浅野 長澄(あさの ながずみ)は、江戸時代前期から中期にかけての大名通称大助(だいすけ)。備後国三次藩の第3代藩主官位従五位下土佐守

 
浅野長澄
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文11年12月1日1671年12月31日
死没 享保3年8月4日1718年8月29日
別名 大助(通称)
戒名 霖應熊山天柱院
墓所 広島県三次市鳳源寺
官位 従五位下土佐守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
備後三次藩
氏族 浅野氏
父母 浅野綱晟九条道房の5女・八代姫
養父浅野長照
兄弟 綱長長澄本多忠常正室
正室小笠原忠雄の娘・福姫
長経長寔
テンプレートを表示

生涯編集

安芸国広島藩主・浅野綱晟の次男として誕生。

天和元年(1681年)2月12日、第5代将軍・徳川綱吉に初御目見する。広島藩の支藩三次藩・第2代藩主で叔父の浅野長照は病弱で嫡子もなかったため、長澄が天和2年(1682年)8月6日に養子に入った。

貞享2年(1685年)12月28日、従五位下・土佐守に叙任する。元禄4年(1691年)6月5日には幕府奥詰を務めたが、12月に長照の隠居により家督を相続する。同時に奥詰を免ぜられ、藩政に集中する。元禄5年(1692年)4月21日に暇をえて国許の備後三次に初めて入った。元禄11年(1698年)に備後福山藩水野勝岑が所領を没収された際には、福山城の城受け取りを命じられた。

元禄14年(1701年)3月14日、親戚の播磨国赤穂藩主・浅野長矩吉良義央に刃傷に及び、切腹改易となると、長矩の正室・阿久里(瑤泉院・三次藩初代藩主・浅野長治の娘)を三次藩下屋敷に引き取った(正確には事件時長澄は国許にいたので、前藩主・長照が手配した)。 江戸に居た養父・長照にも遠慮(江戸城登城禁止)処分が下された。連座を懼れた長澄は、本家広島藩が主導する大石の討ち入り阻止に協力した。しかし、元禄赤穂事件は起き、長澄もまた謹慎を命じられた[1]

宝永4年(1707年)12月28日、江戸城の浜御殿普請の功で時服10領を賜った。

享保3年(1718年)8月4日、三次陣屋にて死去した。享年48。地元の鳳源寺に葬られた。法名は霖應熊山天柱院。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『冷光君御伝記』第三巻

関連項目編集