メインメニューを開く

津田 一男(つだ かずお、1919年大正8年[1]7月20日 - 1984年昭和59年[1][2][3]12月26日[2])は、日本プロ野球記者野球解説者広島県広島市出身[1]

津田 一男
生誕 1919年大正8年)7月20日
死没 1984年昭和59年)12月26日(65歳没)
教育 神戸高等商業学校
職業 スポーツライター野球記者
野球解説者
実業家
代表経歴 中国新聞社記者(1948年 - 1975年)・運動部長(1961年 - 1975年)
→事業局長(1975年 - )
取締役事業局長(1978年 - )
顧問(1981年 - )
ラジオ中国→中国放送(RCC)野球解説者(1956年 - 1975年)
テレビ新広島(TSS)・フジテレビ野球解説者(1976年)
中国新聞文化センター専務取締役
中国新聞トラベルサービス社長

目次

来歴・人物編集

出身校は、広島県立広島第一中学校(広島一中。のちの広島県立広島国泰寺高等学校[3]神戸高等商業学校(神戸高商。のちの神戸大学[1][3]。中学時代はは堅守の内野手として鳴らしたものの、親の反対により野球を断念[3]戦後の復員以降は、知人と乾物店を経営しながら、母校・広島一中などで野球のコーチを務めたり、実業団野球チームの全広島に参加していた[3]

1948年(昭和23年)に中国新聞社へ入社し[1][3]、運動部記者となり[1]プロ野球記者としての活動を開始[3]1949年(昭和24年)秋の地元球団・広島カープ(のちの広島東洋カープ)創設以降はカープの番記者として活動[3]1954年(昭和29年)のフィリピン遠征に顧問記者として同行したり[3]、ミーティングに参加するなどカープと密着し[3]1972年(昭和47年)からは『球心』と題したコラムを『中国新聞』紙上に連載[3]。その傍ら、1956年(昭和31年)から[4]地元の民間放送局・ラジオ中国(のちの中国放送。RCC)でカープ戦中継の解説者[3][4]1961年(昭和36年)からは中国新聞社運動部長[1]をそれぞれ務めた。

カープが初のセントラル・リーグ優勝を達成した1975年(昭和50年)10月15日を最後に記者生活から離れ翌11月に定年退職[3]。その後は理事[3](または事業局長[1])、取締役[3]1978年=昭和53年から1981年=昭和56年まで[1]。事業局長と兼任[1])を務めた。1981年の取締役事業局長退任後は[1]顧問[1]・中国新聞文化センター専務取締役[1]・中国新聞トラベルサービス社長[1][3]を歴任した。

その一方、1976年(昭和51年)にはテレビ新広島(TSS)とネットキー局フジテレビの野球解説者を務め、1979年(昭和54年)・1980年(昭和55年)のリーグ・日本シリーズ連覇の際には中国新聞社から出版された雑誌への執筆を行った[3]。1984年7月末、中国新聞の全面広告用に書いた、山本浩二への激励文が遺稿となった[3]

1984年12月26日に死去[2]。65歳没[3]

NHK広島放送局製作のドキュメンタリードラマ『シリーズ被爆70年 ヒロシマ 復興を支えた市民たち 第1回「鯉昇れ、焦土の空へ」』(2015年2月7日放送)では、岡田義徳が津田の役を演じている[5]

関連情報編集

連載コラム編集

  • 広島カープ十年史(『中国新聞』1959年=昭和34年11月25日P4から1960年=昭和35年4月9日P4まで、全132回)[6]
  • 球心(『中国新聞』1972年 - 1975年)

著書編集

出演番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『広島県風土記』P516
  2. ^ a b c 『中国新聞百年史』資料編・年表 P441
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 外部リンク『(17)カープ記者一代記 ファンの心映し愛着にじむ筆致初Vで集大成』を参照。
  4. ^ a b 『中国放送の50年』P49
  5. ^ ヒロシマ 復興を支えた市民たち|NHK広島放送局 - NHKオンライン(キャスト)
  6. ^ 津田一男コラム「広島カープ10年」(中国新聞連載)について掲載時期が知りたい。 - レファレンス協同データベース
  7. ^ a b 『中国放送の50年』P104を参照。また、外部リンク『(17)カープ記者一代記 ファンの心映し愛着にじむ筆致初Vで集大成』においても、1959年4月1日の中継に実況アナの山中善和とともに臨む模様が、写真とともに記載(初のテレビ中継・対戦カードについての記載は無し)。

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集