二木 てるみ(にき てるみ、本名;二木 輝美〈にき てるみ〉、1949年5月11日 - )は、日本女優声優東京都世田谷区出身。鷗友学園女子高校卒業。元夫は俳優の岩崎信忠。サンプロモーション所属。

にき てるみ
二木 てるみ
本名 二木 輝美
にき てるみ
生年月日 (1949-05-11) 1949年5月11日(74歳)
出生地 日本の旗 日本東京都世田谷区
民族 日本人
職業 女優声優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台テレビアニメ
活動期間 1953年 -
配偶者 なし(離婚歴あり)
事務所 サンプロモーション
主な作品
テレビドラマ
マー姉ちゃん
西村京太郎トラベルミステリー』〈高橋版〉
映画
警察日記
「粘土のお面」より かあちゃん
赤ひげ
吹き替え
ラ・セーヌの星
がんばれ!!タブチくん!!
 
受賞
ブルーリボン賞
助演女優賞
1965年赤ひげ
その他の賞
第24回ギャラクシー賞・選奨
1987年『赤い夕日の大地で』
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1953年、周囲に同年代の子供が少ない環境を心配した両親によって劇団若草に入団。

1954年、3歳の時に黒澤明の『七人の侍』でデビュー。

1955年久松静児監督の『警察日記』で主人公に引き取られる捨て子を演じて以来、子役として活躍。

1965年の『赤ひげ』での出演でブルーリボン賞の助演女優賞を史上最年少(当時)である16歳で受賞。

1970年代後半には声優としても活躍し、『ラ・セーヌの星』や『ゴワッパー5 ゴーダム』で主人公を演じた。田淵幸一選手をモデルにしたアニメ映画『がんばれ!!タブチくん!!』でもミヨコ夫人を演じた。

また、『ルパン三世(TV第2シリーズ)』の第101話においては、放送100回記念として友情出演した『ベルサイユのばら』のヒロインであるオスカルの声を演じている。

現在[いつ?]、朗読をライフワークにしている。2006年4月銀座の博品館劇場にて「江戸に生きる会」主催の朗読会に参加。共演は、加藤武(文学座)、丹阿彌谷津子若葉要[要出典]2008年より「Dear' あなたへ読む物語」と題して毎年開いている朗読と音楽の会は2015年で8回目を迎える[要出典]。また立教女学院短期大学で学生の指導にもあたっている。2015年度より客員教授[要出典]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

CM編集

舞台編集

  • 橋幸夫特別公演「下駄ばきの青春」

ラジオドラマ編集

  • 阿波藍の唄が聴こえる(2002年、四国放送) - 第51回日本民間放送連盟賞エンターテインメント番組部門優秀[3]
  • 特集オーディオドラマ 戦争童話集 第1夜「凧になったお母さん」(2002年、NHK) - 第40回ギャラクシー賞選奨、2003年ABU賞エンターテインメント番組賞[4]

その他のテレビ番組編集

  • ETV特集「映画監督 黒澤明さんをしのんで」(NHK教育)

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

  • がんばれ!!タブチくん!!(1979年11月10日、東京ムービー新社) - ミヨ子夫人役
  • がんばれ!!タブチくん!! 激闘ペナントレース(1980年5月3日、東京ムービー新社) - ミヨ子夫人役
  • がんばれ!! タブチくん!! あゝつっぱり人生(1980年12月13日、東京ムービー新社) - ミヨ子夫人役
  • チョッちゃん物語(1996年) - 朝の母役

ドラマCD編集

人形劇編集

吹き替え編集

朗読編集

その他編集

著書編集

  • 二木てるみ『あなたを見ていると、子供の頃を思い出します』けやき出版、2003年6月。ISBN 978-4877512040 

関連書籍編集

  • 「君美わしく 戦後日本映画女優讃」(川本三郎著。文藝春秋。川本による二木を含む女優達のインタビュー集)

脚注編集

外部リンク編集