徳川の女たち』(とくがわのおんなたち)は、フジテレビ東映が制作し、1980年4月14日から7月4日に『ライオン奥様劇場』枠で放送されたテレビ時代劇。全60話。

概要編集

  • いわゆる「大奥」ジャンル物に当たる作品であるが、江戸時代を通して取り上げるものではなく、春日局徳川吉宗を慕う町娘・お袖(本性院お袖とは別人)、松島局をそれぞれ主人公に据えた20話完結の3部構成となっている。関西テレビフジテレビの大奥物には共通して史実軽視の傾向が見られるが、このドラマは衣裳考証から人物考証までその傾向がさらに加速されて、エンターテイメント性を重視する傾向が強い。第一部では、徳川家康の正室築山殿が生きており、春日局を陰から助ける。第三部に至っては伊達騒動を元にした歌舞伎伽羅先代萩』をネタにしている。

あらすじ編集

  • 第一部:春日局は自らが養育した徳川家光を次期将軍とすべく、お江の方の押す徳川忠長に対抗して様々な策謀を巡らせる…
  • 第二部:密かに徳川頼方と恋仲になっていた江戸の町娘・お袖は、苦悩の末、八代将軍となった頼方(吉宗)を追って大奥に上がるが…
  • 第三部:徳川家斉の時代、世継ぎを巡る陰謀から将軍の子供を次々暗殺する大奥総取締・滝川。大奥を追放された元側室・左京の局の懇願により、左京の方の子の乳母「松島」として大奥入りしたゆきえだったが…

再放送編集

ネット配信編集

スタッフ編集

キャスト編集

第一部「華麗 春日局」(#1~#20) 徳川家の安泰と三代将軍・家光のため、自分の生涯を投げうって生きた春日局と周りの女性たちとの壮絶な闘いのドラマ。 元和3年、二代将軍・秀忠の時代。徳川三代将軍は家康存命中は春日局の直訴によって、長子・家光と決まっていたが、死後、状況が変わり、城中の大方の意見は忠長に傾いていた。それは秀忠の正室・お江の方の圧力と、何事にも優れた忠長への期待によるものだった。一方家光は、誰の目からも見おとりしていた。唯一気遣っていたのは乳母・おふく、すなわち春日局だった。春日は、何としてもこの事態を収拾せねばならないと、策をめぐらしていた…。

第二部「悲恋 お袖吉宗」(#21~#40) 「愛」という形象の中に彩られた人間的本質―相剋と葛藤、孤独と恐怖、嫉妬と憎悪、不安と疑惑を、大奥という特異な世界を舞台に描く。第二部は、八代将軍になるとは思っていなかった若き日の吉宗(中島久之)と、江戸の町娘・お袖(吉沢京子)との清純なラブロマンス。

  • たけ(昌平黌の女中):かわいのどか
  • 源太(昌平黌の学生):有光豊
  • 久松幾之進(昌平黌の学生):小坂和之
  • 近藤由蔵(昌平黌の学生):白井滋郎
  • 十朱一作(昌平黌の学生):石塚祥聖
  • 学生(昌平黌の学生):峰蘭太郎
  • 久兵衛(お袖の許婚):石田信之
  • 間部詮房(筆頭老中):勝部演之
  • 亀岡(大奥年寄):長谷川待子
  • 山吹(大奥女中):湖条千秋
  • 吉野(大奥女中):平野真理
  • さくら(大奥女中):立花夕起子
  • 五月(大奥女中):江田真弓
  • 寿安(お坊主):小林泉
  • 長命(お坊主):新屋英子
  • 利庵(医者):森源太郎
  • 浜口新兵衛(お浜御殿の留守居役):北原将光
  • 相庵(奥医師):北村光生

第三部「哀惜 母ひとり」(#41~#60) 第三部は、幼い主君を守るために我が子を犠牲にしなければならなかった古い道徳の時代の話を描く。大奥留守居役・木村伊織の妻ゆきえは、かつて仕えた左京の方の頼みで、夫・伊織と離縁して若君・福松の乳母として大奥に上がる。

  • 牧野播磨(側用人):唐沢民賢
  • 工藤十内(近習頭):大木晤郎
  • 佐々木左近(伊織の弟):瀬戸山功
  • 宮内雄一郎(伊織の部下):西田良
  • おちかの方(家斉の側室):山口朱美
  • おすめの方(家斉の側室):奈三恭子
  • かえで(左京の方付侍女):植木悦子
  • 梢(左京の方付侍女→松島付侍女):三波美夕紀
  • 浪路(滝川付侍女):三浦徳子
  • 町子(浪路の妹):上原ゆかり
  • ゆみ(滝川付侍女):日高久美子
  • 小太郎(ゆきえの子):上田孝則
  • 家千代(家斉の子):中江一郎
  • まつ(呉服之間の女中):里見和香
  • かな(呉服之間の女中):多田千香
  • てる(呉服之間の女中):尾崎弥枝
  • くみ(呉服之間の女中):沢芝藍子
  • あき(呉服之間の女中):大崎紀子
  • とし(呉服之間の女中):戸崎ひとみ
  • きみ(女中):桐原五月
  • たえ(女中):中嶋洋子
  • さゆり(家千代付侍女):結城マミ
  • とき(女中):河野富子
  • さち(女中):藤方佐和子
  • ひらめ(大奥御膳処頭):酒井久美子
  • 宮城(大奥お役人):藤山喜子
  • りき(呉服之間頭):中真千子
  • 浪花屋(浪路の父):鈴木康弘
  • 玄庵(奥医師):日高久
  • 尾張屋(近衛家御用商人):市川男女之助
  • 大江親信(左大臣):溝田繁


フジテレビ ライオン奥様劇場
前番組 番組名 次番組
徳川の女たち