メインメニューを開く

NOKKO(のっこ、1963年11月4日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。本名:保土田 信子(旧姓:山田)。ロックバンドレベッカ (REBECCA) 」のボーカルを務める。埼玉県浦和市(現:さいたま市桜区)出身。血液型A型。

NOKKO
のっこ
出生名 山田 信子
別名 ノッコ
のっこ
生誕 (1963-11-04) 1963年11月4日(55歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県浦和市(現:さいたま市
ジャンル J-POP
ハウスミュージック
ボサノヴァ
童謡
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
ナレーター
担当楽器 ボーカル
活動期間 1983年 - 1991年
1992年 - 2001年
2003年 -
レーベル CBS/SONY RECORDS
FITZBEATレーベル
(1983年 - 1992年)
Sony Records
(1992年 - 1997年)
BMG JAPAN
(移籍時はBMGファンハウス)
(1997年 - 2001年)
FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT,INC
GUTレーベル
(2003年)
GO&NOKKO ltd.
(2003年 - 2009年)
Universal Music LLC
UNIVERSAL SIGMA
(2010年 - 現在)
事務所 シンコー・ミュージック
(1983年 - 1993年)
ランプ
(1994年 - 1996年)
YEEP Inc.
(1996年 - 2001年)
GO and NOKKO
(2003年 - 2016年)
ワタナベエンターテインメント
(2016年 - )
共同作業者 GOH HOTODA
公式サイト nokko.jp

所属事務所はワタナベエンターテインメント[1]

経歴編集

埼玉県浦和市(現:さいたま市桜区)出身。名前の信子は生まれ月が11月(November)であることから、祖母により命名された。浦和市の玉蔵院付近(現:同市浦和区)や鹿手袋(現:同市南区)、田島(現:同市桜区)に居住した[2]埼玉県立浦和北高等学校卒業。

小学生1年生の頃から10年間クラシックバレエを習い、バレリーナを目指していたが、体型の変化や経済的な理由により断念。目標を失っていた時、兄に誘われ、アマチュアバンドのキーボード担当として音楽活動を始める。その後、ボーカルに転向して「DOLL」というガールズバンドを結成。高校を卒業した1982年の春、ギタリストの木暮武彦に誘われ、レベッカの結成に加わる(当初は兄の山田貢司もベーシストとして参加していた)。

1984年1月にデビューし、1985年10月にリリースした4枚目のシングル「フレンズ」がヒット、アルバム『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』がオリコン1位を獲得。小柄な体から発するハイトーンボイスとエネルギッシュなパフォーマンスでヒット曲を連発する。

1989年には映画『スウィートホーム』にて女優業にも挑戦。

レベッカ解散後はソロシンガーとして「人魚」「ライブがはねたら」「Natural」などの楽曲を発表。CMや人気歌番組『THE夜もヒッパレ』などに出演。「のっこ」名義でのリリースもある。

2000年にソロ活動を休止したのち、夫のGOH HOTODA(保土田 剛)と「NOKKO & GO」を結成。静岡県熱海市で子育てをしながら[3]、デビュー25周年の2010年にソロ活動を再開[4]。14年ぶりのオリジナルアルバム発表(2013年[5])、レベッカの再結成(2015年[6])、ソロでのフルオーケストラ公演(2018年[7])など精力的に音楽活動を続けている。

2016年4月よりワタナベエンターテインメント所属となる[1]

人物編集

  • 音楽について「時代背景が好きなのはシュープリームスで、自分の基本になっているのはビリー・ホリデーで、歌い手として影響を受けているのはアレサ・フランクリン[8]。10代まで習っていたバレエ音楽のメソッドからロックボーカルで解き放たれたが、レベッカ時代については「ロックをやれているのか、右往左往しながら歌っていました」と振り返っている[9]
  • ラブ イズ Cash」で注目されだした頃は、アクセサリーやリボンなどPOPなファッションにイメージチェンジし、「和製マドンナ」と呼ばれた[10][11]
  • デビュー前、レベッカの初代リーダーだった木暮武彦(shake)とふたりで、バンドを置いてロサンゼルスへ出奔したこともあるが[12]、木暮がレベッカを脱退してRED WARRIORSを結成し、一度は縁が切れた。その後、1990年に木暮と結婚したが、1993年に離婚した。2001年に仕事を通じて10年来の付き合いがあった音楽プロデューサーのGOH HOTODAと再婚[13]2006年8月1日に42歳で女児を出産している。アルバム『もうすぐクリスマス』(2013年)には、当時7歳の娘がコーラスで参加した[14]。2014年には地元の熱海中学校の校歌「光る海」を夫婦で作曲した[15]

