メインメニューを開く

牛山送信所編集

牛山送信所
 
送信所名 牛山送信所
局名 浜松中継局
送信波 地上デジタルテレビジョン放送
地上アナログテレビジョン放送(廃止)
FMラジオ放送
偏波面 水平偏波
送信塔 1
空中線形式
凡例
4L2段4面(〈NHK-DG・NHK-DE〉、〈SDT-D・SATV-D・SBS-D・SUT-D〉)
2L4段4面(NHK-AG、NHK-AE)
SG6段2面・SG1段2面(NHK-FM)
送信放送局 NHK静岡放送局(デジタルテレビ・FM)
(アナログテレビ・廃止)
SBS静岡放送
SUTテレビ静岡
SATV静岡朝日テレビ
SDT静岡第一テレビ
(いずれもデジタルテレビ)
空中線電力 デジタルテレビ:1kW
アナログテレビ:映像1kW/音声250W
FM:250W
指向性 東方向はかなり強め、西方向はやや弱め
開局 1959年11月20日
設置場所 430-8691 静岡県浜松市中区下池川町35-28
特記事項:
愛知国際放送(RADIO-i)2010年9月30日24時をもって閉局し、廃止された。 また、NHK静岡放送局(総合テレビ教育テレビ)のアナログテレビ送信所も設置されていたが、2011年7月24日のアナログ放送終了とともに廃止された。
テンプレートを表示

概要編集

所在地は浜松市中区下池川町35-28。テレビ、ラジオ放送の中継局で、静岡県内全放送局の地上デジタルテレビジョン放送、NHK静岡放送局のFMラジオ放送の送信を行っている。

また、2010年9月30日までは外国語放送局の中継局も設置され、2011年7月24日まではNHK静岡放送局の地上アナログテレビジョン放送の中継局も設置されていたが、アナログテレビ放送終了とともに廃止された。

旧・NHK浜松支局(浜松放送会館)が敷地内に設置されていたが、老朽化などにより2016年報道機能を浜松アクトタワーに移転、次いでアーカイブス部署を川口市、営業部を静岡市に移転のうえ2018年2月に閉鎖された。今後は取り壊しの予定。

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

リモコンキー
ID
放送局 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
1 NHK静岡
総合
20 1kW 8.9kW 静岡県 約39万8,000世帯
2 NHK静岡
教育
13 9.8kW 全国
4 SDT
静岡第一テレビ
25 7kW 静岡県
5 SATV
静岡朝日テレビ
23 7.2kW
6 SBS
静岡放送
21
8 SUT
テレビ静岡
22 7.5kW

歴史編集

  • 2005年
    • 3月23日 - 予備免許交付
    • 5月30日 - 免許交付(NHK静岡(総合・教育)・静岡放送)
    • 6月1日 - 放送開始(NHK静岡(総合・教育)・静岡放送)
    • 10月31日 - 免許交付(テレビ静岡・静岡朝日テレビ・静岡第一テレビ)
    • 11月1日 - 放送開始(テレビ静岡・静岡朝日テレビ・静岡第一テレビ)

補足編集

  • 地上アナログテレビ放送と異なり、全放送局とも中継局の扱いであるためコールサインの割り当ては一切ない。
  • 減力放送の場合は、放送区域内世帯数が、約33万5,000世帯となる。

FMラジオ放送送信設備編集

放送局名 周波数
MHz
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
NHK静岡
FM
82.1 250W 1.9kW 静岡県 約-世帯

補足編集

  • NHK-FM放送は、開局時から中継局である。

NHK地上アナログテレビジョン放送送信設備(廃止)編集

放送局名 コールサイン チャンネル 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
NHK静岡総合
(NHK浜松総合)
JODG-TV 4 映像1kW/
音声250W
映像9.3kW/
音声2.3kW
静岡県 約-世帯
NHK静岡教育
(NHK浜松教育)
JODC-TV 8 映像8.5kW/
音声2.1kW
全国
  • 全局2011年7月24日の正午をもって終了。
  • 在静民放テレビ局のアナログテレビは、別の場所から送信していた。

FMラジオ放送送信設備(廃止)編集

2000年9月1日に開局した外国語放送局愛知国際放送(RADIO-i)」は、2010年9月30日24時(10月1日0時)に廃止(閉局)となった。

送信を行っていた当時の浜松中継局の設備概要は次のとおりである。

放送局名 周波数 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
愛知国際放送
(RADIO-i)
79.9 100W 125W 外国語放送
実施地域
不明
  • 主に愛知県が中心だが、日本語を母語としない日系人等の国外出身者や外国人登録者が多い事情から、東海3県以外で浜松だけ唯一他県をまたいで中継局を設置していた。
  • 偏波面 水平偏波
  • 空中線形状 3素子八木アンテナ2段4方向

