富山空港

日本の富山県にある空港
富山空港
Toyama Airport
Toyama air.jpg
IATA: TOY - ICAO: RJNT
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 富山県富山市
種類 商業
運営者 富山県
運用時間 7:00 - 21:30
標高 29 m (85 ft)
座標 北緯36度38分54秒 東経137度11分15秒 / 北緯36.64833度 東経137.18750度 / 36.64833; 137.18750座標: 北緯36度38分54秒 東経137度11分15秒 / 北緯36.64833度 東経137.18750度 / 36.64833; 137.18750
ウェブサイト 富山きときと空港
地図
富山空港の位置
富山空港の位置
TOY
富山空港の位置
富山空港の位置
TOY
富山空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
02/20 I 2000×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
上空俯瞰

富山空港(とやまくうこう、: Toyama Airport[注 1]は、富山県富山市秋ヶ島にある地方管理空港である。愛称は、富山きときと空港である。

目次

概要編集

富山市中心部の南約7キロメートルに位置する[1]。富山市街地や富山IC国道41号から近くアクセスの利便性が高いため、富山県民のみならず、近隣の新潟県上越地方岐阜県飛騨地方などからも利用しやすい空港である。制限表面は外側水平表面(航空法:半径24km以下、高さ295m)や円錐表面(半径16.5km以下)が設定されておらず、水平表面(半径4km以下、高さ45m)が半径3kmで設定されている[2]。このため、近接しながらも市街地でのビル建設には影響を与えていない。

日本で唯一河川敷に作られた空港で、滑走路エプロンなどは神通川右岸の河川敷にある。ターミナルビルは河川外にあり、堤防をまたいで建設されたボーディング・ブリッジの長さは日本一である。河川敷という立地ゆえ、滑走路南北端にある橋梁のために滑走路の延長や計器着陸装置の完全設置が困難であり(滑走路の中心を示すローカライザーのみ)、冬場の大雪や春先の濃霧による欠航が多発したり、敷地の余裕がなく滑走路の両端まで誘導路が作れない(平行誘導路がなく、離陸機は滑走路末端のターニングパッドでUターンしてから離陸していく)という物理的制約が厳しい。

発着便数は地元協定で1日あたり15便が上限となっている。このため、移転して海上などへの新空港建設が検討されたこともあったが、費用面の問題や、また北陸新幹線金沢駅延伸後に羽田線の便数維持が難しい[注 2]こともあり、現空港を活用する方針となった。2015年3月に実現した北陸新幹線開業後の富山空港利用者数は一月あたり平均40%の利用客減少に悩まされており、関係者からは各種の利用振興策が期待されている。

航空機の進入路にあたる北陸自動車道の神通川橋には、昼間障害標識として紅白の塗装が施されている。また、神通川橋両端部には「航空機通過わき見注意」という注意標識が設置されている。

年間利用客数は、国内886,542人、国際87,716人(2013年度)[3]立山黒部アルペンルート のうち、特に20メートル近くにもなる雪の壁「雪の大谷」の人気が高く、ルートが開通する4月から6月まで韓国、中国、台湾、タイからの国際便がチャーター便も含めて増えている。

国内線手荷物受取所の、旅行用トランクなどを運ぶベルトコンベアに、富山県観光課が富山湾の模型を2012年末より[4]搭載していて、観光面でアピールしている[5]

歴史編集

施設編集

 
滑走路から撮影した空港ビル
ターミナルビル
管制塔
貨物ビル
その他

定期就航路線編集

航空会社名が2社以上の場合、最前の航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航便

国内線編集

航空会社 就航地
全日本空輸 新千歳空港東京国際空港
(富山空港発)就航路線別旅客数/順位[8]
行き先 旅客数 国内線順位
東京国際空港 約79万人 上位34位

国際線乗継便編集

東京国際空港の各便には、コードシェア便として海外航空会社便名が付与される便がある。海外航空会社便名での利用は国際線乗継旅客に限られ、国内区間のみの利用は国内航空会社便名となる。

目的地 主たる航空会社 コードシェアする航空会社
東京国際空港   全日本空輸  中国国際航空  エバー航空 シンガポール航空 (SQ)

国際線編集

航空会社 就航地
上海航空中国東方航空  中国上海浦東国際空港(上海)
中国南方航空  中国・大連周水子国際空港(大連) [9]
チャイナエアライン日本航空  台湾・台湾桃園国際空港(台北)

休廃止路線編集

国内線[10]
航空会社 就航地
日本航空 東京国際空港
日本トランスオーシャン航空 那覇空港(7月および8月の季節運航)
全日本空輸 大阪国際空港関西国際空港名古屋空港福岡空港新潟空港
エアーニッポン 福岡空港(ANA便として運航開始後も機材および乗務員を使用)
AIRDO 新千歳空港(ANAとの共同運航)
中日本エアラインサービス 名古屋空港、広島西飛行場長崎空港(3月から5月までの季節運航)、函館空港(7月から10月までの季節運航)
国際線
航空会社 就航地
中国南方航空  中国・北京首都国際空港(北京、大連経由)
ファーイースタン航空  台湾・台湾桃園国際空港(台北、季節運航便)
ウラジオストク航空  ロシアウラジオストク空港(ウラジオストク、2010年12月25日より運休中)