エピソード編集

ディスコグラフィ編集

シングル編集

日本盤

リリース日 タイトル カップリング 備考
1 1992年3月11日 CRAZY CLOUDS FEEL
2 1992年4月22日 奇蹟のウェディングマーチ 今どきの男の子
3 1993年6月21日 Vivace Don't Hold Back
4 1994年3月9日 人魚 CRYING ON MONDAY
5 1994年6月22日 ライブがはねたら ライブがはねたら (だいすきヴァージョン)
ライブがはねたら (いつもいっしょヴァージョン)
6 1995年5月21日 アンテナ/イ・ノ・チ
7 1995年10月21日 パレード/トカゲ
8 1996年8月21日 天使のラブソング 天使のラブソング (オリジナル・カラオケ)
9 1996年11月1日 Natural Jump a little higher
10 1997年2月21日 恋はあせらず GO GO HAPPY DAY (Single Mix)
11 1997年11月6日 水の中の小さな太陽 昼下がりのイヴ
12 1998年1月28日 春雪うさぎ やさしい雨
13 1998年10月3日 わすれな草 星のおまつり のっこ名義
14 1999年5月12日 フレンズ 雨と太陽
15 1999年11月20日 昼の月 サニーサイド
目ポタ
16 2000年2月23日 キスがきこえる/I LOVE YOU

輸入盤

リリース日 タイトル 備考
1 1993年 I WILL CATCH U (English Version) CD/LPの2形態で発売。日本未発売の表題リミックス含む。

アルバム編集

オリジナル盤

リリース日 タイトル 備考
1 1992年3月25日 Hallelujah
2 1993年4月01日 I Will Catch U.
3 1993年5月20日 CALL ME NIGHTLIFE
4 1994年12月8日 colored
5 1996年11月21日 RHYMING CAFE
6 1998年12月2日 ベランダの岸辺 のっこ名義
7 2000年3月23日 Viaje
8 2013年11月8日 THE NOKKO STORY
9 2018年3月21日 TRUE WOMAN

ベスト盤

リリース日 タイトル 備考
1 1997年12月1日 THE BEST OF NOKKO レコード会社移籍に伴いリリースされたベスト盤。
2 2006年10月4日 NOKKO'S SELECTION, NOKKO'S BEST 自選のベスト盤。

リミックス盤

リリース日 タイトル 備考
1 2000年7月19日 REMIX NOKKO

カヴァー盤

リリース日 タイトル 備考
1 2010年1月13日 KISS セルフカヴァー曲含む、男性ヴォーカリストカヴァー集。
2 2015年10月28日 NOKKO sings REBECCA tunes 2015 レベッカのセルフカバー集[17]

クリスマス盤

リリース日 タイトル 備考
1 2012年11月23日 The Christmas Songs 自身初となるクリスマスアルバム。
2 2013年11月27日 もうすぐクリスマス 自身2枚目のクリスマスアルバム。

アナログレコード編集

輸入盤

リリース日 タイトル 備考
1 1993年4月1日 I Will Catch U. US盤、UK盤のみでリリース。

非売品

タイトル 備考
1 昼の月 枚数限定であり非売品。

配信編集

シングル

配信日 タイトル 備考
2010年1月10日 フレンズ iTunes storeで配信。
2011年2月10日 ゆうぐれなき(dont' cry baby) iTunes storeで限定配信。
2018年 iTunes storeで配信。

アルバム

配信日 タイトル 備考
2010年1月13日 KISS CDで収録のカヴァー曲「Tomorrow never knows」は未配信。

VHS/DVD編集

ライブ集編集

リリース日 タイトル 備考
1 1993年12月12日 CLUB HALLELUJAH ソロ転向後、初のライブ映像化作品。
2 2006年10月4日 CLUB HALLELUJAH & CLIPS VHS版のライブ集とPV集『GO GO HAPPY DAY』からの3曲のPVを集約、DVD化した作品。
VHS版のライブ集に収録されていたTV SPOTはカットされている。
ロンドンのリハーサルの模様の一部と自らのオーディオコメンタリー等が追加されている。

ビデオクリップ集編集

リリース日 タイトル 備考
1 1997年3月21日 GO GO HAPPY DAY ソロ転向後、初のPV集作品。
『奇跡のウェディングマーチ』『I Will Catch U』『天使のラヴソング』『GO GO HAPPY DAY』のPVを収録。