大平台送信所編集

大平台送信所
 
浜松市西区大平台2丁目にあるFMラジオ送信所
送信所名 大平台送信所
局名 浜松中継局
送信波 FMラジオ放送
マルチメディア放送
地上アナログテレビジョン放送(廃止)
偏波面 水平偏波
送信塔 1
空中線形式
凡例
6L3段3面・6L1段1面(SDT-A、SATV-A、SUT-A)
2L4段2面・1段2面(K-mix-FM)
送信放送局 K-mix静岡エフエム放送(FM)
SBS静岡放送ラジオFM補完局
i-dio(マルチメディア放送)
モバキャス(NOTTV)(マルチメディア放送・廃止)
SUTテレビ静岡
SATV静岡朝日テレビ
SDT静岡第一テレビ
(以上アナログテレビ・廃止)
空中線電力 アナログテレビ:映像10kW/音声250W
FM:250W
マルチメディア放送:1kW(i-dio)、2.5kW(モバキャス)
設置場所 432-8068 静岡県浜松市西区大平台2丁目36-10
特記事項:
静岡県内の民放テレビ局(テレビ静岡、静岡朝日テレビ、静岡第一テレビ)の浜松中継局が設置されていたが、2011年7月24日のアナログ放送終了とともに廃止された。
テンプレートを表示

概要編集

浜松市西区大平台2丁目36-10(佐鳴湖湖畔西岸高台)にあるFMラジオ放送とマルチメディア放送の送信所である。
浜松市内に本社を置く民放FMラジオ局静岡エフエム放送(K-mix)の浜松局、SBS静岡放送ラジオ浜松FM補完中継局、2017年3月17日に開局したマルチメディア放送「i-dio」の中継送信所がこの場所にアンテナを設置し送信を行っている。

かつては地上アナログUHFテレビ放送の浜松中継局もこの場所に設置されていたが、2011年7月24日のアナログ放送終了とともに廃止された。地上テレビ放送のデジタル化実施に際しては、放送局により浜松市内で3箇所に点在していた静岡県内テレビ各局の浜松中継局送信所を、大平台送信所の西側のNHK浜松支局敷地内にある牛山送信所に一元化した。
なお、2016年6月30日に終了したマルチメディア放送「ジャパン・モバイルキャスティング」(2012年12月14日に開局)の送信所も設置されていた。

FMラジオ放送送信設備編集

放送局名 周波数
(MHz)
空中線
電力
実効輻射電力 放送対象地域 放送区域内
世帯数
運用開始日
K-mix
静岡エフエム放送
78.4 250W 1.6kW[1] 静岡県 約-世帯 -
SBS
静岡放送
94.7 1.35kW[2] 2017年12月1日[3]

歴史編集

SBSラジオ浜松FM補完局
  • 2017年8月15日 - 予備免許交付[4]
  • 2017年10月30日 - 試験電波発射開始[5]
  • 2017年12月1日 - 本放送開始 [1]

補足編集

  • コミュニティ放送FM Haro! の送信所は、中区板屋町のアクトタワーにある。
  • SBSラジオ浜松FM補完中継局の放送エリアの目安は浜松、磐田、袋井、掛川、湖西の5市及び森町で、一部受信できない地域もある。[6]

マルチメディア放送送信設備編集

周波数
(MHz)
放送局名 空中線
電力
ERP 放送区域 放送区域
内世帯数
214.714286[7] Jモバ
浜松MMH
2.5kW 18.5kW 静岡県西部および
愛知県南東部の各一部地域[8]
約60万世帯
101.285714 i-dio 1kW 6.3kW 静岡県西部 約-世帯

歴史編集

  • 2012年
    • 10月3日 - Jモバ浜松局の予備免許を交付[9]
    • 10月15日 - Jモバ浜松局の試験放送を開始[10]
    • 12月13日 - Jモバ浜松局の本免許を交付。
    • 12月14日 - Jモバ浜松局の本放送を開始。
  • 2016年6月30日 - Jモバ浜松局の放送を終了。
  • 2017年
    • 1月6日 - i-dio浜松局の予備免許を交付。
    • 3月17日 - i-dio浜松局の本放送を開始。

