メインメニューを開く


浄円院(じょうえんいん、明暦元年(1655年) - 享保11年6月9日1726年7月8日))は、紀州藩徳川光貞側室で、江戸幕府8代将軍徳川吉宗の生母。俗名は由利

生涯編集

紀州藩士巨勢利清の娘として生まれたとされるが、百姓の娘であるという説などが多数ある。

紀州藩の大奥で湯殿番をしていたお紋に藩主・光貞が手をつけたと云われており、その後、側室となる。貞享元年(1684年)に光貞との間に四男・源六(後の吉宗)を出産する。しかし、お紋の身分が低かったためか、源六は幼年期には家老の元で育てられた。

その後、源六は新之助、頼方、吉宗と名を改め、宝永2年(1705年)に光貞や兄2人が没した後に紀州藩主となる。吉宗がこれほど出世しても、低い身分の出であるお紋は人目に立たない暮らしをしていたとされ、光貞没後に落飾して浄円院と称した。

享保元年(1716年)に吉宗が将軍に就任すると、享保3年(1718年)5月に和歌山城から江戸城に移った[1]

享保11年(1726年6月9日、死去。戒名は浄円院殿禅台知鏡大姉。墓所は東京都台東区にある寛永寺

登場作品編集

編集

[ヘルプ]
  1. ^ 深井雅海「講演 徳川将軍の情報収集活動」1991年6月(『情報管理 Vol.34 No.3』)

参考文献編集