ソロ名義以外編集

SHORT HAIRS編集

ガールズバンドNORMA JEANの初代ギタリストだったMOTOKOと組んだ音楽ユニット

形態 リリース日 タイトル カップリング 備考
1 シングル 1990年9月1日 トランジスタ グラマー 抱きしめられて

NOKKO & GO編集

夫のGOH HOTODAと組んだ音楽ユニット。

形態 リリース日 タイトル 備考
1 アルバム 2003年11月5日 宇宙ノコモリウタ
2 アルバム 2005年4月20日 home sweet home (FURUSATO) inventions and Sinfonias 全篇インストゥルメンタルアルバム。500枚だけ限定で未発表の1曲入りCDシングル1枚が封入されていた。

タイアップ編集

NOKKO

曲名 備考
CRAZY CLOUDS JALPAK92'「I'LL」TV-CFキャンペーンソング
今どきの男の子 久光製薬フレッシングクリーム CFソング
Vivace 資生堂「Vivace」TV-CFイメージソング
人魚 フジテレビボクたちのドラマシリーズ時をかける少女」主題歌
CRYING ON MONDAY フジテレビ系「ウゴウゴルーガ」オープニング・テーマ(3ばんめのうた)
ライブがはねたら カルピスカルピスウォータライト」TV-CFイメージソング
イ・ノ・チ サンスター「VO5」TV-CFイメージソング
パレード
トカゲ TOKYO FMオータムキャンペーンイメージソング
天使のラブソング よみうりテレビ日本テレビ系アニメ「ガンバリスト!駿」エンディング・テーマ
Natural NHK連続テレビ小説ふたりっ子」主題歌
恋はあせらず 日産自動車スウィートセフィーロ」TV-CFイメージソング
GO GO HAPPY DAY 日本テレビ系「TVおじゃマンモス」エンディングテーマ
春雪うさぎ 資生堂ピエヌ」TV-CFイメージソング
フレンズ フジテレビ系「リップスティック」挿入歌
昼の月 日本テレビ系「THE・サンデー」エンディング・テーマ
I LOVE YOU テレビ朝日系「たけしの万物創世記」エンディング・テーマ
ゆうぐれなき (dont' cry baby) 静岡県庁健康福祉部こども部「ふじさんっこ応援キャンペーン」TV-CFイメージソング
テレビ東京平昌五輪テーマソング[18]

SHORT HAIRS

曲名 備考
トランジスタ グラマー テレビ朝日系「EVE」オープニング・テーマ

NOKKO & GO

曲名 備考
フルサト NHKみんなのうた」2005年10月・11月期

書籍・掲載編集

単行本編集

  • NOKKO THIS TOWN,NEW YORKフォト&エッセイ - 1986年5月

雑誌編集

  • ROCKIN'ON JAPAN(株式会社ロッキング・オン) - 2万字インタヴュー 1992年3月号
  • 英国版 VOUGE - 6P掲載 撮影はEllen von Unwerthによるもの 1993年
  • 田舎暮らしの本(宝島社) - 巻頭インタヴュー 2011年1月号
  • 婦人公論 - インタビュー 2011年4月22日号

新聞編集

  • 静岡新聞 夕刊 - 社会時評「窓辺」火曜日担当 2009年7月7日(火)〜9月29日(火)
  • 静岡新聞 - NOKKO×名波浩(元Jリーガー)×地元財界人による対談が2面にわたって掲載 2009年10月14日(水)

絵本編集

  • フルサト―DVD付き絵本 マドラ出版(DVD 2004年3月10日)
    谷内六郎の描いた名画のうち28点の作品を鑑賞できる。
    NHKみんなのうた」で放送されたNOKKO & GO 「フルサト」の映像も収録。
    映像特典として「フルサト」原画ギャラリーにNOKKOのナレーション付きで収録。

出演編集

映画編集

ラジオ番組編集

DJ

ライブ

  • KIRIN BEER "Good Luck" LIVE(2011年1月8日 JFN系列38局ネット) - 生放送公開ライブのライブゲスト
  • KIRIN BEER "Good Luck" LIVE(2012年12月1日 JFN系列38局ネット) - 生放送公開ライブのライブゲスト

