放送時間 月曜 - 金曜 13:00 - 13:30
放送枠 愛の劇場
放送分 30分
回数 全9週、43
テンプレートを表示

11月3日から12月31日TBS系列「花王 愛の劇場」枠にて放送された。

キャスト(1986年版)編集

スタッフ(1986年版)編集

  • 演出 - 川俣公明
  • 脚本 - 高橋玄洋
  • 制作 - TBS、ジェイミック

主題歌(1986年版)編集

日本テレビ よみうりテレビ制作木曜21枠ドラマ
前番組 番組名 次番組
花はあしたに
(1974.4.4 - 9.26)
氷紋
(1974.10.3 - 1975.1.2)
北都物語
(1975.1.9 - 5.1)
TBS 花王 愛の劇場
母さん、家においでよ
(1986.9.1 - 10.31)
氷紋
(1986.11.3 - 12.31)
ああ家族
(1987.1.5 - 2.27)