利用状況編集

旅客数編集

以下に定期便とチャーター便を合計した乗降客数を示す[11]マウスポインタを棒グラフの各要素に合わせると、該当年度の数値がポップアップする。

100,000
200,000
300,000
400,000
500,000
600,000
700,000
800,000
900,000
1,000,000
2010年度
2015年度
  •   国内線
  •   国際線

以下に1985年度以降の定期便とチャーター便を合計した乗降客の概数(国内線と国際線の合計)を示す[12][13][注 3]。マウスポインタを棒グラフに合わせると、該当年度の数値がポップアップする。

250,000
500,000
750,000
1,000,000
1,250,000
1,500,000
1985年度
1990年度
1995年度
2000年度
2005年度
2010年度
2015年度

交通編集

本数・所要時間・運賃等の詳細は、該当項目や公式サイトを参照。

路線バス・乗合タクシー編集

  • 2017年4月1日現在、富山駅前、総合運動公園、濃飛バス神岡営業所・平湯バスターミナルをそれぞれ発着する路線がある。また夏季のみ運行する「室堂線」の富山駅行きが乗り入れる(要予約)。このほか、高岡、砺波、魚津へ空港連絡乗合タクシーが運行されている。

タクシー編集

  • 富山駅からはタクシーで20分程度、高岡駅からは35分程度である。

レンタカー編集

  • レンタカー各社のサービスを受けることができる。ターミナルビル1階に各社共同のレンタカーカウンターがある。

道路編集

駐車場編集

  • 有料駐車場(165台。6時間まで100円。6時間以上24時間まで600円)、無料駐車場と仮駐車場(無料。無料・仮併せて1,507台)がある。無料駐車場はAからHまであり、E,F,G,H及び仮駐車場は24時間出入庫が可能。また、無料駐車場は原則として、連泊数に制限はない。
  • 2017年3月末に、迎えの車専用の駐車スペース(無料。19台分。30分以内)が2ヵ所新設された。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 戦前は現在の富山市の北西の旧倉垣村に富山飛行場(倉垣飛行場)があった。
  2. ^ 対東京都心への所要時間で比較すると、北陸新幹線での富山駅 - 東京駅間の最速所要時間は2時間8分と発表されており、空港での搭乗手続きを含めた乗継を含めない所要時間と大差がなく、また乗継の手間もかかる。
  3. ^ 2015年度の数値は実数[13]

出典編集

  1. ^ 富山空港”. 管内空港の現況と出先機関. 国土交通省大阪航空局. 2014年7月8日閲覧。
  2. ^ 富山空港周辺での建物等設置の高さ制限について(富山県)
  3. ^ “管内空港の利用状況概況集計表(平成25年度速報値)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省大阪航空局, http://www.ocab.mlit.go.jp/about/total/report/pdf/riyou_h25d.pdf 
  4. ^ “夏の旬ネタ10貫に 富山空港のオブジェ”. 読売新聞. (2013年8月17日). オリジナル2013年8月17日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/rNAqw 2013年8月29日閲覧。 
  5. ^ “荷物と一緒に流れる巨大すし 地方空港、オブジェでPR”. 朝日新聞デジタル. (2013年2月9日). http://www.asahi.com/travel/news/SEB201302070002.html 2013年8月16日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ 富山 - 台北線 増便予定のお知らせ - チャイナエアライン 2014年1月27日
  7. ^ 富山ソウル便 冬場は運休の季節運航に - チューリップテレビ 2016年08月09日
  8. ^ “平成25年度の航空輸送統計の概況について” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省総合政策局, (2014年6月3日), http://www.mlit.go.jp/common/001041866.pdf 上位50位までを記載
  9. ^ 中国南方航空、9月25日から富山/大連線を運航再開 FlyTeam 2013年8月19日付
  10. ^ 『富山空港ターミナルビル30周年記念誌』86ページおよび87ページ - 富山空港ターミナルビル(2012年12月発行)
  11. ^ 富山空港の利用状況(富山県)
  12. ^ 平成26年度 富山きときと空港の利用状況について (PDF) (富山県)
  13. ^ a b 富山空港の15年度利用者、32%減 羽田便減少響く、国際線は増 - 日本経済新聞(2016年5月24日)

参考文献編集

  • 『平成24年度 富山空港概要』 - 富山県富山空港管理事務所(2012年8月発行)
  • 『富山空港ターミナルビル30周年記念誌』 - 富山空港ターミナルビル(2012年12月15日発行)

関連項目編集

外部リンク編集