テレビ番組編集

音楽

ドキュメンタリー

ドラマ

トーク・バラエティ

ほか多数

教養

CM編集

  • 小西酒造『清酒白雪 オット!生』(1984年)
  • 久光製薬 『Freshing』(1992年
  • JALPAK 『I'll』「人が行かないときに、行く。」 2篇(1992年)
  • JALPAK 『I'll』「I'llな休み方」 2篇(1993年)
  • カルピス株式会社 『カルピスウォーターライト』15秒、30秒版(1994年)
  • カルピス株式会社 『カルピスウォーターライト』(1995年)
  • サンスター 『VO5 ベースメイク』 日本で撮影の「パレード」15秒版 1篇と、NYで撮影の「イ・ノ・チ」15秒版 2篇(1995年)
  • 日清食品 『中華そば』 2篇 15秒、30秒版(1999年)

声の出演

  • 資生堂 『Vivace』 歌を担当(1993年)
  • 日産自動車 『新スウィート セフィーロ』 2篇 歌を担当(1997年)
  • 資生堂 『春ピエヌ』 歌を担当(1998年1月)
  • KIRIN 『ラガーライト』 2篇 歌を担当(1999年)
  • キリンビバレッジ 『きりり にごり果実』 2篇 ナレーションを担当(2001年)
  • 不二家 『バースディケーキ』 歌(オリジナルソング)を担当(2001年)
  • 三菱地所ホーム 『フーさん』 2篇 ナレーションを担当(2005年5月)
  • カネボウ化粧品 『freeplus』 キャッチコピーの歌を担当(2007年1月)
  • キユーピー 『キユーピー あえるパスタソースたらこ』 「巨大たらこ、街を行く」篇 歌「たらこ・たらこ・たらこ」とナレーションを担当(2008年)
  • コカ・コーラ 『アクアセラピー MINAQUA』 PURE YOU「涙」と、PURE YOU「雨」篇 歌を担当(2008年6月)
  • 資生堂 『INTEGRATE』「射止める」篇 15秒、30秒版 歌を担当(2009年9月)
  • 静岡銀行 15秒版 歌を担当(2010年)
  • 静岡県庁健康福祉部こども部 「ふじさんっこ応援キャンペーン」2篇 曲とナレーションを担当(2011年)
  • 小野薬品で歌を担当(2012年)

アニメーション編集

地上波放送

映画

  • '97夏 東映アニメフェア 「たまごっちホントのはなし」- ナレーションを担当 (7月12日公開 監督 橋本光夫(東映 1997年)

OVA

参加編集

CD編集

リリース日 アーティスト タイトル 楽曲 備考
1986年6月1日 松田聖子 SUPREME 「上海倶楽部」 コーラス
1986年11月21日 ECHOES No Kidding 「What can I Do?」
1988年4月21日 武部聡志 Clara 「BEES NING」 久保田利伸とともにメインボーカル
1988年11月16日 高橋幸宏 EGO 「Look of Love」 コーラス
1988年12月9日 聖飢魔II THE OUTER MISSION 「THE OUTER MISSION」
1994年1月31日 吉川晃司 Cloudy Heart Rambling Rose
1996年7月25日 T.M.スティーヴンス STICKY WICKED 「ONLY YOU」 ゲストボーカル
1998年9月30日 村上“ポンタ”秀一 Welcame To My Life I Want You Back
1999年9月22日 Various Artists Dear Yuming〜荒井由実/松任谷由実カバー・コレクション〜 COBALT HOUR
2004年3月24日 JAFROSAX JAFROSAX 「Rollin'」
2004年9月1日 TAKUYA 54 it 「VS 03 (LHN to JFK)」 コーラス
2010年2月24日 KG Love for you Time after time ゲストボーカル
2010年2月24日 稲垣潤一 男と女3 -TWO HEARTS TWO VOICES- 浪漫飛行
2011年11月23日 鳥山雄司 YUJI“cut the man”T. Like a Virgin