地上アナログテレビジョン放送送信設備(廃止)編集

放送局名 コールサイン チャンネル 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
SATV
静岡朝日テレビ
なし 28 映像10kW/
音声2.5kW
映像80kW/
音声20kW
静岡県 約-世帯
SDT
静岡第一テレビ
30 映像82kW/
音声20kW
SUT
テレビ静岡
JORH-TV 34 映像81kW/
音声20kW
  • 全局2011年7月24日の正午をもって終了。
  • テレビ静岡浜松支局のコールサインがあったが、アナログテレビ放送終了とともに廃止された。なお、開局当初は浜松市(現中区)冨塚(現冨塚西小学校北西の住宅地)にあった[11]が、後述のSBS静岡放送送信所よりも自衛隊浜松基地に近いことから1978年9月20日に統合移転。

富塚送信所編集

富塚送信所
 
送信所名 富塚送信所
局名 浜松中継局
送信波 地上アナログテレビジョン放送(廃止)
AMラジオ放送
送信塔 1
設置場所 432-8002 静岡県浜松市中区富塚町
特記事項:
アナログテレビの中継局が設置されていたが、2011年7月24日のアナログ放送終了とともに廃止された。
テンプレートを表示

浜松市中区富塚町1220(富塚公園付近)に置かれているSBS静岡放送の中波ラジオ放送の中継局である。

かつてはSBS静岡放送の地上アナログテレビの中継局も併設していたが、2011年7月24日のアナログ放送終了とともに廃止された。

AMラジオ放送送信設備編集

放送局名 コールサイン 周波数
kHz
空中線
電力
放送対象地域 放送区域
内世帯数
SBS
静岡放送
なし[12] 1404 1kW 静岡県 約-世帯

地上アナログテレビジョン放送送信設備(廃止)編集

放送局名 コールサイン チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
SBS
静岡放送
なし[13] 6 映像1kW/
音声250W
映像9.3kW/
音声2.3kW
静岡県 約-世帯
  • 2011年7月24日の正午をもって終了。

NHK鼠野ラジオ放送所編集

浜松市南区鼡野町(芳川沿い)に置かれているNHK静岡放送局の中波ラジオ放送の中継局である。

放送送信設備編集

放送局名 コールサイン 周波数
(kHz)
空中線
電力
放送対象地域 放送区域
内世帯数
NHK静岡第1
(NHK浜松第1)
なし[14] 576[15] 1kW[16] 静岡県 約-世帯
NHK静岡第2
(NHK浜松第2)
なし[17] 1521 1kW 全国

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 総務省 電波利用ホームページ | 無線局免許状等情報 - 静岡エフエム放送株式会社2017年12月28日閲覧。
  2. ^ 総務省 電波利用ホームページ | 無線局免許状等情報 - 静岡放送株式会社2017年12月28日閲覧。
  3. ^ SBSラジオ「ワイドFM」について(SBSラジオWebサイト) 
  4. ^ AMラジオのFM補完中継局に予備免許(2017年8月15日) (総務省東海総合通信局報道資料)
  5. ^ SBSワイドFM試験電波発射のお知らせ
  6. ^ 静岡放送に予備免許 ワイドFM、静岡県西部で開局へ(2017年8月16日)(アットエス 静岡新聞NEWS)
  7. ^ VHF11chに相当する周波数
  8. ^ 具体的な地域は、浜松市中区東区西区南区北区浜北区磐田市袋井市湖西市菊川市の全域と、浜松市天竜区島田市掛川市御前崎市牧之原市周智郡森町及び愛知県豊橋市新城市田原市の各一部地域。
  9. ^ 浜松市で携帯端末向けマルチメディア放送局を予備免許 - 総務省東海総合通信局(2012年10月3日プレスリリース)
  10. ^ 札幌、旭川、仙台、浜松、福山送信所の試験電波発射 - ジャパンモバイルキャスティング・2012年10月15日リリース
  11. ^ 「テレビ静岡二十年の歩み」213ページより
  12. ^ かつてはJOVOが割当てられていた。
  13. ^ かつてはJOVO-TVが割当てられていた。
  14. ^ かつてはJODGが割り当てられていた
  15. ^ 2000年3月16日5時より、999kHzから現在の周波数に変更された。
  16. ^ NHKラジオ第1放送は、当送信所が、万が一送信できなくなった際の予備送信所が、浜松市中区の牛山送信所(旧・NHK浜松放送会館)内に設置され、空中線電力100Wで送信される。
  17. ^ かつてはJODCが割り当てられていた