メインメニューを開く

池田 太(いけだ ふとし、1970年10月4日 - )は、東京都小金井市出身の元プロサッカー選手、現サッカー指導者。ポジションはDFJFA 公認S級コーチ[1]

池田 太 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イケダ フトシ
ラテン文字 IKEDA Futoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-10-04) 1970年10月4日(48歳)
出身地 東京都小金井市
身長 178cm
体重 68kg
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1996 浦和レッドダイヤモンズ 53 (1)
監督歴
2000
2012
2017
2018
浦和レッドダイヤモンズユース
アビスパ福岡(代行)
U-19サッカー日本女子代表
U-20サッカー日本女子代表
1. 国内リーグ戦に限る。2011年12月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

武南高等学校時代からセンターバックを務め、3年次の1988年には川合孝治石川康らと共に高校総体ベスト4進出、高校サッカー選手権ベスト8進出に貢献し大会優秀選手に選出された。

1989年に川合と共に関東大学リーグ2部青山学院大学へ進学。1年次からレギュラーを務め1部昇格に貢献。バルセロナ五輪代表候補にも選出された。

1993年Jリーグ開幕の年に浦和レッドダイヤモンズへ入団。連敗が続き守備の建て直しが図られた事情から1stステージから出場機会を掴み、主に左サイドバックを担当した。1994年にはサンフレッチェ広島から田口禎則柏レイソルから曹貴裁が加入しポジション争いが激しくなったが、セカンドステージではレギュラーの座を獲得。曹やドイツ代表ギド・ブッフバルトらと共に守備陣支え、1994年シーズンのレッズで最も成長した選手との評価を得た[2]

1996年限りで現役を引退。引退後は指導者の道へ進み、翌1997年からは浦和のユースチームのコーチ、2002年から2008年までは浦和のトップチームのコーチを務めた。2009年からは浦和レッズハートフルクラブのコーチを務めている。

2012年シーズンよりアビスパ福岡のトップチームのヘッドコーチに就任した[1]。10月29日、成績不振による前田浩二監督の解任に伴い、監督代行に就任。11月4日の京都サンガF.C.戦と11月11日のガイナーレ鳥取戦の指揮を執る。

2017年からは2018 FIFA U-20女子ワールドカップ出場を目指すU-19サッカー日本女子代表監督に就任[3]。同年のAFC U-19女子選手権2017にて優勝に導く[4]2018 FIFA U-20女子ワールドカップ初優勝に導く。同年のAFCアニュアルアワードでAFC会長特別賞を受賞[5]

所属クラブ編集

個人成績編集

1996年シーズン終了時の成績[6]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 浦和 - J 18 1 5 0 0 0 23 1
1994 27 0 2 0 1 0 30 0
1995 8 0 - 0 0 8 0
1996 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 J 53 1 7 0 1 0 61 1
総通算 53 1 7 0 1 0 61 1

指導歴編集

  • 1997年 - 2011年 浦和レッドダイヤモンズ
    • 1997年 - 1999年 ユース コーチ
    • 2000年 ユース 監督
    • 2001年 ユース コーチ
    • 2002年 - 2008年 トップチーム コーチ
    • 2009年 - 2011年 ハートフルクラブ コーチ
  • 2012年 - 2016年 アビスパ福岡
    • 2012年 - 2014年 トップチーム ヘッドコーチ
    • 2012年10月 - 12月 トップチーム 監督代行
    • 2015年[7] - 2016年 トップチーム コーチ
  • 2017年 - 2018年 U-19/U-20日本女子代表監督[3]

表彰編集

  • 2018年 AFC会長特別賞

脚注編集

  1. ^ a b 池田 太 氏 トップチーム ヘッドコーチ就任のお知らせ”. アビスパ福岡公式サイト (2011年12月15日). 2012年3月10日閲覧。
  2. ^ 『浦和レッズ・オフィシャルハンドブック1995』34-35頁
  3. ^ a b 2017年度JFA第1回理事会を開催 - 2017年1月19日 JFA
  4. ^ U-19日本女子代表 大会連覇、5度目の優勝に輝く~AFC U-19女子選手権~ 日本サッカー協会
  5. ^ “AFCアニュアルアワード2018 日本はインスパイアリング協会賞など6部門で受賞” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2018年11月29日), http://www.jfa.jp/news/00019778/ 2019年1月6日閲覧。 
  6. ^ R-File”. URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE. 2012年3月10日閲覧。
  7. ^ 2015 シーズン新体制 および 選手背番号決定のお知らせ”. アビスパ福岡公式サイト (2015年1月13日). 2015年1月14日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集