ライブ編集

  • 大和之国まほろば天響祭 - 【明日香村・石舞台地区野外ステージ】
2005年・2008年の2度の出演
  • 木村カエラ presents♀オンナク祭オトコク祭2009♂ - 【SHIBUYA-AX】
2009年12月19日のオンナク祭(女子限定の日)にオープニングアクトとしてサプライズ出演
  • soul of どんと 〜復活!10周年SPECIAL! - 【日比谷野外大音楽堂】
2010年8月15日に出演し、どんとの子息であるラキタと「最後にひとつ」を唄った。
  • EMTG MUSIC Fes. 2010 Heart Music Heart Live - 【さいたまスーパーアリーナ】
2010年12月11日と12日の2日間の開催の内、12日に出演。
  • 聖飢魔II Presents「Tribute to JAPAN」 - 【両国国技館】2011年11月30日と12月1日の2日間の開催の内、30日に出演。
  • ポピュラーウィーク2012 -【東京文化会館】2012年2月15日/5夜連続で繰り広げられるアコースティックライブ『屋敷豪太×NOKKO×矢井田瞳』に出演。
  • OTODAMA SEA STUDIO - 2012年7月28日
  • Slow Music Slow LIVE '12 in 池上本門寺 - 2012年8月25日
  • Premium 3Nights produced by 武部聡志 第三夜〜MUSIC DIG vol.6〜 - 2012年9月6日
  • 第9回ゴールドコンサート - [東京国際フォーラム ホール]2012年9月22日 特別ゲスト出演。
  • Billboard-LIVE ビルボードライブ - 2012年10月13日 OSAKA、10月21日 TOKYO
  • Child Aid Live 品川プリンス ステラボール - 2012年10月27日
  • NOKKOクリスマスコンサート名古屋ミッドランドスクエア - 2012年12月22日
  • ホテルオークラ東京 開業50周年特別イベント「Silent Christmas 〜Wishes for you〜」 - 2012年12月24日 ゲスト出演。

脚注編集

  1. ^ a b REBECCAのNOKKOがワタナベエンターテインメントに仲間入り!! - ワタナベエンターテインメント・2016年4月1日
  2. ^ 散歩の達人』 2016年1月号 インタビュー~NOKKOとレベッカがいた浦和
  3. ^ レベッカ・NOKKOの今 42歳で出産、熱海暮らし”. 日経ウーマンオンライン. (2017年7月9日). 2018年12月30日閲覧。
  4. ^ NOKKOがデビュー25周年で再始動、来年1月の新譜に「フレンズ」カバー収録”. ORICON NEWS. (2009年11月25日). 2018年12月31日閲覧。
  5. ^ 元REBECCAのNOKKO、約14年ぶりとなるオリジナルアルバム登場”. BARKS. (2013年10月21日). 2018年12月30日閲覧。
  6. ^ レベッカ再結成へ NOKKOが語る本当の理由「もう聴かないと思っていた」”. HUFFPOST. (2015年4月20日). 2018年12月30日閲覧。
  7. ^ NOKKO、初のフルオーケストラ公演の演奏予定曲が発表 「フレンズ」「人魚」などNOKKO&REBECCA代表曲から最新作まで”. billboard JAPAN. (2018年3月2日). 2018年12月30日閲覧。
  8. ^ 『月刊カドカワ VOL.6 NO.12』、角川書店、1988年12月、61頁。
  9. ^ 元レベッカのNOKKOが告白「私はロックな人間じゃない」”. AERA dot. (2018年9月11日). 2018年12月30日閲覧。
  10. ^ REBECCA 「ラブ イズ Cash」の“Cash”はお金じゃなくて「今、この時」という意味”. エンタメステーション. (2017年7月14日). 2018年12月30日閲覧。
  11. ^ 1985年11月15日、レベッカ『REBECCA Ⅳ~Maybe Tomorrow』がオリコン・アルバム・チャート1位を獲得”. ニッポン放送. (2018年11月15日). 2018年12月30日閲覧。
  12. ^ 【ロングインタビュー】今語られる、1980年代埼玉ロックシーンの悲喜交交”. BARKS. (2015年6月4日). 2018年12月30日閲覧。
  13. ^ プロフィール”. ゴウ ホトダ公式サイト. 2018年12月30日閲覧。
  14. ^ NOKKO 7歳長女が“CDデビュー” 新アルバムでコーラス”. スポニチANNEX. (2013年12月9日). 2018年1月日閲覧。
  15. ^ 広報取材日記(平成26年4月)”. 熱海市役所. (2014年4月). 2018年12月31日閲覧。
  16. ^ 『月刊カドカワ VOL.6 NO.12』、角川書店、1988年12月、84頁。
  17. ^ NOKKOソロ作でレベッカカバー 「フレンズ」にCharisma.com参加”. ORICON (2015年9月11日). 2015年9月11日閲覧。
  18. ^ NOKKO、新曲「翼」がテレビ東京系・平昌五輪テーマソングに決定 作曲:水野良樹、編曲:松任谷正隆の豪華タッグ Billboard JAPAN、2018年1月16日閲覧。
  19. ^ NOKKOのオカエリ ただいま”. ニッポン放送. 2019年10月5日閲覧。

外部リンク編集

公式サイト
作品情報